色は褪せても

e0145635_1947380.jpg





【常寂光寺】
PENTAX ME
FA43mmF1.9 limited
焦点距離43m




フィルムカメラでの写真の味は何と言っても「ちょっと色褪せた感」。
発色自体が何か懐かしい、そんな気持ちになります。
先週撮った写真なのですが、10年前に撮った写真のような感じがします。



e0145635_19491152.jpg











【オマージュ ver.フィルム】
PENTAX ME
FA43mmF1.9 limited
焦点距離43m




PENTAX ME自体の発売開始が1976年12月。
世に出て30年以上経ちます。もうじき32歳です。
そのカメラが吐き出してくる写りは30年以上前の「当時の色」になるでしょう。


そんな時代のフィルムカメラに銘玉を装着し、
緊張感と共に押すシャッター。
分かる人しか分からないかも知れません。
デジタルカメラは気に入らない写真を即行で消しても良いですが、
フィルムカメラは現像するまでその写りは分かりません。
想像は出来ますが、現像されるまで分かりません。
尚且つ現像に出してしまえば、そのままお金が掛かります。
気軽にシャッター押せないんですよ。


それでも尚、FA43mmlimitedのボケ味の良さを
きっちりと表現してくれたMEには感謝です。
本当に、フィルムで活きてこそのFAレンズです。
感謝!
[PR]
by keisukerudolf | 2008-11-20 19:56 | PENTAX ME
<< 日本的である、という事 1年越しの一眼レフ >>