タグ:FA77mm F1.8 limited ( 39 ) タグの人気記事

「謙虚であれ」というメッセージ

【鹿の居る風景】
e0145635_23103177.jpg



フィギアスケートの四大陸大会を見て。
「やっぱり浅田真央はプロだなぁ」と実感。
何気に最初はフリーのテーマ曲は最初違和感あったんですが、
今ではもう堂々と「浅田真央の曲」になってますね。
色々と言われていますが、SPで3位でもフリーで首位を奪い返すなんて
やっぱり浅田真央しか出来ない離れ業。
バンクーバーオリンピックが楽しみです。


昨日は夜11時半に床に就いたのですが、
朝6時まで全く眠れず、
その後少し寝たのですが、変な夢ばかり見ては起きの繰り返し。


うつの私にとって、睡眠はかなり重要。
睡眠の質が症状とかなり関係するからです。


セルフカウンセリングで原因を分析してみたのですが、
産業カウンセリング協会から受講申込用紙が送られてきたのが嬉しかったのも、
普段シフトが準夜勤なので早くに寝るのに慣れていないのも、
現実を受け止め切れていないことも、
全て当てはまると思いました。
この三つが重なり合って不眠という現象を招いたのでしょう。


でも、同時にこの不眠は時間が解決してくれるだろう、とも思いました。
バイトのシフトは2月から朝~夕方で希望を出していて、
統括マネージャーにも了承を頂いているので、
週に3回くらいのペースに減ると思いますが、確実に朝型生活に戻れます。
受け容れられない現実は、時間が経てば慣れて薄れてくるはずです。


なので、改めて自分に警告をしておきたいな、と思いました。


4月から毎週日曜日は産業カウンセラー講座の受講が始まります。
「夢に向かって着実に一歩を!」と思う事も出来るのですが、
あえてここで「この結果はゴールじゃないんだ」と言う事を胸に刻みたいです。


この不況下ですので、資格取得者は減るかどうか分からなかったのですが、
応募多数の場合は抽選で外れる事も想定範囲内に入れていました。
ですので、嬉しいというよりは「安心した」という感情の方が近いです。


でも、本当に試されるのはこれからの私なんだろうな、と。


昨日感じた通りだと、
私には、確かにカウンセラー講座に縁が出来た。
でも縁は必ずしも人を幸せにしないって事は、
ここ数日眼前に叩きつけられている現実が教えてくれている。


ひょっとしたら、この縁そのものが私を試し、
私はそれに苦痛を覚えるかもしれない、
忘れてならないのは、縁には様々なメッセージが隠れている事だ。


自分自身で自分の進路を決めたのは、
大学時代に公務員試験を受けようと思ったとき以来。
実に10年ぶりの再発起。
でも講座に対するモチベートは前回のそれと比べれば
明らかに今回の方が軸もぶれてないし、動機付けも確かだ。


だからこそ、自分で自分の未来を切り開いているような錯覚に陥るのだ。


喝!!!


己に何の力があると言うのだ!
期限を短く短縮されただけで、パフォーマンスの質が劣悪になる私に
自分の未来を切り開ける程の力があるわけがない!


去年、うつを再発してから、東大寺や興福寺、春日大社、唐招提寺と
「何とか来年、夢を見つけられるように、うつの状態が好転しますように」と
ずっとお祈りさせて頂いたご加護があってか、
神仏が私に夢を叶える為の道の入り口を用意してくれていたのだ。
本当に今はまだそれだけなのだ。


本当に試されるのは、勉強が辛くなった時だろう。
言い訳をして逃げないか。
誰かに依存していないか。
その辛さを受け容れる勇気と覚悟が無ければ夢は掴めないのだ。


謙虚に今回のご縁を有難く頂戴して、
己のうつの経験に傲慢にならず、
人と共に生きていく為のプロとして、
自分に起る事を含めて、「何かを学びなさい」という気持ちでいなければ、
折角の夢も、幻で終わるだろう。


スタートを前に、それを感じた。逃げるな、と。


写真は浅茅ヶ原の夕方の風景。
鹿の群れが草を食む姿は、奈良の夕方の姿そのものです。
非常に安定し、落ち着く「まほろば」なんだな、と。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-01-29 22:59 | PENTAX K20D

