タグ:Carl Zeiss DISTAGON T*28mmF2 ( 87 ) タグの人気記事

新しい構図

【鎧坂】(2011年5月3日撮影)
e0145635_22244747.jpg



5月1日から5連休を貰って、室生寺行ったり奈良市内散策したり。
好きなだけ好きな奈良を満喫出来るのも、
定職ありきなんやなぁ、とつくづく思った今年のGW。


室生寺の境内まで辿り着こうには、我が家から片道2000円弱掛かります。
もっとも、僕自身はそれ以上の値打ちがある!と思うからこそ
電車に揺られ、バスに揺られて行く訳ですが。
県内なのに軽い小旅行気分。


正直、何度室生寺を訪れたか数えてもいませんが、
もはや僕の中ではお馴染みの場所。
むしろ室生寺に行く事を楽しみに仕事してます。
てか、いずれ宇陀に住みたいとまで思う始末。
ならまちの古民家に住む夢はどうする?


で、馴染みの場所ではあるんですが、
過去の写真を見ていたら、この鎧坂は縦構図でばかり撮っていて。


確かに結構段差のある石段なので、
写真に収めるなら縦構図の方がしっくり来ると思っていたのですが、
どうしても周りの緑の雰囲気も写真の中に凝縮させたかったので
ふと横構図で撮影してみたら。


意外に、という表現は失礼すぎるほど
僕がイメージしてた構図に収まりまして。


経験は必要って言いますが、固定概念を取っ払った時にあら不思議。
[PR]
by keisukerudolf | 2011-05-06 22:37 | PENTAX K20D

学科試験終了

【大極殿と水仙】(2010年2月撮影)
e0145635_2051392.jpg




産業カウンセラー養成講座。
去年の4月から10月まで通い続け、その後試験勉強に明け暮れましたが、
ようやっと今日無事学科を終えました。


問題用紙も回収されちゃうので、完璧な答えあわせが出来ないので、
結果も今の段階では覚束無きません。
ただ一つ言える事は、
「これだけ勉強したんやから、不合格でもしゃーない!」って事です。
勿論、合格するに越した事は無いんですけどね。


講座で同じグループやった人と会場が同じだったので、
帰り際にその人に僕の就職活動をアドバイスをして頂けるというオマケ付き。
僕にとってはそのオマケの方がありがたかったかもです。


ドクターが話をしていた「『悩んでしまう』がなくなるコツ」と言う本を買いました。
僕自身が、頭の中で堂々巡りしていた悩みのタネが明かされた気分でした。
同じく、今日頂いたアドバイスも同じ内容でビックリ。
「もっと高橋君はワガママになってえぇよ」と。



うーん、凄いタイミングで、凄い刺激になる言葉。



写真は、平城京跡。
丁度去年撮影した写真です。


平城京跡は、空が映える場所ですが、
季節の花が咲いていると、ついついそっちメインで撮りたくなります。
[PR]
by keisukerudolf | 2011-01-23 20:53 | PENTAX K20D

奈良と私

【奈良坂・神の杜】
e0145635_20585311.jpg



今日、久しぶりに難波から近鉄奈良線に乗って奈良まで。
近鉄奈良線に乗るのは全然久しぶりでも何でも無いのですが、
改めて難波から乗るのは久しぶりやな、と。


去年の今頃、今のバイト先が勤務先でして、
いつも休みが2週間ぶり、とかな日々でして。
あの頃は天満で一人暮らしで。


連休なんて記憶に無いんですが、
休みの日には決まって奈良まで来てたんですよね。
本当に、「わざわざ」って気がします。


当時カメラも勿論持って行ってたのですが、
ガチンコで写真やるほど精神的に余裕も無く、
シャッターも切らずに、奈良をフラフラ歩いて大阪に戻る事も。


行きの電車の中で富雄のトンネル越えると
「奈良に戻ってきた~!!!」ってテンション上がったのを
今でも鮮明に覚えてます。
仕事をしていて、相当奈良に飢えていたのだと思われます。


ふと今日思ったんです。


多分、私は奈良から離れちゃダメなんだろうな、と。


カメラをやり始めてからと言うもの、
人生で学ばなきゃならない事を、
「奈良を撮る」という事で数々気付かせてもらいました。
そんな奈良から私が離れる事に
今は少し違和感すら感じます。


