タグ:東大寺 ( 51 ) タグの人気記事

困難は、解決するものではなく

【蓮、二輪】
e0145635_20173733.jpg



今日、心療内科の定期健診で
ドクターが「この言葉の続き、何やと思う?」と
前置きして、投げ掛けた言葉が
タイトルの文章。


産業カウンセラーの立場で考えると、
困難は、解決するのではなく
「成長を助ける気付き」なんです。


辛い事から逃げ出したくなる事もありますが、
結局、回り回ってまたその辛い事は
繰り返しやって来るんですよね。
えぇ、過去に逃げ回ってたばっかりに、
今そのツケが回ってきているんです(笑)。


結局、色んなミスをしながら、
「あぁ、こういう時はこうやったらアカンねんな」と
気付かされながら、
少しずつ大人になる・・・何かニュアンスちゃうなぁ。
言い古された表現で言うところの
「成長」していく、とでも言いましょうか。


ドクター曰く「そうやとしたら、失敗って無いよね」。


失って敗けると書いて、失敗。
でも、失敗して気付けるのであれば、
失うのでは無く、「得ている」のであり、
そう考えると、失う前に「失敗」を与えられている。
究極のプラス思考ではありますが。




写真は、半年振りに訪れた依水園の蓮。


去年初めて依水園を訪れた時もこの時期で、
この睡蓮に感動したのを覚えています。
その感動が忘れられなくて、
今年も依水園を訪れました。


決して裏切る訳でなく、でも私が望むからでもなく、
睡蓮は今年も変わらず咲いていたようです。


移ろいが常のこの世にありながら、
変わらない事がどれだけ貴重で且つ美しいか。



あ、タイトルの正解ですが、
「感動するもの」だそうです。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-06-11 20:32 | PENTAX K20D

心、たゆたう

【初夏のせせらぎ】
e0145635_2343170.jpg



たゆたう。


私の好きな言葉。
ゆらゆら動いて定まらない。
ただよう。
収まりが付かない。
そんな感じ。


言葉のイメージからして、
何かフワフワしてる感じ。


バイト先のメンバーで体調不良や家族の不幸が続いていて、
ようやっと一段落かなーと思った矢先、
今度は店長のお子様が、当分付き添いが必要な病気に。


とりあえず、明日14時上がりだったのですが、
自ら「17時までは大丈夫です」と、店長にメール。


気付けば2週間ぶっ通し。
先週の金曜日、心療内科の定期健診後に
少し自分の時間が作れたものの、
完璧なオフは一切無し。


来週の3連休も、既に予定の入っている日曜日以外は
多分シフトに入る事になるだろう事だけを予測。
ある程度最悪のシナリオさえ想定しておけば、
実際そうなっても対処出来るだろう、と
ここ最近の教訓。


超楽しみにしていた休みを削られるだろう事は、
そりゃ私もめっちゃ辛い。


山辺の道の田園風景を撮りたかったし、
東大寺依水園の睡蓮も撮りたかった。


むしろ撮るつもり満々で、
どのレンズを持っていって、
被写体をシチュエーションしながら
ネットで歴史を調べたりと、
プランニングを進めていたその矢先。


本当にくどいようですけれども、
今のバイト先は、元々社員として配属された最初のお店。
社員として働いたのは3ヶ月だけでしたが、
「社員だとこういう責任を負わされる」という現実は
ある程度教えて頂いたつもりでいます。


今は、その現実を知りながら、
アルバイトとして働いて
「あぁ、何だかんだで、社員さんに守られてるんだな」
って実感する日々。


その社員さんの一大事なのなら、
せめて自分の出来る事はしたいと、
誰に言われるでもなく、そう感じました。


気負う訳じゃなく、店長代行という立場でもなく。
(そもそも私はバイトなので代行なぞ出来る筈も無い)