大和は国のまほろば その2

【我が心のまほろば・浅茅ヶ原】
e0145635_23201182.jpg



のっけから話が逸れますが、最近のヘビーローテーションが阿部真央と木村カエラ。
特に阿部真央の「Don't leave me」って曲は久しぶりに聞いてて涙出ました。
「一体この曲を書いた時の阿部真央さんの心境ってどんな状態なんだ?」と
そんなどうでも良い事ですら思ったくらい、深く深く切なく泣ける失恋ソング。


多分、世の中の人って幸せを望まない人なんて居ないんじゃないだろうかと。
そう思うわけなんですよ。
私も凹みに凹んだ時に「もういっそのこと・・・」なんて思いますが、
その一言は実は「幸せになりたい」っていう気持ちの裏返しだったり。


失敗するのが嫌なのでもなくって、
失敗も何もせずにいる事が一番嫌なんだなぁと。


思えば人とのご縁って必ずしも互いに幸せになる必要は無いのかも知れません。
勿論ハッピーエンドである事が一番良いに決まっていますが、
見落としてはいけない事は、
その出会いは必然で、その縁には必ず
「何かを学べ、何かに気付け」というメッセージが内蔵されている事です。


結果として別れる事になっても、結ばれる事が無くても、
出逢いの説くメッセージに気付いて、きっちり理解できれば、
如何なる結果がでても、それは自分を豊かにする方法になり得るんですね。
そのメッセージを受け取る覚悟があれば良いだけですから。


結果論に振り回されるんじゃない。
過程論にこそ意味があって、その過程とトコトン向き合っていれば
どんな結果も気にならない。
「人事を尽くして天命を待つ」ってこういうことなんでしょうね。


もし仮に、縁があって、結果何も出来ずに自分に辛い現実しか見られなかったって事は、
その結果や過程に「気付きなさいよ」というメッセージがあるんです。
告白する勇気も無くて、友達というラインにも立てずに、
でも「あ、そのポジションにいるのは俺じゃないんだ」っていう現実を
目の当たりにする事が合っても、
絶対嘆く必要も無いし、これこそ本当に無縁だった訳なのですから。


出逢いの裏側に潜んでいたメッセージが理解できれば、
胸張って別れだって受け容れる事も出来るのでしょう。


そして面白いのは。
いずれまたお互いが必要になる時節があれば、また縁は交わるのです。
必要としないなら、二度と会わないだけです。


カウンセリング協会からの封筒。
無事日曜日週1回コースのエントリーが通っていました。
第一希望で希望通りにOKが出てました。


4月からは、夢の第一歩。
産業カウンセラー養成講座に行ける事が叶ったのも、
これまた一つの出逢いなのでしょう。


それまで、いやそれからも修行は続きます。
とことん、辛さ苦しさと向き合い続けます。
時々良い事もあるかも知れませんが。
逃げる事だけはしたくないです。
謙虚に、でも心から笑えるように生きていく事です。


写真は、私が一年を通じて一番大好きな場所である浅茅ヶ原。
三つ又に交わる小川、奥に広がる雑木林、
生活感を感じられるベンチ。


不覚にもシャッターを切ってモニターでチェックした瞬間、
生まれて初めて、自分の写真見て泣きました。
色んな感情が湧き上がって来て。


それでも私の心が安らぐ、一番の場所である事には間違いありません。


姐さんへ。
こちらでは梅の写真載せてません(笑)
まぁ別館でも梅らしい写真は載せてないですが。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-01-28 23:50 | PENTAX K20D

「馬鹿馬鹿しい」と笑い飛ばせた悩み

【ならまちスナップ「必死すぎるカエル」】
e0145635_1292683.jpg



どうやら私は仕事中に軽口を叩いたばっかりに、
致命的なほど自分で自分の首を絞めてしまう傾向があります。


3日前のバイト中での出来事。


いつものバイト先とは違うお店(系列店)でヘルプに入っていた時の事。
そのお店は歓楽街に立地している事もあって、
夜9時から11時に来客ピークを迎えます。
しかもお客様一人あたりのお買い上げ金額が高いので、
必然的に一人当たりに掛かる時間も結構掛かる。
つまり忙しい時間帯におこった出来事。