私にとって、奈良でカメラやるのは趣味とかじゃなくって
多分、生きる事に相当しているんだろうな、と。


なので、別に奈良で写真を撮る仲間を必要としている訳では無く、
もっと言うなら、その写真をこのブログに載っける必要も全く無く(笑)、
このブログは単に私のメンタルな部分を載せる世界で、
写真はついでに載せてるだけ。


但し、メンタルな気付きが奈良での写真と
かなり紐付いているので、
多分やってるんじゃないかなーと思います。
実際、もっと「カメラ!」とか「写真!」っていうのは
別館でやっちゃってますしね。


ついでに言うと、私にとって奈良に行く事って
レストランに行く事と同じなんですよね。
味わう為に行く、嗜む為に行く。そんな感じ。


なので、一人でも全然平気ですし、
むしろ一人にさせてくれ、と言いますか。
早い話が「奈良オタク」なんです、私(笑)。
奈良の風景オタク。



何を奈良から教わっているのかは、
また時間があれば後日ちゃんと文字にしたいです。



今日の写真は東大寺から北に歩いて15分、
奈良坂と呼ばれる小高い丘の上にある
「奈良豆比古(ならつひこ)神社」の樹齢1000年のクスノキ。


奈良オタクで杜フェチの私にとって、
こんな風景はいつまでも味わいたい風景。
晴れの日も、そして雨の日も。
朝の時間帯でも夜の時間帯でも。


このクスノキには
「1000年前のこのクスノキは、今みたいに巨木でも無い。
 1000年経ったから今の姿がある」という事を
 教えてもらった気がします。


ある意味、日々是好日。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-05-22 21:17 | PENTAX K20D

悩む事は、大体小さい事

【斑鳩・塔のある風景】
e0145635_20552086.jpg



変なところをクリックしてしまったのか、
ある程度ブログを更新していた文章が
一気に消えてしまってまして。


時間返せ!!!


と怒ったところで、どうしようもないのは分かってますが。
でも、このイライラ感は吐き出さないと。
貯めたらアカン性格なので。


「凄く意外だ」と言われる事自体、
私からすると凄く意外なのですが(伝わります?)、
私自身、割と怒りっぽいです。
「瞬間湯沸かし器」レベルでカッとなります。
それを表に出さないだけで。
(だから意外と思われるんでしょうが)


私を良く知る人は、「私は短気」って知ってます。
のんびり屋ですが、案外短気。


で、大体どうでも良い事にイライラしてます(笑)
まぁ、自分自身の行動でイライラしてる事が大半ですね。


あ、どうでも良いんですが、マナーの無い人に対しては
リアルで相当イライラしてます。
あまり目撃されていませんが、
電車の中で一人で騒ぎ立てる酔っ払いに
「黙れ! この酔っ払い!!」と怒鳴った事、数知れません(笑)


さっきも書きましたが、基本どうでも良い事にイライラしてますので、
冷静になって考えると、どうでも良い事。
でも、イライラするっていう事は、
きっと「何かに気付け」ってサインなんだろうなぁと思うので、
そのイライラの原因は結構振り返って思い返したりします。
結果にイライラする事は無くなりましたが。
だって、それはしゃーないし。


最近の私のイライラの原因。
1.バイト先が非常に忙しい
2.夜寒いのに、面倒くさがって薄着で寝たら、案の定寝違える
3.基本、実家で食事に出される量がありえないくらい多い


本当に、どうでも良い事だなぁ(笑)




写真は、仲のいい友達と一緒に斑鳩を訪れた時の一コマ。
法隆寺の少し東にある「斑鳩神社」付近から撮った
昼下がりの法隆寺五重塔。


この場所に訪れては、何度も同じ構図で写真を撮っているのですが、
時間が違えば、天気が違えば、全く違う写真になるんです。
映ってるのは空と池と五重塔だけなんですが。


シンプルな構図だからこそ、
そのときの「一瞬」で写真そのものの雰囲気が変わるんですね。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-04-15 21:16 | PENTAX K20D

奈良のお勧めスポットベスト3

【鶯の滝】
e0145635_23174924.jpg



いつもの喫茶店で「まほろばの旅人さん的奈良のお勧めってどこですか?」って聞かれまして。


改めて考えると、奈良のお勧めを整理して考えた事が無かったなぁ~
自分の感性に任せて、あと寺社仏閣の行事に合わせて写真撮ってたくらいで。


で、とにかく色んな角度で考えてみる。
評価ポイントは色々あると思うけれど、自分なりにまとめてみると
1.寺社仏閣の佇まいが著名、もしくは私なりに美しいと感じる
2.祀られている仏像などが著名、もしくは私の好み
3.寺社仏閣の周辺の風景が著名、もしくは私なりに「まほろば」を感じる


