人気ブログランキング |

タグ:several lens ( 6 ) タグの人気記事

フィルムカメラと向き合った

e0145635_1855885.jpg



先日「初夏の予感」でアップした写真と同じ場所から撮ってます。
PENTAX MEにFA77を装着して撮影しました。



e0145635_1810419.jpg



これはアップしてませんが、PENTAX MEにFA43を装着して撮影してます。
空の青の発色が少し足りない気もしますが(当日は抜けるような晴天)、
空の諧調はデジタルでは太刀打ち出来ない丁寧さがあります。
さすがこの辺はフィルムって感じがします。



e0145635_18122727.jpg


e0145635_18151611.jpg






これも、先日アップした「室生の里の春」の室生寺五重塔です。


実は妹の部屋に転がっていた、恐らく10年以上前に購入されたであろうフィルムを拝借して
ここ数日デジイチと一緒にフィルムカメラに入れて撮影したのですが、
やはり、フィルムの劣化が激しい為でしょう、描写が雑になりますね。

そして、これは書かないと分からない事なのですが、
相当元の写真から色合いやコントラスト、シャープネスをいじくり倒しました。
明るすぎる為、少し明るさを落としたり、コントラストを下げたり、
赤の発色が強すぎた為、緑や青色を強く強調したり。
で、やっとここまで復元できました。

逆説的に言うと、もっと良いフィルムを買ったら、
どれだけの描写をするのか実に楽しみでもあります。
こういうのに嵌っちゃうと、中判カメラとか欲しくなるんですよね(笑)


って思ってたら、PENTAXがフィルム中判から撤退・・・
ちなみに中古でフィルム中判の機材を揃えようと思うと、
一発で30万円軽くぶっ飛びます。
無理って分かってるんですが、フィルムの良さを知れば知るほど、
ついつい興味は沸いてくるんですよね。
by keisukerudolf | 2009-04-27 18:24 | PENTAX ME

古都の春シリーズ その1「樹齢400年の枝垂桜」

写真を始めて1年ほど経ちますが、奈良の春に関しては本当に疎いです。
そもそも奈良の写真を撮り始めたのが、去年のGWからです。


しかし、紅葉シーズンに桜の場所をある程度目星を着ける事が出来たのと
色んな新聞や雑誌で奈良の桜特集など情報を手に入れる事が出来たので
桜の名所と言われる場所の知識は増えてきました。
後は撮るだけです。これが難しいんですが(笑)


今日からシリーズ化して古都奈良の色んな春をアップしたいと思います。
第一弾は樹齢400年の枝垂桜がある氷室神社です。


e0145635_21565893.jpg





【氷室神社枝垂桜】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
1/400sec
F5.6
露出補正 0.0
ISO感度100

e0145635_21584445.jpg




【氷室神社枝垂桜2】
PENTAX K20D
FA43mmF1.9 limited
焦点距離43mm
1/320sec
F3.2
露出補正 0.3
ISO感度100

e0145635_21584911.jpg




【氷室神社枝垂桜3】
PENTAX K20D
FA35mmF2AL
焦点距離35mm
1/60sec
F11
露出補正 1.3
ISO感度100




氷室神社と言われても、私もいまいちピンと来ませんでした。
奈良国立博物館の真向かいにある小さな神社です。
神社のすぐ裏が東大寺です。





大きな史跡の間にポツンとある小さな神社ですが、
枝垂桜の迫力は恐らくどこにも負けないかも知れませんね。
by keisukerudolf | 2009-03-27 22:02 | PENTAX K20D

Love ならまち

昔々その昔、藤原京から平城京に遷都される時の話。
当時明日香にあったお寺は軒並み揃って、平城京に新築移転したそうです。
まぁ例えるなら本社が移動して、元々本社だったところが支店になったという具合です。


私の好きな元興寺は、元を辿れば「飛鳥大仏」で知られる飛鳥寺だそうです。
薬師寺は明日香に「本薬師寺」がありますし、大安寺は「大官大寺」がルーツだそうです。


元興寺の境内が現在の「ならまち」だそうです。
元々元興寺の境内の一部だった塔跡などは元興寺から少し離れた場所にあります。



e0145635_2203132.jpg




【元興寺塔跡境内】
PENTAX K20D
FA43mmF1.9limited
焦点距離43mm
1/160sec
F5.6
露出補正 -0.7
ISO感度100




