タグ:春日原生林 ( 26 ) タグの人気記事

雪の降る奈良を

【雪の日の飛火野】(2011年2月10日撮影・モノトーン仕上げ)
e0145635_23435175.jpg




前回、約半年振りにカメラを持ち出して。


昨日は奈良では珍しく雪が降り積もっていたので、
またまたカメラをお供に奈良公園を散策。
寒い時は体が動かないのに、雪が降ると不思議と体が軽い。
本当に不思議。


でも、「雪の日にしか見られない景色」っていうものがあります。
2年前に雪の日の室生寺や談山神社を知ってしまってからと言うもの、
雪が降ると、カメラ持ち歩いて奈良をそぞろ歩きしてました。
あー、来月からそういう機会も減るのかー。


今回僕が見たかった風景は、飛火野の雪景色。


意識して行った事がある人しか分からない事かも知れませんが、
ここはなだらかな丘状の土地で、一面芝生。
一番雪が積もりやすい場所だろうなと思ってたら、
案の定定番の「一面の銀世界」。


右下に小さく写りこんでいますが、
子供が斜面を利用してソリを楽しんでいます。
写真には映ってませんが、遠くで鹿が雪の無い場所で草を食べてました。
日常と非日常が共存してしまう、そういう場所です。


写真の注釈で書いた通りなんですが、
普通にデジカメで撮影して、加工する時にあえて白黒にしてみました。
で、ちょっとレトロな雰囲気を出す為に、
緑色の発色を抜いて(黄色を目立つ様に)加工してみたら、
カラーで撮るよりも何だか雰囲気が出ます。


そう言えば、プロのカメラマンの方が
「風景画の腕を上げるには、白黒で撮るのが一番」って言ってました。
パッと見の色に惑わされない、白か黒の世界。
「何をイメージサークルに映し出すか?」を
シンプル過ぎるほど問われる訳ですね。
うーん、凄く納得。
[PR]
by keisukerudolf | 2011-02-12 23:40 | PENTAX K20D

食欲

【新緑なう】
e0145635_21402876.jpg



「決して正しくない」と思いながら、
朝しかちゃんと食事をしない生活を続けて2ヶ月。
(バイトの休憩時間にコーヒー飲んだりはしてたんですが)


そりゃ体重は相当落ちましたが、
その精神的反動が凄くって。


まぁこんな事、カミングアウトしなけりゃ絶対分からん事ですが、
この2週間ほど、反動で結構食べてまして。
特に夜食がひどい。


薬(安定剤と睡眠導入剤)を飲むと余計に
それまで抑圧していたのを解放させるので、
夜食に走る理由は分からなくも無い。
しかし、昨日にいたっては
コンビニに車に乗ってまで行くという行動に出てまして。


こんなの精神科のドクターじゃなくても
「こりゃ過食と拒食の連続やな」と言わんばかり。


家で夜に食事すると食べ過ぎるのを分かってて。
で、帰宅前に食事をすると金が続かなくなるのも分かってて。
しかしだからと言って「薬飲んだ後に車にコンビニ」はおかしい。
相当おかしい。


本末転倒も甚だしい訳で。
まぁバイト代出た直後なんで、
なまじ現金持ってると余計いかんですな。


単なる食事だけの話じゃなく、
私の「満腹感」そもそもが問題な気がします。
心が満たされりゃ、茶碗一杯の飯で
十分満足って分かってるのにね。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-05-12 21:50 | PENTAX K20D

策士、策に溺れる

【日の挿す方へ】
e0145635_21415353.jpg



産業カウンセラー養成講座の実技3日目。
実技は10人1グループの集団で行われます。
この「こじんまり感」が好きです。


今日はロールプレイング技法で、話し手(クライアント)が
何らかの人物を演じる方法です。


尤もカウンセラーからすると、ライブ技法であろうがロールプレイング技法であろうが、
目の前の話し手から、予測も出来ない話が飛び出してくるので、
その辺は全く変わりません。


