人気ブログランキング |

<   2009年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

当尾の里を歩く その5 馬酔木の暮景

e0145635_202841.jpg

e0145635_20284355.jpg

e0145635_2029928.jpg




【浄瑠璃寺参道】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
1/50sec
F8.0
露出補正 -1.0
ISO感度100




京都府南部、ほぼ奈良県との県境。
当尾の里に馬酔木咲き誇る春がやってきました。

訪れたのは丁度先週。
紅葉の季節も良いが、参道の馬酔木咲き誇る季節もまた素晴らしい。
by keisukerudolf | 2009-02-17 20:31 | PENTAX K20D

フィルムで撮る「ならまち格子の家」

月曜日と、祝日の翌日以外は開いているのが
「ならまち格子の家」。


入館料は無料(ここポイント高し)。
撮影したいテーマが決まらない時は、
自然とここに足が向かいます。



e0145635_22222532.jpg




【格子の家「みせの間」】
PENTAX ME
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
1/125sec
F2.8
露出補正 1.0
ISO感度400




奈良市内で最も身近な「和」がここにあります。



e0145635_22242496.jpg




【中庭からみせの間を】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
1/125sec
F2.8
露出補正 2.0
ISO感度400

e0145635_22254942.jpg




【みせの間の土瓶】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
1/125sec
F2.8
露出補正 0.0
ISO感度400

e0145635_22262982.jpg




【水仙の活花】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
1/15sec
F2.8
露出補正 -1.0
ISO感度400

e0145635_22272269.jpg




【中庭の突っ掛け】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
1/60sec
F2.8
露出補正 0.0
ISO感度400

e0145635_222853.jpg




【中庭の突っ掛け2】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
1/60sec
F2.8
露出補正 0.0
ISO感度400




当日、急な雨に降られてしまい困っていたが、
受付の方に傘を貰いました。
そして次の日に返しに行ったら
「それは別のお客様の忘れ物ですので、お持ちになってください」
と言われました。
傘貰っちゃった♪

そして、連日通いつめたら顔を覚えられてしまいました(笑)


デジタルの世界も良いですが、
ピント合わせから何から全てマニュアルなフィルムの世界も
また中々乙なものです。
PENTAXユーザーの至福レンズと言われる
FA77 limitedをフィルムカメラに装着出来るのもまた幸せ。


解像度はそんなに高くないですし、
フィルムもその辺で売ってる安いフィルムですが、
追求していけば、非常に味が出ていいものです。
本当はISO感度100か200のフィルムを買いたいのですが、
普通の店頭には並んでません。


ちなみに、フィルムで写真を撮る時は、
事前にデジイチで露出を確認してから撮影します(笑)
フィルムが勿体無いので・・・
by keisukerudolf | 2009-02-16 22:33 | PENTAX ME

「神話の里を歩く」山辺の道6

先月末の1月31日に訪れた山辺の道シリーズも今日で最終回です。
最終回の今日は、景行天皇が都を置いたとされる「穴師」です。
JR巻向駅から歩いて30分くらいの場所を指します。



e0145635_17305981.jpg




【穴師から伝景行天皇陵を】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/250sec
F5.6
露出補正 0.7
ISO感度100

e0145635_17315635.jpg







【巻向日代宮跡】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/80sec
F5.6
露出補正 1.7
ISO感度100




景行天皇が都とした場所です。
今は普通の田園風景が広がっているだけです。
当時は天皇が代わると都を移していたそうです。


が、崇神天皇や垂仁天皇もこのすぐ近くに都を置き
卑弥呼の墓と言われる箸墓古墳がJR巻向駅のすぐ近くにあります。
大神神社~穴師にかけての一体は崇神・垂仁・景行天皇三代の帝都であり
初期ヤマト王朝の中心地であった事が伺えます。


e0145635_17374371.jpg




【相撲神社】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/80sec
F5.6
露出補正 0.0
ISO感度100