境内の中に稲荷神社があります。神仏合体ですね。
それにしてもペガサスみたいなお稲荷さんです。



e0145635_223595.jpg




【仏足石】
PENTAX K20D
FA43mmF1.9limited
焦点距離43mm
1/250sec
F5.6
露出補正 0.7
ISO感度100




仏足石とはお釈迦様の足跡だそうです。
こんなにお釈迦様って足大きかったの?!



e0145635_2261189.jpg




【満開の水仙】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8limited
焦点距離77mm
1/500sec
F5.6
露出補正 0.7
ISO感度100

e0145635_227272.jpg




【水仙とツバキ】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8limited
焦点距離77mm
1/400sec
F5.6
露出補正 0.0
ISO感度100




塔の跡と呼ばれるのは、実際に塔の跡があるからです。
何のこっちゃですが、まぁ言葉通りです(笑)
礎が残っていて、回りをロープで囲っていて
「礎に上がらないで下さい」という看板があるのですが、
近所の子供達は、その礎で鬼ごっこしてました。



e0145635_2283173.jpg







【塔跡の礎】
PENTAX K20D
M135mmF3.5
焦点距離135mm
1/250sec
F不明
露出補正 0.0
ISO感度100

e0145635_2292665.jpg







【塔跡の石碑とユキヤナギ】
PENTAX K20D
M135mmF3.5
焦点距離135mm
1/1250sec
F3.5
露出補正 0.0
ISO感度100




百花繚乱、他にもジンチョウゲやレンギョウが満開を迎えていました。



e0145635_2211225.jpg







【レンギョウ】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8limited
焦点距離77mm
1/1000sec
F3.2
露出補正 1.0
ISO感度100




春、来てます。
by keisukerudolf | 2009-03-23 22:14 | PENTAX K20D

今、最も旬なお寺

e0145635_21393550.jpg




【東大寺二月堂】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
1/90sec
F11
露出補正 0.0
ISO感度100




やっぱここじゃないですかね~
今月の1日から修二会(お水取り)が始まりました。
旧暦の2月に行われる行事で、今では3月1日から始まります。

お水取りと言ったら松明!



e0145635_21424323.jpg




【お松明】
PENTAX K20D
SIGMA70-300F4-5.6
焦点距離170m
30sec
F18
露出補正 1.0
ISO感度200




本気出して三脚担いで撮ってきました。
二月堂は三脚使用禁止なので、少し離れた駐車場から狙います。
私を始め、N社やC社の最上級機がズラリと並びます。
勿論、皆さんバズーカのような大きな望遠レンズで撮影されています。
その隣で、チマチマと1万円の望遠レンズで撮ってます。
まぁ、お水取りの写真といったらこんな感じの写真でしょうか。
長時間露出で松明の灯りを繋げる、みたいな。


この一枚を撮るのに2日掛かりました。
同じ速度で松明が進めば良いのですが、お堂の隅っこで燃え盛る松明を振りかざして
それをユサユサ揺らして火の粉を散らしてから、松明が一気にお堂を進みます。


で、レリーズと言ってプロのカメラマンの方が使っているようなコード式シャッターがあれば
もっと効率良く撮る事が出来るのですが、そんなものは持ってません。
ですので、松明が横切る瞬間を狙い済ましてシャッターを切ります。
勿論中途半端に切れている写真が量産されます。



e0145635_21521534.jpg



【シャッタータイミング早すぎ】
PENTAX K20D
SIGMA70-300mmF4-5.6
焦点距離210m
30sec
F20
露出補正 1.0
ISO感度400




シャッターを切るタイミングが早すぎると、こんな感じで途中で炎が途切れます。
何か火の玉っぽいですね。



e0145635_21544379.jpg




【シャッタータイミング遅い】
PENTAX K20D
SIGMA70-300mmF4-5.6
焦点距離210m
30sec
F13
露出補正 2.0
ISO感度200