でも目の前の話し手(クライアント)が、
「演じている、目の前の本人とは違う人」なので、
最初に出てくる話題が結構漠然としてるなー、って感じました。


実際カウンセラー役を体験して、
話し手(クライアント)の言葉を掘り下げていくと、
案外話し手本人の体験に基づく話になったりするのは
面白いなぁ~と感じました。


さておき。


今日、つくづく気付かされたのですが、
日常会話とカウンセリングって別次元なんですね。
日常会話が「会話」なら、カウンセリングは「対話」。


話し手(クライアント)が語る感情表現を逐一丁寧に拾っては、
相手の感情で理解出来るように質問をしたり、確認をしたり。


こんなの日常会話でやってたら、
普通の世間話だけで日が暮れますな(笑)。


カウンセラー用語で「相手の心に寄り添う」って言うんですが、
とにかく私も寄り添ってみよう!と思って
カウンセラー役をやってみたのですが。


とにかく相手の感情表現と「本当は何を伝えたいのか?」を掴もうとして
色んな技法をやってみました。


正直に、耳にして「あ、これ自分では理解出来ない言葉だな」と思ったらすぐ
「それは○○と捉えているのですが、違ってます?」と確認してみたり、
沈黙されても、慌てる事無くそれをあえて味わったりした訳なんです。


7分間のロールプレイングを終えて、ダメ出しを頂いたのが、
私の話すペースが速すぎたり、
私の口癖「なるほどなるほど」が、「本当に理解してるの?」と伝わってしまい、
結果、話し手の方が違和感を感じたんだとか。
本末転倒やないかい、俺(笑)。
タイトル通り、策に溺れてしまいました。


でも、凄くありがたかったのが
「相手の感情に寄り添っていこうという姿勢は凄く感じられた」と
コメントを頂いた事でした。


あー、スタンス(基本的な事)そのものは
決して間違ってなかったんだなーって。
私が場数を踏んでないので、やり方を知らないだけで。


それに気付けた事だけでも、めっちゃ収穫です。
実技で実践してみると、気付ける事だらけです。


なので、他の人はどうか知らないのですが、
私はカウンセラー役が終わっても、
また次も私がカウンセラー役をやりたいって思うんです。
(基本カウンセラー役をやれるのは、実技一回につき一度)


一つ肝心な事。
私はカウンセラー役で、何一つ話し手にアドバイスはしてません。
とにかく聴く。それだけ。




写真は、春日山原生林の風景。
山の中に一歩足を踏み入れれば、どこでも目にする光景。


ですが、この写真見てて思うのは
「あー、私はこの雰囲気感を表現したいんだなー」ということ。


具体的に言うと、本当に表現したかったのは
メインに映っている(と思う)木の枝じゃなくって、
その背景にある「やや白トビしてるけど、かすかに分かる木々の存在」。


日を浴びて、描写し切れていないんですが、
この部分があるからこそ、メインの木の枝のシルエットが
効果的に浮かび上がってくるんだよねー、って思います。


影があるのは、間違いなくどこかに光があるから。
そんな哲学的な事を連想しながら
自分の写真を見てますが、何か?
[PR]
by keisukerudolf | 2010-05-09 22:12 | PENTAX K20D

「ライバル」

【The arch of the Japanese maple~新緑の「洞のモミジ」~】
e0145635_2352428.jpg



私が今のバイト先に通いだして1年になりますが、
メンバーも相当変わりました。
ほぼ様変わりしたと言っても過言では無いくらい。


私が足繁く通う喫茶店。ここもここ一年でバイトが相当入れ替わった。
今年の3月まで働いていた女の子。
彼女の心地良い接客スタイルを見て、同じサービス業で働いていた(当時)私は、
彼女にライバル心を燃やしたものでした。勿論、良い意味で、ね。