自分に与えられた時間で、足りない人手を何とかやり繰りして、
夜のメンバーにバトンを渡す。
極力必要以上の負荷を掛けないように。


足りないとはいえ、メンバーの人数は私以外にもいる。
他の店だと店長が仕事で居なくなれば、
一人で店を切り盛りしなきゃいけなくなる事もある。
いわば、今のバイト先では、仲間にも守られている。


コンビニのバイトで完全に生計を立てようとは
今全く考えていない。
事実、社員として再度チャレンジ出来る可能性は
自分に残されている事だって知っている。
でも、今の私には産業カウンセラーの講座が先決だ。


だからと言って、慢性的に人手不足に陥っているバイト先を
「自分とは関係ないから」と切り捨てるのも
何か、人としておかしく感じる。


私にとって奈良で写真を撮る事が生きる事と同義語なら、
バイト先で精一杯自分で出来る限り働く事も又
生きる事と同義語なんだと感じます。


自分のエゴが通じないくらいの緊急事態。
でも、それくらい頼られ守られている事が
店長の言葉や態度で伝わってくるから、
それからは逃げたくない。


待ち受ける結果が失敗や失態でも良い。
それは不幸じゃないから。
それが不幸かどうかは、私が決めるから。



写真は東大寺吉城川沿いのモミジストリート。
新緑が川面に写りこんでおります。
逆光なのにここまで安定してる風景も珍しい。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-06-04 23:30 | PENTAX K20D

素直に、素直に。

【知足院門前】
e0145635_22135284.jpg



従兄弟が今年の年末についに結婚するらしい。
一昨日、妹からその話を聞き、
「めでたい」と感じると同時に、
「先を越された」という悔しさも感じました(笑)。


この従兄弟には「お見合い」デビューも先越されまして。
てか私はデビューすらしてへんがな。


従兄弟も当ブログのウォッチャーなんだとか。
この場を借りておめでとう。
是非とも嫁さんの友達紹介して下さい。


無論今、結婚出来る資金力なぞありゃしませんが、
そのスタートラインすら立ってない(彼女がいない)自分。
うーん、悔しいねぇ。
恋愛したくて仕方ない今日この頃。


と書きつつ、去年の今頃今のバイト先に
当時は社員として入社した事を思い出しています。


そういえば去年の今頃は天満で一人暮らししてたんですね。
社員で働く事に精神的にも肉体的にも限界を感じて
アルバイトに格下げしてもらってから、
家賃が捻出不能である事から、僅か3ヶ月で実家に戻りました。


まぁその経験が今の自分(産業カウンセラー講座受講含む)に繋がっているので、
全くもって結果オーライ。
そして去年の今頃の自分より、
自分の感情にはかなり素直になっている事にビックリ。
無理をする事に美徳を感じていた当時に比べると、
かなり無理である時にSOSを発信するという事を覚えただけでも
産業革命レベルの進歩を感じます。



写真は多分1ヶ月ぶりぐらいに訪れた東大寺知足院。


前回も書きましたが、このゴールデンウィーク、
東大寺大仏殿周辺は人だかりで、恐ろしい混雑だったのですが
ここ知足院は、一時間滞在していても、誰一人すれ違う事がありません。


奈良で一人のんびりしたかったので、
知足院の存在を知っていて、得しました。
かなり集中してカメラと向かい合ってた気がします。


奈良を味わう、これぞ私の休日の過ごし方の醍醐味な気がします。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-05-02 22:37 | PENTAX K20D

失敗出来る環境は、恵まれている環境

【東大寺・知足院山門】
e0145635_21115581.jpg



一昨日、一気に新人二人のトレーナーとして関わった一人が
急にバイトに来なくなったらしい。


元々コンビニのバイト経験が2年もあるのに、
初日レジにすら立たせて貰えなかったのが不満だったんじゃないか
という推測を後輩から伝え聞いた。
その後輩も、別のコンビニ経験者でもある。