ここ相撲神社は、日本の国技の相撲が初めて行われた場所と言われています。
垂仁天皇時代、当麻の当麻蹶速(たいまのけはや)と出雲の野見宿禰(のみのすくね)が
天覧相撲を行った場所です。


e0145635_17422681.jpg




【穴師坐兵主神社】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/30sec
F5.6
露出補正 0.0
ISO感度100

e0145635_17433265.jpg




【本殿】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/13sec
F5.6
露出補正 -1.0
ISO感度100




「あなしにいますひょうず」神社と読むそうです。
穴師の集落の最も高い場所に位置する神社です。


鬱蒼とした杜の中にあり、非常に寒かったのを覚えてますし
なにか神々しいものを感じました。
恐らくですが、初期ヤマト王朝を守る守護神として
大神神社と並んでこの土地を守ってきたのでしょう。


ここから檜原神社を経由して巻向駅まで戻りました。
つまり、山辺の道コンプリート!!!


翌日熱出して寝込みました(笑)
それが2月1日、2日の事です。
無理が祟ったんですかね。
by keisukerudolf | 2009-02-15 17:47 | PENTAX K20D

「神話の里を歩く」山辺の道5

余談ですが、今月24日~25日一泊二日で飛騨高山&奥飛騨に行って参ります。
勿論目的は白川郷ライトアップです。
三脚持参は必須だろうと思われるのですが、それ以前に雪が積もってるか楽しみです。



さて本題に戻りましょう。


長岳寺から南に歩くと、すぐのところに二つの大きな古墳が現れます。
北から順に「伝崇神天皇陵」、「伝景行天皇陵」です。



e0145635_20551029.jpg




【伝崇神天皇陵北側1】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/125sec
F5.6
露出補正 0.3
ISO感度100

e0145635_20561824.jpg




【伝崇神天皇陵北側2】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/50sec
F5.6
露出補正 -0.3
ISO感度100

e0145635_20572590.jpg




【伝崇神天皇陵南側】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/400sec
F5.6
露出補正 1.3
ISO感度100




崇神天皇とは、古事記や日本書紀に書かれる10代目の天皇です。
尚現在の考古学では、ある程度の存在の可能性が確認される最初の天皇だそうです。
神武天皇から決史八代に掛けては、あまりに神話的であったり
考古学的裏づけが無かったりしたのですが、
崇神天皇時代から、ある程度古事記や日本書紀と他の書物の整合性が取れだしてるそうです。
一説には、崇神天皇=神武天皇(最初の天皇)と同一する場合もあるようです。


天理市南部~桜井市、いわゆる三輪山周辺に掛けて
初期ヤマト王朝があったとされていて、
その王朝の大王だったのが崇神天皇です。

日本書紀では120歳、古事記では168歳とありえないくらいの長生きなのです。
(まぁ色々な大王をくっつけた可能性があります)



e0145635_217278.jpg




【伝景行天皇陵と葛城方面】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/200sec
F5.6
露出補正 2.0
ISO感度100




景行天皇は先ほどでた崇神天皇の孫にあたります。
お父さんは垂仁天皇です。
伝垂仁天皇陵は近鉄尼ヶ辻駅の目の前にあるので
私にとっては垂仁天皇の方が知名度が高いのですが、
歴史的には景行天皇の方が有名です。


何で有名なのかと言えば、その歴史の多くに
「日本武尊(やまとたけるのみこ)」が登場するからです。


古代史を知らない人でも、耳にした事のあるであろう「日本武尊」。
景行天皇の子供であり、仲哀天皇の父とされながら
「天皇になれずに死んだ悲劇の英雄」といわれます。


考古学上では、日本武尊は複数の大王や実力者の英雄譚を
つないで作られた人物と言われています。
桃太郎伝説の生みの親であったり、草薙の剣の伝説を作ったり
女装して熊襲の大王を討伐したり、
ヒーローになれるはずが、伊吹山の神様と戦った際に病気になり
大和に向かう途中、亀山で敢無く病死して、
その後白鳥になって西へ飛んでいったりと
まぁ、話題は豊富な方です。


