アンチ「日の丸」写真

e0145635_23494850.jpg




【典型的な「日の丸」写真】
PENTAX K100D
DA18-55mmF3.5-5.8AL
焦点距離55mm
絞り優先
WB太陽光
1/250sec
F8.0
ISO感度200




今日の話は、何ら思想的な意思は含んでおりません。
日の丸写真ってのは、撮りたい被写体が真ん中にデーンと
映っている写真の事を、そう表現するそうです。
曰く、素人がやってしまう写真撮影方法だそうで、
素人脱却の為に、これをやっちゃいけないんだそうです。


つまり、「これを映したい!」という被写体は、真ん中から少しずらして
撮影するのが基本なのだそうです。






e0145635_23531364.jpg



【曼殊院門跡入口】
PENTAX K100D
DA18-55mmF3.5-5.8AL
焦点距離26mm
絞り優先
WB太陽光
1/125sec
F8.0
ISO感度200




この写真の被写体は「曼殊院門跡」の石碑。
それを真ん中に持ってこず、あえて左端に映す。
そうすることで、見てもらいやすさが増すそうです。


e0145635_23552012.jpg



【五月の陽射し】
PENTAX K100D
DA18-55mmF3.5-5.8AL
焦点距離55mm
絞り優先
WB太陽光
1/125sec
F9.5
ISO感度400



被写体は杉の木。
街角のポスターなんかもそうですけど、中央にピントを合わさず
あえて右端や左端にピントを合わせるのがコツだそうです。


とまぁ、言うてますが、私が曼殊院門跡で撮影した写真。
ほとんどが日の丸写真でして。


とはいえ、それなりに綺麗に撮れましたので
アップしておきます。
失敗作は即ちそれが良い経験なのです。




e0145635_23583814.jpg




【北白川の初夏】
PENTAX K100D
DA18-55mmF3.5-5.8AL
焦点距離55mm
絞り優先
WB太陽光
1/125sec
F9.5
ISO感度200




e0145635_23593528.jpg




【門と青紅葉】
PENTAX K100D
DA18-55mmF3.5-5.8AL
焦点距離35mm
絞り優先
WB太陽光
1/90sec
F6.7
ISO感度200




e0145635_002847.jpg




【鶴亀の松】
PENTAX K100D
DA18-55mmF3.5-5.8AL
焦点距離18mm
絞り優先
WB太陽光
1/350sec
F6.7
ISO感度200




e0145635_012223.jpg




【庭園と松とツツジ】
PENTAX K100D
DA18-55mmF3.5-5.8AL
焦点距離18mm
絞り優先
WB太陽光
1/250sec
F8.0
ISO感度200




e0145635_02232.jpg




【坂道とツツジ】
PENTAX K100D
DA18-55mmF3.5-5.8AL
焦点距離55mm
絞り優先
WB太陽光
1/180sec
F8.0
ISO感度200




結局、日の丸写真ばっかりです。
[PR]
by keisukerudolf | 2008-05-08 23:47 | PENTAX100D
<< 和風OpenCafe2 Welcome to Open... >>