昼休憩の時に、社員さんと話をしていたら
「別に○○さん(私)のせいとちゃうよ。その子がこの店に合わなかっただけやで」
って言われて。
まぁ、「私のせい」だとは全く思ってないんですけどね。


でも、しかし。


私もかつて接客のアルバイトをした事があって、
接客をするアルバイトの楽しみと言うものは理解出来る。
人によって色々あると思いますが、
レジでお客さんの笑顔見るのが好きだったり、
陳列されている商品を完璧に並べる事に快感を覚えたり、
まぁ人それぞれですわな。
中には「コンビニのバイトが一番楽だと思ってました」という人もいるけど、
多分コンビニのバイトほど体力的にしんどいバイトもそうそう無いと思う。
特に私のバイト先は。


ふと気付いたのが、
辞めた子が、本当は何をしたくてこの店に来たのか
そういうコミュニケーションを取ってなかったなぁ~って事で。


業務を教える時に会話をするきっかけって一杯あって、
全てが全て、仕事の内容である必要って全然無くて、
そういう会話があっても良いと思うし、
私が新人なら、そういう話をしてくれる先輩って楽しい。
なるほど、「コミュニケーションを取るってこういう事なのか~」と
妙に一人で納得していた一日でした。


そういう意味で、私は会話ベタだったんだろうなぁ。
色んな後輩に聞いてみようっと。


ちなみに私はレジでお客様と普通の対応以外の会話をするのが
一番の楽しみだったりします。
特に常連さんとかに「あれ? 髪切りました?」とか「あれ? 鼻声ですけど風邪引きました?」
とかそういう話するの大好きです(笑)
コンビニのレジのタモリ的ポジション?




写真は東大寺僧坊跡よりも尚北にある、東大寺の北の果てにある
まさに「知る人ぞ知る」お堂、知足院(ちそく・いん)。
なので、東大寺境内なのに日中人が訪れる事は殆ど無い。
歩いて5分も離れていない場所には大仏殿があって、
そこには人が常に溢れかえっているにも関わらず、
知足院は本当に静かな場所。


崩れかけの土壁とか、意図して生えていない馬酔木とか
奈良にあって、一番奈良らしい風景って
多分こういう場所なんだろうなぁと思います。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-04-05 21:28 | PENTAX K20D

講座、スタート

【東大寺講堂跡の春景】
e0145635_22115633.jpg



今日からついに産業カウンセラー養成講座がスタート。
「スタートラインにようやっと立てたな」っていうのが実感でした。


今日は終日座学で、産業カウンセラーの歴史や概要、倫理綱領。
休憩時間にタバコを吸いながら、
外の気持ち良すぎそうな風景に嫉妬しながら(笑)
別に睡魔と闘う訳でもなく、真面目に講座を聞いている私がいました。


学生時代を思い返しても、ここまで必死に講座聞いたの
ぶっちゃけ初めてかも知れないと思うくらい。


「あ、俺ってこんなにちゃんと真面目に授業受けられるんだ」くらいに。
しかも受講中の姿勢が非常に良いという
実にどうでも良い事にまで気付きました(笑)
私は座高が高いので、後ろの人は見えにくかったかも(爆)


「講座の内容についていけるか」という不安は
払拭された訳じゃないんですが、
とりあえず参考書が分厚い事から、
「多分バイトの通勤中にこれを読めって事だろうな」と
勝手に憶測しております。


改めて私の気持ちを試されるような講座内容でした。
産業カウンセラーの在り方を聞くにつれて、
多分相当な覚悟が必要なんだろうな、と。


事前に私もある程度の覚悟はしていたのですが、
現実を聞いたりすればするほど、やっぱりシビアな世界です。


法律と公序良俗の間に立つ。
雇用者と被雇用者の間に立つ。


以前の私なら、それだけで心が折れそうになるくらい。
相当シビアな世界なんだな、という事を
初日の講座からヒシヒシと感じました。


でも、私の気持ちとしては、
「その世界でやっていきたい」という気持ちがあって、
その為に、多分相当な苦労を強いられるのだろうという予測もしています。
そして誤解を招かないように書かないといけない事なのですが、
「その苦労をしてみたい」と本当に思っています。


