タグ:平城宮跡 ( 10 ) タグの人気記事

それは新しく、懐かしく

【新春古都の夕暮れ】
e0145635_039494.jpg



久しぶりにこれまで一ヶ月分の自分のセルフカウンセリングノートを見直しまして。
勿論、年末年始に精神的に落ち込んでいた時のメモも見ましたし、
落ち込む前の自分の心境にも出会いました。


変わっていない事は、
・丁寧過ぎる字とは裏腹な本音120%ストレートな文言。
・「自分の存在を認めて欲しい」と泣いている赤ん坊と同レベルな本心
・現代社会を生きるには、少し規格外の感性


変わった事は、
・具体的な目標が出来た事(段取りスキルアップ・産業カウンセラーなど)
・体調や精神の分析がより客観的になった
・「継続観察が必要」と継続しようとする意思が芽生えた事。
・本当に真剣に自分と向かい合って、自分を変える意思が芽生えている事。
・自分に対して凄くシビアになっている事。


タリーズのフェローさんが近くを通る時は、
広げている手帳を隠してしまう癖があるのですが(笑)、
素の私を知らない第三者がこの手帳を見てしまったなら・・・


間違いなくドン引きします。これは断言します。
このブログに来て頂いている方々も、9割の方はドン引きするでしょうね。
さぁ、残りの1割に残るのは誰だ?


このブログの目的がそんな目的なら絶対嫌だ(笑)


時々無性に昔の自分に出会いたくて、1年前とかのブログの記事を見直してます。
そこには、表現方法さえ違うものの、明らかに「私」がいます。
文章の書き方一つ、写真からにじみ出る感情一つ、
どれをとっても「その当時の自分」に逢えます。


でも、そんな自分が懐かしくもあり、発見は新しいものばかり。


1年前の自分があったからこそ、
1年前の自分の感情・感性があったからこそ、
回り道こそすれ、今の自分に繋がってるんですよね。


そして1年前の自分に対して拘る必要なんて無くて、
今の自分を深く知る一つの手段としてあれば有効なだけで。
その当時どう思っていて、それが今こうなっていてと
あれこれ悔やんだりする必要が無いのも理解出来るようになって。


トレーナー資格には合格しましたが、
それは過去、主任に昇級した経験と被ります。
資格があろうが、肩書きが付こうが、
自分に課せられた事を全う出来なければ意味が無くって。
裏を返せば、仮に今バイト先で「トレーナーじゃないと居ても意味が無い」のなら、
そんなバイトは辞めても良いと思って。


仮に今トレーナーじゃなかろうが、私は私です。
今、その会社の主任じゃなくなっても、私はこの通り生きています。


自分が地に足付けて、自分が最大限活きるペースで、
自由に思う存分、思いっきり良さを出せられば、
私は私で居られるんです。
それを実践すれば良いのです。


今日の全国は荒れ模様。
奈良も雪がチラつきました。
そんな中、去年の春に良く通っていた平城京跡に行きました。


今日のブログにアップしているこの写真を見て、
「あ、俺凄く思いっきり良く楽しめてるな」と思いました。


右手に生駒山、左には朱雀門、中央に桜の木。
空は雪雲が通過して、雲の隙間からはご来光的な光が見え隠れ。
そんな状態を、欲張りすぎず、やりたいように
「えぇぇ~い、やっちゃえ~!!!」とシャッターを切った1枚。


今まで「これで良いかな? 絞り過ぎてないかな?」とか迷いながら、
家に帰ってPCで見て喜怒哀楽していた時よりも、何と清々しい事か。


この一枚は今の自分そのものな気がします。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-01-14 01:16 | PENTAX K20D

沈み行く陽

【生駒山と朱雀門の黄昏】
e0145635_021775.jpg



K20Dの修理が終わり、今日無事手元に戻ってきました。
ならまちの格子の家で試運転させて来ましたが、やっぱちゃうね~
撮った後にすぐイメージがモニターに出るって楽ね~
勿論、小さな手振れはK20Dのモニターでは判別出来ないので、
色の大まかな出具合と構図を確認する程度ですが。


でもMEとフィルムには教えられた事が多いです。
デジタルだとどうしても「なぁなぁ」で撮ってしまい、
被写体に対して自分のイメージの投影が出来ないまま
シャッターを切って終いがちです。
その被写体の持つ歴史や人(場合によってもの)柄など。