シャッターを切るタイミングがちょっと遅いと、綺麗に端から端まで炎が繋がりません。
この写真はこの写真で、松明の火の粉が上手く写っているので嫌いな写真では無いのですが。



e0145635_215710100.jpg




【開始直前の二月堂】
PENTAX K20D
SIGMA70-300mmF4-5.6
焦点距離210m
30sec
F20
露出補正 2.0
ISO感度200




三脚の陣取り合戦を制してから、この構図に決めるまで1時間くらい掛かりました。
勿論三脚の場所が決まるのが夕方5時過ぎで、開始が夜の7時。
ポジションが決まってから始まるまで日が暮れるので、
何度もシャッターを切っては露出の調整をします。

あの入江泰吉先生ですら、お水取りに20年以上通ったと言いますが、
20年ぐらい通わんと極められないですな。



ちなみに、東大寺は馬酔木が満開です。
馬酔木は鹿が食べない植物なので、奈良のあちこちに群生してます。



e0145635_221723.jpg




【三月堂への石段】
PENTAX K20D
FA43mmF1.9 limited
焦点距離43mm
1/350sec
F2.4
露出補正 0.0
ISO感度100

e0145635_2223548.jpg







【大仏殿から鐘楼への石段】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
1/25sec
F5.6
露出補正 -0.7
ISO感度100

e0145635_2241434.jpg







【大仏殿と馬酔木】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
1/50sec
F5.6
露出補正 -1.3
ISO感度100




春になりましたね。
by keisukerudolf | 2009-03-10 22:06 | PENTAX K20D

旅ブログ「飛騨高山に行く」その3 飛騨の里ライトアップ

今日、面接を受けてきました。
久しぶりの面接という事で、緊張してしまったのか
完璧にシドロモドロになってしまいまして。
自分を出し切れなかったのが、非常に悔いが残ります。
とは言え、自分自身に対して良い勉強になりました。
励みにして、今後も続けて行きたいと思います。



さて、旅ブログ。略して旅ブロです。グしか略してません。
雪に恵まれないながら白川郷や鍾乳洞を存分に楽しめたのですが
圧巻は飛騨の里のライトアップでした。




e0145635_2216667.jpg




【飛騨の里】
PENTAX K20D
FA43mmF1.9 limited
焦点距離43mm
WB太陽光
4sec
F8.0
露出補正 0.0
ISO感度100




この風景を見たい為に、当日5時おきしてバスに乗り込んだ訳です。
いやぁ~、実に見事でした。
とは言え、惜しまれるのが三脚が使えなかった事ですね。仕方ないんですが。
周りの方の邪魔になりますからね~
池の周りの柵にカメラを固定して撮りました。



e0145635_22183131.jpg




【ライトアップ1】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
6sec
F8.0
露出補正 -0.5
ISO感度100

e0145635_22201894.jpg




【ライトアップ2】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
8sec
F11
露出補正 -0.5
ISO感度100




時間ごとにライトアップされる光が変わります。
その都度、観光客からため息がこぼれます。
この景色を見せられると、また来たくなります。



e0145635_2222260.jpg




【鶴の恩返しっぽく】
PENTAX K20D
FA43mmF1.9 limited
焦点距離43mm
WB太陽光
1/4sec
F2.8
露出補正 -1.0
ISO感度100




これは完全に手持ちで撮りました。
夜景は嵌ると綺麗ですが、三脚は必須ですね。使えれば・・・
by keisukerudolf | 2009-03-01 22:25 | PENTAX K20D

金剛力士

e0145635_20381186.jpg









【阿】
PENTAX K100D
DA 18-55 F3.5-5.8 AL
焦点距離40mm
絞り優先
WB太陽光
1/20sec
F6.7
ISO感度800





e0145635_20413240.jpg









【吽】
PENTAX K100D
DA 18-55 F3.5-5.8 AL
焦点距離55mm
シャッター優先
WB太陽光
1/15sec
F5.6
ISO感度400




東大寺南大門の金剛力士像。


目の細かい金網のおかげで、相当撮影には苦労しました。
金網に日光が映るので、変な明るさが出るんですよね。


しかし教科書にも出てくる写真ですが、
まぁ、教科書に出てくるだけあって、
現物の迫力たるや、実に凄まじい。


京都でも何でもそうなんですが、
本物の迫力は写真には中々納まってくれません。

おまけで奈良の鹿やら初夏っぽいのを連発
by keisukerudolf | 2008-05-18 20:53 | PENTAX100D