とある綺麗な女性(ここ、結構重要なポイント)のお客様が
「この商品を明日の朝までに10個準備して頂ける事は出来ますか?」
とご要望を頂きまして、私が対応した訳です。


即答出来ない事は分かっていたので、
「少々お待ち下さい」とお客様に伝えて、バックヤードにいた店長に報連相。


結論として、
「準備出来るかどうかは、また後から折り返すとお客様に伝えよう。
 とりあえず、お客様の連絡先を聞いて欲しい」
と店長から回答を頂き、私もお客様の連絡先を頂戴しました。


が、私も忙しさのあまりに気が動転していたのでしょう。
(勿論それは単なる言い訳にしかならず、弁解の余地は無いのですが)
全く違う結果になってしまってました。


1.お客様に「準備出来るかどうか分からない」と伝わっていない
 →明らかに私の伝言ミス。お客様に良い顔をしようとして、肝心な要点を伝えられていない。

2.在庫と入荷を店長が確認したところ、明らかにお客様の要望数に足りない事が判明。
 店長が他の店の社員に連絡して頂いて何とか準備して頂いたが、
 それに対して、私が「ご迷惑をお掛けしました」と言っていなかった。
 →明らかに私の注意不足。帰る前に進捗の確認をしていれば
  店長含め他の店の社員の方に一言言えたはず。

3.「とりあえず何とかしてみる」と言って頂いた店長に私が
  「別嬪さんなんで、何とかお願いしますよ」と軽口を叩いていたこと。
 →別嬪さんであろうが無かろうが、出来ない事は出来ないと言わなきゃいけないし、
  軽はずみにOKするべき事柄でもない。


という事を、今日統括マネージャーからお叱りを頂きました。
私も改めて事情を説明する事で、物事を整理して考えられましたし、
事前にセルフカウンセリングして居た事で、
3日前の出来事は客観的に見られていた事も少し物事を楽に進めてくれました。


結局、その事実(私のミス)に私が気づいたのが昨日だったのですが、
出来事に対して、私の行動を振り返って、
自分のやってしまったミスに対して、昨日から相当反省しました。


が。


今日の休憩時間中、改めて統括からお叱りを頂いた言葉を反芻していて。


「お叱りを頂いている自分の内容が、あまりにレベルが低すぎる」と気付きまして。
結構自分なりに反省もして、でも納得行かない事もあって憤りを感じたりしてたのですが。
自分のミスの根本がレベル低すぎて、

「馬鹿馬鹿しい」

と思わず笑ってしまいました。
いや、本当は笑っちゃいけないんでしょうけど。


そして、自分の軽口で致命的なミスをするくらいなら、
仕事中、お客様と絡んでいる時には絶対に軽口は叩くまい、と心に誓いました。


「こんな馬鹿馬鹿しい事で俺は一日悩んだり憤ったりしていたのか」と思いました。
悩みも憤りも、根本は非常に単純且つシンプル。
うん。もう絶対にしない。


最後に、一番痛感したのは
「こんな馬鹿馬鹿しい事を、心から真剣に叱ってくれた統括マネージャーに感謝しよう」って事です。


本当に統括には、今日凄く叱られました。
「別嬪とか全然関係ないやろ!!」ときつく言われました。
きっとそれは私を想っての事だったのでしょう。
今思い返すと、本当に統括には感謝です。


そして統括にこんな馬鹿馬鹿しい事で手を煩わせてしまい、申し訳ないと思いました。
きっと統括はこんな事で手間を取られたくないはずです。
でもそれでも私の為に時間を作って頂き、
本気で叱って頂き、且つ私の状態に心配りをして頂きました。
本当に感謝です。


なんだ、振り返ってみると
思い悩んでいた事だって笑えるんだと思いました。


そして、遠くない日に、きっと。
自分の全てに対して、笑える日が来るんじゃないかとも思いました。


そういえば昔、学生時代に似た経験したなぁ。
今回には活きなかったけど、セットでこれから活かそう。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-01-28 02:01 | PENTAX K20D

カメラから学べ

【手水鉢・ならまちの風景】
e0145635_1164510.jpg



カメラを構えて奈良を撮る。
大体は三脚を構えて、じっくりファインダー越しに構図とピントを追い込んでいきます。
時々、レンズ2本くらいしか持たず、手持ちで奈良を歩き撮りする時もあります。