奈良を撮り始めて久しいですが、
相手が奈良だからこそ、もっと向き合いたいですね。
自分を育ててくれた土地ですし。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-10-07 23:29 | PENTAX ME

朱雀門の夕日

【都大路 行く都人は この月の 満ち欠けぬ様 如何に見けむや】
e0145635_1195511.jpg



フィルムカメラで撮った中秋の名月。
デジタル一眼レフよりも色々と緊張しながら撮りました。


やっぱり撮った瞬間に撮影データがすぐ見られる
デジタルの便利さに慣れていると、
フィルムは一枚一枚の撮影に凄く緊張します。
勿論露出などはある程度予測は付くのですが、
それでも万が一しくった時の為に
現像代を覚悟しながら露出を上げたり下げたりして保険は掛けます。


でも、一発で決まってた時の快感は
後でジワジワ来るだけに、フィルム撮影の方が圧倒的ですね。
「あの時こうやって試行錯誤したら、やっぱりこうだったか」的な。


まぁ、ある程度ちゃんと撮れていたら
レタッチ出来るのも安心なんですが。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-10-07 01:24 | PENTAX ME

遷都1300年祭カウントダウン

【大極殿完成間近】
e0145635_133110.jpg



平城京跡でずっと工事をしていて
「何を工事しているんやろ?」と疑問に思ってたら、
「遷都1300年祭に向けて大極殿復元中」と書いてありました。


奈良時代、ここ大極殿で政治が行われていたのだとか。
そっか、今で言う国会議事堂みたいなものか。


現在奈良に残っている場所で政治をしていた訳じゃないんですね。
てっきり東大寺で政治してたのかと思っていたくらいでした・・・


気持ちは都人で写真を撮ってみました。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-10-03 01:36 | PENTAX K20D

あれから1年

【歴史の目撃者】
e0145635_2311464.jpg



丁度去年の今頃、5年働いていた会社を退職したのかぁと思い出しまして。


去年の今頃はキットレンズ(DA18-55)とFA35、SIGMA50マクロ、SIGMA望遠しか
所有しておらず、カメラもK100Dでした。
この一年でレンズの数は3倍に増え、カメラもK20Dに変わりました。


去年の今頃は地元高山や明日香に通い、
コスモスや彼岸花の写真を狂ったように撮ってました。
夕焼けも一杯撮影していたように思います。
そういえばこんな写真撮ってました



今なら多分しない構図ですね。
見直してちょっと新鮮な気分です。


初めてカメラを持って訪れた大神神社で
とにかく見る光景、感じる光景が新しくって
数の許す限りシャッターを切っていたように思います。
それにしても下手な構図だな・・・(笑)


でも、当時から「奈良の綺麗な風景を自分なりに表現したい!」
という気持ちだけは全くぶれず。
うん。志だけは立派立派。


一年経って、少しだけ奈良の歴史を知って
少しだけ自分を知れた気分です。
ちょっと去年の今頃の写真を改めて見直したいと思いました。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-09-30 23:23 | PENTAX K20D

古都の春シリーズ その7「古に思いを馳せて」

奈良で桜を撮っていると、トリビアというか「ふ~ん」という風景に出会う事があります。
今日は平城京跡に写真を撮りに行ったのですが、
「東大寺大仏殿と二月堂と平城京跡の桜」という非常に美味しい撮影ポイントに出逢いました。


で、何が「ふ~ん」なのかと言うと、大仏殿の鴟尾が一つしか見えないんです。
二つ着いているのですが、大仏殿を真横から見ているので、一つしか見えないんです。
そう、まさに大仏殿の真西に平城京跡があるんです!!


はい、「ふ~ん」


e0145635_22222982.jpg







【時をかける少女】
PENTAX K20D
APORANTHAR180mmF4
焦点距離180mm
1/1000sec
F5.6
露出補正 -0.3
ISO感度100




ね。真正面から見てる感じが出てますよね?