この3つの総合評価でお勧めを絞ってみると5つほど明確に出てきた。


・室生寺(奈良県宇陀市)
・秋篠寺(奈良県奈良市)
・浄瑠璃寺(京都府木津川市)
・東大寺戒壇堂(奈良県奈良市)
・石上神社(奈良県天理市)

※次点:白毫寺(奈良県奈良市)、大美和の杜(大神神社・奈良県桜井市)、嶋宮石舞台(奈良県明日香村)


この5箇所全て、私のブログの常連の場所です。
ちなみに最近良く出てくる春日原生林は
激しく私の好みに左右されているので外してます(笑)


室生寺は五重塔と石楠花の名刹。
それにここの十一面観音や十二神像、釈迦如来坐像など
非常に心洗われる仏様が沢山いらっしゃいます。
私の一番のお勧めの場所。
移動に時間が掛かろうが、拝観料をどれだけ取られようが
それだけの時間とお金を費やす価値のあるお寺だと思っています。


秋篠寺は苔と紅葉の美しさに加えて、伎芸天の美しさがダントツ。
何より大和西大寺駅から歩いて行ける立地というアクセスの素晴らしさ。


浄瑠璃寺は奈良県では無いのですが、私の中では奈良エリアです。
三重塔の美しさは勿論、馬酔木や紅葉が非常に美しく、
堂内の九体釈迦如来像は圧巻の一言!
もう少しアクセスが良ければ文句なしで室生寺と同率首位くらいです。


元興寺が仏様がほぼ無いのにランクインしているのは
ならまちの中心地にあるアクセスの良さに加えて、
飛鳥瓦が残っている事、桔梗や蓮の美しさ、地蔵会の荘厳さが飛び抜けているからです。
特にここの桔梗は本当に見応えありますし、
その桔梗が見頃の時期に地蔵会があって拝観無料になるのが嬉しいのです。


東大寺戒壇堂は一番有名なのが四天王像。
特に広目天の厳かな表情は私の中でベストオブ仏様。
入り口周辺にある桜の木も非常に見事です。


唯一神社でエントリーされたのが、春日大社ではなく石上神社。
ここの池と杜は私の杜フェチの原点でもあります。
そして何より、言葉で表現しきれない「崇高な雰囲気」を持っている神社です。
足を運ぶだけで癒されるだけじゃなくって、
何か力を授かれるような、凄く不思議な空間です。
秋になると神社周辺に彼岸花が咲き乱れるその姿も印象的です。


これが自分なりのお勧めベスト5。
時間に余裕がある方は是非お参りする事をお勧めします。


ちなみに京都のベスト5は
・青蓮院門跡(東山)
・鹿王院(嵯峨)
・南禅寺水路閣(東山)
・貴船神社(鞍馬)
・祇王寺(嵐山)
です。



写真はマンネリ化を打破する為、密かに行こうと決めていた「鶯の滝」。
落差10メートルと小ぶりではありますが、
近鉄奈良駅から徒歩2時間で体験出来る秘境。
この水が佐保川へと続き、奈良盆地を流れていく訳です。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-03-31 23:54 | PENTAX K20D

青空描写の難しさ(諧調をより滑らかに) リベンジ済

【高円山山麓から神奈備・生駒山を臨む】
e0145635_2325474.jpg



空撮影が好きな私にとって、空の諧調表現は
かなり撮影を終わった後に気をもむ部分であります。


写真を見て頂いて分かるかも思うのですが、
空の青色の濃淡でラインが出てしまうのです。
この濃淡のラインがあまり好きになれません。
まぁデジタルだから致し方ないのかもしれませんが、
何とかしてどうにかならないものかと、
絞り値を変えたりしながら、スムーズに諧調表現出来るように
悪戦苦闘している最中なのです。