だから「これくらい現実を知ったところで、負けてたまるか」っていうのもあります。
これまで散々現実から逃げてきたんだから、今がある。
だからこそ、今回だけは逃げたくないなぁ、と。
そんな事を感じて一日の講座が終わりました。


で、いきなり課題が出ました。
「幼少期の自分を振り返る」事がテーマ。


今日のセルフカウンセリングは、いつもの何倍も時間を要しました。
私の幼少期はある種のトラウマ。
「なりたくない自分」の宝庫。


でも、それって裏を返せば、
「将来を楽しく生きる為の、気付きの種の宝庫」なんですよね。
取り返せない過去のおかげで今がある。
その時の自分を思い出しながら、これからどう楽しむか。
そう考えると、今迄思い出せなかった小学3年までの記憶が
色々蘇ってきたのが不思議なところ。


確かに当時はコンプレックスの塊でしたが、
天川村で川泳ぎしたり、天文気象部に所属してたり
それなりに楽しい事ってあったんですね。


ちなみに、小学校当時の体重より
今の私の体重の方が明らかに軽いという事実(笑)
遂に体重65Kgまで来ましたよ。




写真は、先日訪れた東大寺。
好きなスポットの一つ、「講堂跡」の桜と鹿。


講堂跡にはソメイヨシノと八重桜と二種類の桜の木があって、
八重桜の方が咲く時期が遅いので、
古都の桜を二度楽しめる場所なのです。
紅葉を含めるとそれ以上。
鹿を絡めれば年中飽きない場所です。


正直、桜が咲いてようが咲いていまいが、
大仏殿と鹿と桜の木があるだけで、
私にとって十分な被写体なのです。
桜開花はボーナス程度で。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-04-04 22:36 | PENTAX K20D

今日のトレーナーは明日の受講生

【東大寺・僧坊跡の春】
e0145635_2130434.jpg



バイト先でトレーナー資格を取ってから、ガチでトレーナーとして新人を指導するのは
今日が初めてでして。
しかも初っ端からいきなり新人二人(笑)
二日目の男性(私と同い年)と一日目の女の子。


二人とも他のコンビニでバイトをしていた経験があるので、
ある程度の言葉の意味は理解してくれたので助かったのですが、
実際の業務をお願いするのが実に難しい!!!
いやぁ~、今日は伝言ミスの連発で自分で自分の首を絞めてました(笑)


昔人事採用の仕事をしていた時に、
「働くとは?」とかの話はした事があるのですが、
実際の実務を教えるのと、働く概念を教えるのとでは
全く勝手が違うんやなぁ~と痛感させられた一日でした。
本当に良い経験になりました。
大学の同期で後輩を指導している立場にいる人も多いのですが、
バイトと社員と立場は違うとは言え
「こんな難しい事やってんのかぁ~」と思いました。


「教える事とは学ぶ事」とは良く言ったものですね。
自分のやっている業務を一つ深く知れた一日でした。


そんな私も、明日は「講座を聞く」側に回ります。
そう、ついに産業カウンセラー講座が明日から始まるのです。


ぶっちゃけ超不安です。
勉強内容についていけるかも不安なのですが、
場の雰囲気に馴染めるかどうかも不安です。


でも、まぁ失敗してみれば良いかな、と感じてます。
当然試験に合格しなければ元も子もない話なのですが、
そもそも講座を楽しめなければ意味が無いわけで。
案外初日からワイワイ騒いでそうな気がしてます(笑)