で、この写真。偶然なのですが右端に小さい女の子が写ってます。
写真に写っていない場所にお母さんがいて、そのお母さんに着いて歩いているのです。
2歳くらいの女の子でしょうか、手を元気良く振って歩いています。
意図せず撮れた写真なのですが、和みます(笑)


この女の子が20歳、30歳になった時でもこんな風景が残っている事を祈ります。
祈りをこめて「時をかける少女」というタイトルにしました。
そんな裏事情はどうでも良いんですが(笑)



e0145635_22281463.jpg




【古に思いを馳せて】
PENTAX K20D
APORANTHAR180mmF4
焦点距離180mm
1/200sec
F11
露出補正 -0.3
ISO感度100




奈良に平城京が遷都されたのが710年。
752年に開眼供養が行われていて、794年に平安京に遷都されるので、
平城京が国の首都として機能してから、40年余りこの風景を大宮人は見ていたのでしょう。
1300年経った今でもこの風景が残っている事に感謝です。



e0145635_22352862.jpg







【水面に映る桜】
PENTAX K20D
APORANTHAR180mmF4
焦点距離180mm
1/400sec
F5.6
露出補正 -0.3
ISO感度100

e0145635_2236351.jpg







【水面に映る桜2】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
1/500sec
F5.6
露出補正 -0.3
ISO感度100




ミレーの「睡蓮」を意識して撮ってみました、と格好の良い事を書いてみました。
しかし水と桜の相性は良いですね。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-04-03 22:36 | PENTAX K20D

秋という色

e0145635_22543446.jpg










【秋の夕焼け】
PENTAX K100D
FA35mm F2
焦点距離35m
絞り優先
WB日陰
1/30sec
F22
ISO感度200




あをによし 奈良の古都(みやこ)に 来る秋の
色は何かと 問われるなら紅(あか)



e0145635_22564161.jpg



【秋風】
PENTAX K100D
FA35mm F2
焦点距離35m
絞り優先
WB太陽光
1/125sec
F22
ISO感度800



日の丸写真でも気にしない。

何故ならそこに感動があるから。
[PR]
by keisukerudolf | 2008-08-27 22:57 | PENTAX100D

去り行く夏の名残

e0145635_21101176.jpg









【名残】
PENTAX K100D
FA35mm F2
焦点距離35m
絞り優先
WB太陽光
1/350sec
F19
ISO感度800




去り行く夏と、来たるべく秋のコラボレーション。

夏空の青と入道雲は目の前に広がりながら、

肩を通り過ぎていく風の涼しげな様はさながら秋の到来を告げる。



e0145635_21124181.jpg



【入道雲】
PENTAX K100D
FA35mm F2
焦点距離35m
絞り優先
WB太陽光
1/350sec
F19
ISO感度800



またいつか この風景に 逢える日を
去り行く雲に 我託す秋
[PR]
by keisukerudolf | 2008-08-26 21:14 | PENTAX100D

気分はモノトーン

e0145635_233101.jpg



【モノトーン朱雀門】
PENTAX K100D
FA35mm F2
焦点距離35m
絞り優先
WB太陽光
1/350sec
F22
ISO感度800
※色彩加工





自分で撮影した写真を、初めて色々小細工してみまして。

まずはモノクロで。

ってモノクロになってるかどうかも怪しいのですが・・・

何となく自分で感じ取った色彩が一番マッチングするカラーで表現してみて。

思いの他、写真加工は面白いです。

モノクロフィルムに手が伸びてしまいそうで怖いっす。
[PR]
by keisukerudolf | 2008-08-25 23:06 | PENTAX100D

写真家気取り

e0145635_237558.jpg



【朱雀門/OM707】
PENTAX K100D
FA35mm F2
焦点距離35m
絞り優先
WB太陽光
1/125sec
F22
ISO感度800



どんな事があろうとも、私は私に代わりは無く。

許される限り、己の望む写真を撮ろうと思います。

父から譲ってもらったOLYMPUS OM707(フィルムカメラ)と朱雀門。



e0145635_23102457.jpg









【秋空、平城宮跡】
PENTAX K100D
FA35mm F2
焦点距離35m
絞り優先
WB太陽光
1/1500sec
F6.7
ISO感度800



こういう写真なんて初めてなんで・・・

もうちょっと面白い構図が撮れたかな? と思いつつ、

悩みながらシャッターを切る自分も、また自分。

ミスしながら、ちょっとずつ前へ進んでいこう。

正解は誰も知らないし、今は正解なんていらない。
[PR]
by keisukerudolf | 2008-08-24 23:13 | PENTAX100D