今のところ逆光でF5.6くらいなら、
諧調の区切れはスムーズだと言う事が分かってきました。


夕焼け撮りは好きなので、
少しでも拘っておきたいポイントの一つです。


※兄貴のアドバイスを下にRAWデータから直でいじってみました。
諧調の差は歴然。


e0145635_23282211.jpg



学びと失敗こそ、成功への近道ですね!!
[PR]
by keisukerudolf | 2010-03-21 23:29 | PENTAX K20D

誰よりも楽しんでる

【松明の炎】
e0145635_22182754.jpg



昨日、一昨日と二日連続で日帰り旅行をしておりました。
別に遠出をする訳でもなく、奈良の明日香と京都を旅してたのです。
理由は、バイト先の仲の良いやつが来月一杯で実家の関東に帰るので、
折角なので関西を案内しよう、という事だったのです。


しかし、案内している私本人が一番楽しんでいたかも知れません(笑)


気合入れて3DAY周遊チケットを購入したり、
お寿司食べたり、豆乳プリン食べたり、
一保堂でお茶したり、食べ放題したり。
食べてばっかだな(笑)
おかげでここ二日だけで2Kg太りました。
そして今日一日で1.8Kg落ちてました(笑)


今日、心療内科の定期診断があったので行ってきました。
ドクターに「感情はどれだけ抑えようとしても出てくる。その感情を大切にしなさい」と。


楽しいなら、楽しい。
悔しいなら、悔しい。
悲しいなら、悲しい。


その湧き上がった感情は決して嘘では無く、
それは本心で感じたもの。
それを無視する事無く、大切にして
その感情と上手に付き合いなさい、という事らしいです。


だとしたら、自分の感情に非常に素直な最近の私は、
多分良い状態に向かいつつあるんだなぁと、思っています。


写真は別館で先行配信していた(笑)お水取りの写真。
ひょっとしたら今年のお水取りの写真で
一番私が気に入ってる一枚かも知れません。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-03-19 22:28 | PENTAX K20D

不思議な平穏

【松明を担ぐ童子】
e0145635_22342087.jpg



久しぶりに一ヶ月前のセルフカウンセリングノートを読み返して、
その当時の自分の心の激しい揺れを見てました。


今になってしまえば、冷静に「何言ってんだ」と突っ込めるものもあれば、
「なるほど、この時にこう思えたから、今があるんだな」と
妙に納得する文章もあり。


特に何に共感するかと言うと
「失敗する事から逃げようとするな」っていう部分です。


バイト先のコンビニ。
「コンビニエンスストア」だけあって、利用する方の便利を追求しているもの。
食べ物も飲み物も文具用品や日用品、切手に宅急便の取り扱いや
チケット発券、公共料金振込みなどなど・・・
単にレジでお客様と接していても、
提供しているサービスの幅って半端無い。


昔は失敗する事や、知らないって言う事が怖くって、
普通の買い物のお客様以外は怖くって仕方なかったんですよ。
宅急便とかややこしいの持って来るなよ~って
心の中で思ってたりしてたのも事実です。


でも、自分が本当に変わりたい!って思えるようになってから
普通の買い物じゃないお客様が来るのが
そんなに怖く感じなくなりました。
正直初めて取り扱うサービスとかお客様の方が良く知ってたりして
(サービス提供者として恥ずべき事なのですが)
恥かきながら、でも色んな事をさせてもらってます。


そしてバイトが終わった後にセルフカウンセリングをしているのですが、
なんかこう、平凡な言葉で言うと「充実してるなぁ」って感じたりします。


昔だったら「何でこんなミスなんかしたんだろう?」とか
自分の行動を分析したりしたのでしょうが、
今の自分はそんな事をしなくなって、
むしろ「今日はミスしてこんな事が知れた」とか、
いたって普通な感覚なのです。
ミスが多ければ多いほど、何だか嬉しかったり。


なので、セルフカウンセリングも非常に平穏な文字が並んでます。
自分の本心(「もう一人の自分」と呼んでいた時期もあり)と格闘していた時期は、
本当に「格闘」に相応しく、何故? どうして? どうやったら良い?の連続で、
非常に攻撃的な文字が続いていたのですが。


不思議な平穏が続いているのが不思議です。



写真は修二会プレイバック。
松明を担いでいる童子さんの後姿です。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-03-16 22:54 | PENTAX K20D

そういえばホワイトデーでした

【奈良盆地の夜景】
e0145635_21223071.jpg



昨日はホワイトデーでしたね。
バレンタインよりもいまいち盛り上がりに欠ける気がするのですが、
こういう行事モノって案外良い「きっかけ」になる気がしてます。


母の日とか父の日とか海の日とかこどもの日とか、
年内色んな行事ってありますが、
行事があるから思い出せるってのもありますね。
反対にそれがないと思い出せないというのも寂しいですが。