カメラをやっていて、そしてセルフカウンセリングをしていて、
昔ピアノを習いに行っていたのを思い出します。
違うのは親に言われてやっているか、好きで自由にやっているかのだけ。


目の前にある課題に取り組む事が楽しくて楽しくて。
勿論やっていて上手くいかない事ばかりで、イライラするし。
そしてカメラもピアノもセルフカウンセリングも、
今生きて生きていく為に「やらなきゃ死ぬ」というものでは無く。


私が住む場所だけというわけで無いと思うのですが、
冬場ピアノをする時は指がかじかんで、滑らかに手が動きません。


写真を撮っていて「本当にこれ!」と思う構図は、お金を払わなければならなかったり
関係者以外立ち入り禁止だったりします。


いずれにも共通する事は、最高の環境ってなかなか普通なくって、
それでもベストエフォート(最善努力)をすれば良いって事です。


セルフカウンセリングしていて、何故それを実生活で出来ていないか考えました。




昨日バイト先の社員さんから「このボンクラめ」と言われたように、
本当は断らなきゃいけない事を断られない性格です。
そしてやらなきゃいけない事が結構いい加減にしか出来ないのです。
今のバイト先に入ってからずっと同じ事で叱られっぱなしです。


辛いですが、逃げちゃダメなんだと思います。
カメラである程度の写真が撮られるようになったのは、
何度も失敗して、ダメ出しされながら
それでも自分の軸に対してぶれずにチャレンジし続けたからだと思ってます。


とにかく一杯失敗して失敗して学べば良いんだと。
失敗した時の辛さと悔しさを受け容れる覚悟があるんだから。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-01-27 11:28 | PENTAX K20D

「そう」なんですか?

【滝も凍る室生の川】
e0145635_158952.jpg



精神状態が不安定な症状が出るときに、
一番厄介なのが「そう」状態。
無意識の精神状態でテンションが上がってしまっていて、
尚且つ無意識なので、テンションが上がるとノンストップ。
そいていて、ハイテンションなので、ワーワー騒ぐ状態になるので
100%クレームの対象になります。

只、年末年始の激しい欝の波を乗り越えてから
一つ気付いた事は、「自分のやってしまった行為に振り回されるな」という事。
そして「今回のそう転から学ぶべき事が沢山あるんじゃないか?」という事。


そう状態になってしまった「事実」を嘆くのでは無く、
「なぜそう状態になったのか、その要因はなんだったのか?」
「同じようなケースに次になった場合、どうやって対処するか?」
それを自分の感情のまま考えれば良いのだなぁ、と。


そう状態になった事で、もっと自分を知れるような気がして。
ひょっとしたら、そう状態になる事で「何かを気付きなさい」と
言われているような気がします。


そう考えると楽なものです。


これから数日は体の痺れとそう転の因果を徹底的に解明していく予定。


写真は室生寺近くの室生川にあった滝。
氷点下の中、滝すら凍る世界です。
これはこれでテンション上がります。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-01-21 02:15 | PENTAX K20D

カウンセリングはプランニングに通ずる

【並ぶお地蔵様】
e0145635_1056827.jpg



セルフカウンセリングを続けていると、
自分の抱えている症状と向き合えるのが何と言っても良いです。
なので、自分の感情的な傾向も分かるようになります。


今、私を悩ませているのが、原因不明の体の痺れ。
前にも少し書きましたが、バイト帰りは全身に電気が走るような痺れが
断続的に続いたりします。


セルフカウンセリングで徹底的に分析して分かったのですが、
どうやら寒暖差の激しい場所に出ると痺れの症状が顕著に出ます。
これは確定しました。


後は時間帯ごとの症状の出方とか、疲労度との関連性、
場合によっては血圧との関連性も分析しなければならないでしょう。


ある程度の関連性と発症時間帯が分かれば、
後はひたすら打つべし、打つべし!