写真は東大寺僧坊跡。
正倉院のすぐ横にある、本当に何も無い場所ですが、
やたら滅多ら雰囲気のある場所です。


本当はこの季節なので桜をガンガン撮るのが普通なのでしょうが、
そして当然私も東大寺の桜の写真も沢山撮ったのですが、
何故か気に入ったのはこういう写真。
これもまた私の個性なんですな。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-04-03 21:47 | PENTAX K20D

やれば出来るやんか

【氷室神社の枝垂桜】
e0145635_23182392.jpg



元テニスプレーヤーの松岡修造さん。
あの人の精神論は、聞いていて心地良い。
ってか楽しい。


ダイエットを始めて2ヶ月しか経って無いのですが、
数字で見れば10Kg以上の減量に成功。
やれば出来るやん、と自分で思うのも仕方が無い。


ここ三日ほどイベントが続いて、食事の量が増えると
勿論体重だって比例して増えるのは、
足し算が分かれば理解出来る話です。
まぁ、それはそれでOKやなと思っているのですが。
後で運動すれば良い!


とは言え、ここ三日で自分の元来の食欲にビックリ。
本当にめっちゃ食べます。
普通の人の倍食べます。
この食欲にしてあの体重だったんだな、と改めて痛感。


人一倍食べてしまうので、人一倍食欲をコントロールしないと
体重がコントロール出来ないという事にやっと理解出来ました。
そして実際やってみて、やれば出来る事も理解出来ました。



ひょっとしたら、今迄自分で「出来ない」って思ってた事は、
自分でそう思い込んでいただけで、
ひょっとやってみたら出来る事もあるのではないのかな?
と、ちょっと思ってみたり。
勿論、一時間以上宙に浮いているとか
物理的に無理な事は絶対無理だと思いますが(笑)
そう考えるとワクワクするような、しないような。




写真は奈良国立博物館の向かいにある氷室神社。
ここの枝垂桜は去年も私は撮影しています。


今年は何故かタイミングが合わず、
今回は夕方という桜を撮るのにとても難しい状況でしたが、
この美しさを前にすれば、順光だ被写体ブレだとか細かいテクニックはどうでも良くなって、
目の前にある美しさを表現したくなるのです。
勿論、その美しさの表現が楽である方が良いに越した事は無いのですが。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-03-29 23:34 | PENTAX K20D

誰よりも楽しんでる

【松明の炎】
e0145635_22182754.jpg



昨日、一昨日と二日連続で日帰り旅行をしておりました。
別に遠出をする訳でもなく、奈良の明日香と京都を旅してたのです。
理由は、バイト先の仲の良いやつが来月一杯で実家の関東に帰るので、
折角なので関西を案内しよう、という事だったのです。


しかし、案内している私本人が一番楽しんでいたかも知れません(笑)


気合入れて3DAY周遊チケットを購入したり、
お寿司食べたり、豆乳プリン食べたり、
一保堂でお茶したり、食べ放題したり。
食べてばっかだな(笑)
おかげでここ二日だけで2Kg太りました。
そして今日一日で1.8Kg落ちてました(笑)


今日、心療内科の定期診断があったので行ってきました。
ドクターに「感情はどれだけ抑えようとしても出てくる。その感情を大切にしなさい」と。


楽しいなら、楽しい。
悔しいなら、悔しい。
悲しいなら、悲しい。


その湧き上がった感情は決して嘘では無く、
それは本心で感じたもの。
それを無視する事無く、大切にして
その感情と上手に付き合いなさい、という事らしいです。


だとしたら、自分の感情に非常に素直な最近の私は、
多分良い状態に向かいつつあるんだなぁと、思っています。


写真は別館で先行配信していた(笑)お水取りの写真。
ひょっとしたら今年のお水取りの写真で
一番私が気に入ってる一枚かも知れません。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-03-19 22:28 | PENTAX K20D