良いんです。
要はきっかけなんですよ。
暦の中に「ヒント」が隠されているんですね。


久しぶりに私の恋バナ。



学生時代(特に大学時代)は本当に良く振られました(笑)


良いんです。
振られるだけ。
それまでは振られる事が怖くって、告白すらせずに
「きっと告白してもアカンし」と自分を変に言い聞かせて。


今思うと勿体無い。


そりゃ逢って速攻告白ってのはそうそう無いと思いますし、
告白するって事は、それまでの好きになる過程があるからですよね。
良いと思いますよ。それで。


過程で全力を出し尽くしてたら、
どんな結果が出ても案外怖くないんだな、と。


別に昨日誰かに告白して振られたとかそういうのは全く無いのですが(笑)、
今日、必死にバイトしてて、自分のすべき事を精一杯やって、
勿論日課のウォーキングもやって(祝・一ヶ月継続)、
この過程で誰かと出会って好きになって、
結果振られても、全然辛くないなと感じたのです。
フリーターではありますが、そんな私は幸せです。


写真はお水取りの最終日、
松明が全て終わった後に開放された二月堂から
奈良盆地の夜景を撮ってみたものです。


そういえば最近夜景見て無いな、と思いました。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-03-15 21:34 | PENTAX K20D

悔いを残したくないから、振り返る我が道

【東大寺の夕暮れ~大仏殿~】
e0145635_030441.jpg



どうしても声を掛けたかった人に、
何だか色んな気兼ねして遠慮したら、
ずっと声を掛けられず仕舞い。
そんな事ありませんか?


そんな思い出ばかりの私です。
案外素直に思い切って声を掛けたら
何の事無く喋られるんですけどね。


職場でもプライベートでも、
その一言を言えなかった事で後悔する事多し。
「そりゃあかんやろ」だったり、
「今の、良いと思うよ」だったり、
「なんでそう思うの?」だったり、
「それ、どういう意味?」だったり、
「明後日空いてる?」だったり。


でも、言えなかった事に気付いて、
「うん、やっぱりああいう時はちゃんと言わなきゃいかんな」と気付けて、
その後にちゃんと言うようになれれば、
多分ステップアップなんだろうな。


その一言を飲み込んでしまった事を凹むより、
「よし、次こそはちゃんと言うぞ!」と思う方が
絶対前に進めると思うのです。


ケースバイケースですが、
失敗という結果を悔やむよりかは、
失敗という結果を歓迎したいと思います。


前の職場で「失敗して凹んでる場合とちゃうで」と
上司に言われた言葉。
当時は「いや、そりゃ失敗したら誰でも凹みますよ」と言っていたのですが、
今では「凹んでる場合ちゃうわ」と、凄く納得できます。


そして、言いたい事があるのなら、
ちゃんと言わないとダメですね。


写真は、修二会が始まる前に奇跡的に撮れたスナップ写真。
東大寺裏参道から大仏殿を振り返ると、
日没直前の太陽が綺麗に宙に浮いていて。


春霞漂う古都奈良の夕暮れ。
そんな文言が浮かんでくる一瞬でした。


しかしPENTAXが中判デジタル一眼レフを開発。
Mamiyaとかハッセルブラッドとか中判メインのメーカーが既に出しているのですが、
「中判と言えばPENTAX(と勝手に私が呼んでるだけですが)」が、
このご時勢、本気で商品化した事について、
私は賞賛を送りたいと思います。
しかも総額100万超えないのなら、
下手なフルサイズ35mm揃えるよりリーズナブルやん?と思ってしまうのは、
単に私が安直なだけだろうか?


ネイチャー写真好き(先日の春日原生林とか、もろそれですね)の私からして、
諧調性の豊かさや解像度の確かさは、
そりゃ喉から手が出るほど欲しいんすよ。
勿論今すぐに100万出せって言われても、
無い袖は振れ無いのですが。


中古で50万切ったら購入検討するか(笑)
勿論645Dメインで、サブはK-7チタンVer.で!
その時点でK20Dは有望な後進に譲る!
(シャッターユニット壊れてたらゴメンw)
[PR]
by keisukerudolf | 2010-03-14 00:47 | PENTAX K20D