そんな時代の大王が景行天皇だったと言われています。
by keisukerudolf | 2009-02-14 21:20 | PENTAX K20D

「神話の里を歩く」山辺の道4

天理市にある関西花の寺の一つ、長岳寺(ちょうがくじ)。

かつては48も坊(建物)があったと言われるこのお寺も、
今では旧地蔵院と本堂を残すのみ。

しかし、残された二つが実に美しい!!!
長岳寺は拝観料300円が必要なのですが、
実に見応えのあるお寺でした。



e0145635_21343769.jpg







【旧地蔵院庭園1】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/40sec
F5.6
露出補正 -0.3
ISO感度100

e0145635_21353688.jpg




【旧地蔵院2】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/30sec
F5.6
露出補正 0.3
ISO感度100

e0145635_21362277.jpg







【旧地蔵院3】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/25sec
F5.6
露出補正 0.3
ISO感度100

e0145635_2137539.jpg







【旧地蔵院4】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/30sec
F5.6
露出補正 -0.3
ISO感度100




受付からすぐのところに旧地蔵院、そこから奥に進むと
鐘楼門があり、そこをくぐると本堂です。



e0145635_21392777.jpg







【鐘楼門】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/50sec
F5.6
露出補正 -0.3
ISO感度100

e0145635_21401495.jpg




【放生池】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/50sec
F5.6
露出補正 0.0
ISO感度100

e0145635_2143073.jpg




【放生池と鐘楼門】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/100sec
F5.6
露出補正 0.3
ISO感度100

e0145635_21435785.jpg




【放生池と本堂と鐘楼門】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/160sec
F5.6
露出補正 -1.0
ISO感度100

e0145635_21445641.jpg







【池端のお地蔵さん】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/50sec
F5.6
露出補正 0.7
ISO感度100




言葉がいらないくらいの美しさです。
良い景色は本当に良いものですね。
ブログでコメント書かなくても良いですもん(笑)


そういえば、ここの総門に面白い看板が。



e0145635_21462246.jpg







【カーナビだって】
PENTAX K20D
FA35mmF2
焦点距離35mm
WB太陽光
1/80sec
F8.0
露出補正 0.3
ISO感度100





間違えるんです。
機械も万能では無いですからね。
by keisukerudolf | 2009-02-13 21:47 | PENTAX K20D

「神話の里を歩く」山辺の道3

夜都伎神社。やつぎじんじゃ、と読むそうです。
表札(?)には夜登岐神社と書いてますが、文献によってまちまちです。



e0145635_22493629.jpg







【夜登岐神社、と】
PENTAX K20D
FA35mm F2
焦点距離35mm
WB太陽光
1/20sec
F5.6
露出補正 -0/7
ISO感度100




ここは春日大社と非常に縁の深い神社だそうで、
春日大社の使い古されたものなどを譲り受けていたそうです。
弟分みたいなもんですね。



e0145635_22512353.jpg




【境内】
PENTAX K20D
FA35mm F2
焦点距離35mm
WB太陽光
1/40sec
F5.6
露出補正 -1.0
ISO感度100

e0145635_2252917.jpg




【狛犬】
PENTAX K20D
FA35mm F2
焦点距離35mm
WB太陽光
1/25sec
F5.6
露出補正 -1.7
ISO感度100




さて、夜都伎神社から長岳寺までは、またも道を歩きます。



e0145635_2254489.jpg




【よくある風景】
PENTAX K20D
FA35mm F2
焦点距離35mm
WB太陽光
1/400sec
F22
露出補正 -0.3
ISO感度100




山辺の道界隈ではビニルハウスが結構多く見られます。
近郊農業が盛ん、という事なのでしょうかね。



e0145635_22552571.jpg




【露天売り】
PENTAX K20D
FA35mm F2
焦点距離35mm
WB太陽光
1/250sec
F8.0
露出補正 -0.3
ISO感度100




これも良く見られる光景。
1月末でしたが、既にハッサクを売ってました。
売り切れてますが、吊るし柿はめっちゃ美味しいです。
とある方が「柿で作った羊羹みたいな味」と表現してましたが、
実に言い得て妙な表現だと思いました。