不思議な平穏

【松明を担ぐ童子】
e0145635_22342087.jpg



久しぶりに一ヶ月前のセルフカウンセリングノートを読み返して、
その当時の自分の心の激しい揺れを見てました。


今になってしまえば、冷静に「何言ってんだ」と突っ込めるものもあれば、
「なるほど、この時にこう思えたから、今があるんだな」と
妙に納得する文章もあり。


特に何に共感するかと言うと
「失敗する事から逃げようとするな」っていう部分です。


バイト先のコンビニ。
「コンビニエンスストア」だけあって、利用する方の便利を追求しているもの。
食べ物も飲み物も文具用品や日用品、切手に宅急便の取り扱いや
チケット発券、公共料金振込みなどなど・・・
単にレジでお客様と接していても、
提供しているサービスの幅って半端無い。


昔は失敗する事や、知らないって言う事が怖くって、
普通の買い物のお客様以外は怖くって仕方なかったんですよ。
宅急便とかややこしいの持って来るなよ~って
心の中で思ってたりしてたのも事実です。


でも、自分が本当に変わりたい!って思えるようになってから
普通の買い物じゃないお客様が来るのが
そんなに怖く感じなくなりました。
正直初めて取り扱うサービスとかお客様の方が良く知ってたりして
(サービス提供者として恥ずべき事なのですが)
恥かきながら、でも色んな事をさせてもらってます。


そしてバイトが終わった後にセルフカウンセリングをしているのですが、
なんかこう、平凡な言葉で言うと「充実してるなぁ」って感じたりします。


昔だったら「何でこんなミスなんかしたんだろう?」とか
自分の行動を分析したりしたのでしょうが、
今の自分はそんな事をしなくなって、
むしろ「今日はミスしてこんな事が知れた」とか、
いたって普通な感覚なのです。
ミスが多ければ多いほど、何だか嬉しかったり。


なので、セルフカウンセリングも非常に平穏な文字が並んでます。
自分の本心(「もう一人の自分」と呼んでいた時期もあり)と格闘していた時期は、
本当に「格闘」に相応しく、何故? どうして? どうやったら良い?の連続で、
非常に攻撃的な文字が続いていたのですが。


不思議な平穏が続いているのが不思議です。



写真は修二会プレイバック。
松明を担いでいる童子さんの後姿です。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-03-16 22:54 | PENTAX K20D

そういえばホワイトデーでした

【奈良盆地の夜景】
e0145635_21223071.jpg



昨日はホワイトデーでしたね。
バレンタインよりもいまいち盛り上がりに欠ける気がするのですが、
こういう行事モノって案外良い「きっかけ」になる気がしてます。


母の日とか父の日とか海の日とかこどもの日とか、
年内色んな行事ってありますが、
行事があるから思い出せるってのもありますね。
反対にそれがないと思い出せないというのも寂しいですが。


良いんです。
要はきっかけなんですよ。
暦の中に「ヒント」が隠されているんですね。


久しぶりに私の恋バナ。



学生時代(特に大学時代)は本当に良く振られました(笑)


良いんです。
振られるだけ。
それまでは振られる事が怖くって、告白すらせずに
「きっと告白してもアカンし」と自分を変に言い聞かせて。


今思うと勿体無い。


そりゃ逢って速攻告白ってのはそうそう無いと思いますし、
告白するって事は、それまでの好きになる過程があるからですよね。
良いと思いますよ。それで。


過程で全力を出し尽くしてたら、
どんな結果が出ても案外怖くないんだな、と。


別に昨日誰かに告白して振られたとかそういうのは全く無いのですが(笑)、
今日、必死にバイトしてて、自分のすべき事を精一杯やって、
勿論日課のウォーキングもやって(祝・一ヶ月継続)、
この過程で誰かと出会って好きになって、
結果振られても、全然辛くないなと感じたのです。
フリーターではありますが、そんな私は幸せです。


写真はお水取りの最終日、
松明が全て終わった後に開放された二月堂から
奈良盆地の夜景を撮ってみたものです。


そういえば最近夜景見て無いな、と思いました。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-03-15 21:34 | PENTAX K20D