徹底的にメスを入れる予定です。
疲労度との関連性が出たら、
「いかに疲れずにバイトをするか、どのタイミングで休むか」を考えれば良い訳ですし、
血圧・疲労度と関連性が出たら、即ちこれはダイエット大作戦に移行するでしょう。
場合によっては夜シフトメインのバイトを昼シフトメインに変えてもらうように
店長にお願いしなければなりません。


ってな具合で、良い感じで事が進めば自分を変えるべく
前向きな手が打てるって事も分かりました。
見てくれではなく、根っこから自分を変える「仕分け作業」的な感じです。


写真は室生寺のお地蔵様。
室生寺は五重塔だけじゃなくて、他にも絵になる被写体が多いので、
一度訪れるとネタが持つのでブログを更新するのが楽です(笑)
[PR]
by keisukerudolf | 2010-01-17 11:18 | PENTAX K20D

古都の夕暮れ

【興福寺の夕暮れ】
e0145635_23471796.jpg



去年もそうだったのですが、
年も暮れになると日没の写真が撮りたくなります。


去年は二月堂からの夕暮れを良く撮っていた気がします。
二月堂は三脚使用不可の為、別場所を探していたら
荒池から興福寺五重塔を眺めるスポットを発見。
まぁ今年の春に散々桜と五重塔で狙ってたポジションなんですが。
再発見、とでも言いましょうか。


今時期の早朝、「かぎろい」を見る事が出来るそうですが、
夕方はこれはこれで綺麗な夕焼けです。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-12-22 23:45 | PENTAX K20D

続・行く河の流れ

【京都・円山公園にて】
e0145635_22552876.jpg



49mm口径用NDフィルターの4と8を重ね合わせて、
日中に手持ちでスローシャッターにチャレンジ。
三脚を持っていったのに、台座を忘れるなんて・・・


おかげで手持ちで撮影が可能な限界までシャッタースピードを落として
撮りまくって数でカバー。


もっとシルキーな川の水面を表現したいのです。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-12-09 22:57 | PENTAX K20D

占いは信じるタイプ

【奥山遊歩道・モミジグラデーション】
e0145635_1414780.jpg



昨日、長々と書いた割には
全くまとまりの無い文章でした。


結局何が言いたかったかと言うと、
うつ病と初診で診断されて以来、
ずっと処方されていたパキシルだったのですが、
病状にある程度の改善が見られるという事で、
少しずつ減らす事になったんです。


今まで処方箋が増えた事はあれど、減った事は一度も無かったのに、
ついに薬が減ります。
まぁ一気に全部減るとは思っていませんが(現在5種類処方されてます)、
投薬療法と自己投影療法で少しずつ自分らしさを築きつつある。


端的に言うと、そう言いたかったんですわ(笑)


で、また話は長くなってしまうんですが、
私案外占いって信じる方なんですよ。
良くも悪くも。


周りに相談出来る人はいるのですが、
特に恋愛となると、これがまた居なくって。
なので、第三者の占いも一つ耳を傾けて宜しいのではないか?と思い
大阪マルビルの地下一階にある「魔女の館」に良く行きます(笑)


で、特に最近信じるというか、ハッとする事は
占い師の話を聞いていながら、実は自分でもある程度の決意はしていて、
その背中を押して欲しいんだな、と。
諦めなきゃいけない恋や愛なら、占いでも遠まわしの表現ですが、
やはり同様の答えが出てしまいます。


それならそれでいい。
彼氏彼女の関係じゃなくても、友達でえーやん。
何かの縁で話するようになったんだから、
そういう人がいる事はあり難い。


相手に多くを求めず、なるようになる。
これ最近気付きました。


写真の被写体にも同じ事を思うのですが、
どうも欲が出てしまいます。
うーん、難しいバランスだ。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-11-30 01:53 | PENTAX K20D

杜が呼んでいる

【東大寺手向山八幡宮参道その2】
e0145635_22351998.jpg


昨日撮影した場所から50メートルほど下がった場所から、
ほぼ方向を狙って撮ってます。


昨日は手向山八幡宮がある程度分かる状態でしたが、
今日は全く八幡宮の存在が分からなくなってますね(笑)


そもそも撮りたい被写体が「参道の杜」なので、
こういう表現になって致し方なしなんです。
「杜!」「枝!」「緑!」を存分に撮りたかったんです。


やり過ぎか?
[PR]
by keisukerudolf | 2009-11-10 22:38 | PENTAX K20D