e0145635_22574556.jpg




【竹之内環濠集落】
PENTAX K20D
FA35mm F2
焦点距離35mm
WB太陽光
1/400sec
F8.0
露出補正 0.3
ISO感度100




奈良県には他にも今井町などありますし、日本レベルで見ると堺の自治都市なんかが有名。
天理の竹之内にも規模は小さいですが存在します。



e0145635_22594929.jpg







【柿本人麻呂歌碑】
PENTAX K20D
FA35mm F2
焦点距離35mm
WB太陽光
1/320sec
F8.0
露出補正 0.0
ISO感度100

e0145635_2305291.jpg




【とその周辺】
PENTAX K20D
FA35mm F2
焦点距離35mm
WB太陽光
1/160sec
F8.0
露出補正 0.7
ISO感度100




なんてことは無いのですが、良くある風景ということで。



e0145635_2314842.jpg




【子猫ツインズ】
PENTAX K20D
FA35mm F2
焦点距離35mm
WB太陽光
1/50sec
F8.0
露出補正 0.0
ISO感度100




しっかし、汚い猫だな・・・
by keisukerudolf | 2009-02-12 23:02 | PENTAX K20D

「神話の里を歩く」山辺の道2

石上神社・から夜都技(よとぎ)神社の間は
内山永久寺跡がある程度で、
後はアップダウンのあるのんびりした道が続きます。



e0145635_213070.jpg




【内山永久寺跡】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/125sec
F5.6
露出補正 0.0
ISO感度100




寺の跡なので、この池くらいしか残っていません。
伽藍のあったと言われている場所は現在は畑になっています。
写真を撮ろうと思ったのですが、本当に普通の畑だったので
ちょっとシャッターが切れませんでした。



e0145635_2162842.jpg




【梅?林】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/125sec
F5.6
露出補正 0.0
ISO感度100

e0145635_2173717.jpg







【杜の木漏れ日1】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/13sec
F5.6
露出補正 -1.0
ISO感度100

e0145635_2183780.jpg







【杜の木漏れ日2】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/20sec
F5.6
露出補正 -1.0
ISO感度100




緑マニアの私にはたまらない場所です。
by keisukerudolf | 2009-02-11 21:10 | PENTAX K20D

「神話の里を歩く」山辺の道1

さて、葛城古道に引き続いて今度は山辺の道です。
場合によっては「日本最古の道」とも言われる山辺の道。
基本的には石上神社~大神神社の間を指します。

早速石上神社へ。



e0145635_22192794.jpg




【石上神社鳥居】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
WB太陽光
1/15sec
F5.6
露出補正 -1.3
ISO感度100




この一ヶ月に何度この神社に来たのか覚えてません(笑)
少なくとも年末に1度、そして初詣に1度来てます。



e0145635_22215478.jpg







【静かな境内】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
WB太陽光
1/40sec
F5.6
露出補正 -0.7
ISO感度100




前回は初詣で人が沢山居りましたが、
今回は土曜日でも結構ガラガラ。
鶏もいつも以上に我が物顔で境内をうろついてます。



e0145635_22232714.jpg




【長尾鳥の咆哮】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
WB太陽光
1/15sec
F5.6
露出補正 -0.7
ISO感度100

e0145635_22243057.jpg







【木の枝で寛ぐ長尾鳥】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
WB太陽光
1/15sec
F5.6
露出補正 -0.7
ISO感度100

e0145635_22254756.jpg







【馬魚が住む池】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
WB太陽光
1/5sec
F5.6
露出補正 -0.7
ISO感度100




