写真と私4

e0145635_2295137.jpg




何気ない宝ヶ池の風景の一枚である。
しかし、私が最も好きな写真の一枚である。


絞りがどうのとか、露出がどうのとか、構図がどうのというのではない。
本能的に非常に好きな写真である。
雑多な光景ではあるのだが、何故か心を奪われる。


確かに水辺の風景が非常に好きな私にとって、
ウワナベ古墳など色んな水辺の写真を撮影してきた。
裏を返せば似たような写真を見た事がある。


この手の写真は見た事が無い。
お世辞にも上手い写真とは言えない。
しかし、こんな写真はあまり見た事が無い。
それ故に好きな一枚である。



e0145635_22151857.jpg




このブログに出すのは二度目だが、この写真も好きな写真である。


奈良の佐保路を良く表現している写真だと思う。
勿論周辺の色んな寺社仏閣の写真は見るが、
このような光景は写真として余りお目にかかれない。


これからも私は写真を撮り続ける。
誰かに何かを伝えたいとかではなく、
自分の為に何かを遺す為に。
[PR]
by keisukerudolf | 2008-06-26 22:17 | 四方山話
<< 人工美 写真と私3 >>