基本的に緑の多い被写体は撮るのが大好きです。
by keisukerudolf | 2009-02-10 22:26 | PENTAX K20D

「神話の里を歩く」葛城古道その7

一週間続いた葛城古道シリーズも今日が最終回です。
最終回は、「千体石仏」で知られる九品(くほん)寺です。




e0145635_2135866.jpg



【千体石仏】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/25sec
F5.6
露出補正 -0.3
ISO感度100

e0145635_2161857.jpg







【横から】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/15sec
F5.6
露出補正 -0.3
ISO感度100




元々は聖武天皇から勅命を受けて、僧行基が開山したお寺です。

この千体石仏は、南北朝時代にこの土地を支配していた
楢原氏が南朝に着いて、北朝軍と戦った時に
地元の人が身代わりとして祀ったのが始まりと言われています。

1600とも1700とも言われる石仏ですが、
未だに正確な数字は把握出来ていないそうです。



e0145635_2192950.jpg




【九品寺から大和三山を】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/250sec
F5.6
露出補正 1.0
ISO感度100

e0145635_2110044.jpg




【見事な庭園】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/20sec
F5.6
露出補正 -0.3
ISO感度100





九品寺は入り口に美しい庭園があります。
千体石仏にこの庭園、なのに拝観料無料。

恐れ多いので、お賽銭は多めに出しました(笑)
いや他の地域なら300円は取られてもおかしくないお寺です。



e0145635_2112676.jpg




【さらば葛城古道】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/250sec
F8.0
露出補正 -0.3
ISO感度100



最後は夕方の電車の時間との睨めっこになってしまい
やや駆け足になってしまいました。
しかし九品寺~一言主神社はもう一度行ってみたいです。

明日からは、山辺の道シリーズです。
持ちネタで引っ張ります(笑)
by keisukerudolf | 2009-02-09 21:14 | PENTAX K20D

「神話の里を歩く」葛城古道その6

葛城古道の途中に「長柄」という場所があります。
のんびりした田舎道が殆どを占める葛城古道において
唯一と言っていいくらいの集落のど真ん中です。



e0145635_21123290.jpg




【長柄神社】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/60sec
F5.6
露出補正 0.0
ISO感度100

e0145635_21133199.jpg




【長柄神社境内】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/25sec
F5.6
露出補正 -1.0
ISO感度100




「長柄(ながら)」という地名は「長江(ながら)」がなまったとされています。
「ながえ」で変換すると、長柄も長江も両方変換されます。


なお「ながら」の意味は「急斜面に出来た扇状地」という意味だそうです。
言葉の意味で言えば、「伏見(ふしみ)」と同じです。
尚、京都の伏見同様、奈良の御所もお酒の有名な場所です。


e0145635_2118587.jpg







【一言さん】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/50sec
F5.6
露出補正 0.0
ISO感度100




一言主神社です。
葛城古道でもかなり有名な神社です。
「ひとこと ぬし じんじゃ」と言葉通り、
願い事を一つだけ叶えてくれるそうです。


私は凄く世俗的なお願いをしましたが・・・


ここ一言主神社から九品寺への道中は
またのんびりしたアップダウンのある田舎道です。
何と言っても、この道中は大和三山を一望出来るのが良いです。



e0145635_21214823.jpg




【九品寺への道1】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/250sec
F5.6
露出補正 0.7
ISO感度100

e0145635_2123031.jpg




【九品寺への道2】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/200sec
F5.6
露出補正 -0.3
ISO感度100

e0145635_2125554.jpg




【大和三山一望】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
WB太陽光
1/400sec
F5.6
露出補正 1.7
ISO感度100




大美和の杜からも大和三山が一望出来ますが、
(大美和の杜は夕景が美しい場所です)
葛城古道からも一望できます。
畝傍山の雄雄しさが実感出来ます。


古代ヤマト王朝が出来る遥前から、
葛城のこの地で豪族は同じ光景を見ていたのかも知れません。
by keisukerudolf | 2009-02-08 21:28 | PENTAX K20D