好敵手と書いて、ライバル。


後日、二人でお茶する機会があって、
お互いの「接客とは何か」論を交わした記憶があります。
いやぁ、本当に刺激になって楽しかったなぁ。


今日、その喫茶店に行くと、後姿がその「ライバル」の女の子にそっくりな子がおりまして。
ライバルの彼女は今年3月に大学を卒業し、今は関東で働いている為、
「今会えるはずは無いのになぁ」と思ったら、やっぱり別人でした。
でも、ライバルの彼女を思い出すには十分なほどのそっくり感でした。


最近、何となく「ライバルがおらんなぁ」と思っていたのですが、
ライバルが目の前にいる事が重要なんじゃなく、
自分の中でライバルが「存在」している事が大切なんだなーと痛感。


だからと言って我武者羅に自分のテンションを上げる事が正しくない事は、
過去の経験で身に沁みて理解しているつもりです。
自分のペースを変えるんじゃない、
あくまで「ライバルの存在を再確認する」という事。
自分を高める為に。




写真は、今日訪れた春日山原始林。
秋にはモミジの名所と知られる「洞のもみじ」と呼ばれる場所。


しかし、今日は暑かったですな。
奈良市内はきっと30度を越えてたんじゃなかろうかと思います。
うっすら汗ばむくらいでしたし。


でも、この鬱蒼とした杜は非常に涼しかったです。
そして何より写真を撮ってて、
「つくづく俺は、ここの風景が好きなんやなぁ」と思える場所。
奈良で写真を撮り始めて、この原始林に何度足を運んだ事か。


そして、今回新緑のシーズンにこの場所を改めて訪れて、
春日原始林の良さを再確認しました。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-05-05 23:05 | PENTAX K20D

疲れました

【春日の杜と社】
e0145635_21542243.jpg



産業カウンセラー養成講座、二日目。
先週の初日は終日座学でしたが、
今日は終日実技でした。
ヒアリングの技術(専門用語で「傾聴」の技術)を
4つ勉強した上で、実際にそれをやってみる、と。


座学は、一方的に聞いて理解すれば良いのですが、
カウンセラーとしてヒアリングするって
こんなに精神的にも肉体的にも疲れるのか~と実感。


まぁ、初めてやる事は緊張もしますし、
慣れないんで余計疲れるんですけどね。


でも、自分の中でカウンセリング中、ずっと
「懐かしい」って感じてまして。
なんでかなー、とずっと思ってたのですが、
思い返してみると思い当たる節が。


そう、昔私が人事採用だった頃を思い出したのです。
他の企業の方が、どんな採用方法を取られているかは知らないのですが、
私は一定の課題(聞くべき事)を用意した上で、
相手が言いやすいように心掛けていた事を思い出しました。
多分、それって採用手段としては不適切だったのかも知れませんけどね。


相手の方が話しやすいように頷いたり、
言った内容を(自分で理解しやすいように)要約して確認したり、
掘り下げて質問してみたり。


これってカウンセリングの傾聴技術の基本でして。
なーんだ、昔やった事あるんだ、とも思いました。


が、決定的に違うのは、
カウンセラーって相手が決断する時に、
カウンセラー自身の意見を言ったらアカンのですよ。
あくまで、相手が相手自身で決断する事を促さなきゃアカン訳です。


そう考えると、人事採用やってた時は
自分の意見をペラペラ喋ってたなぁ~って(笑)
別にそれが悪いとかじゃなくって、
カウンセラーってそういう仕事なんだなという
理解の意味を込めて、ですけどね。


実際、話し手(クライアント)と聞き手(カウンセラー)を両方やったのですが、
聞き手の時は凄く気分的に楽だったのは、
多分そういう経験が知らないうちに活きていたのでしょうね。


対して、話し手をやる時の方がしんどかったです。
話す内容は別に決められてなかったのですが、
改めて、自己表現が不器用やなぁと思いました。
それがダメとかじゃなくて、
得意じゃないんだな、って事を再認識したまでですが。


実際、実技は講座の中で少人数のグループになって、
カウンセリングだけの話に留まらず、
色んな話をしたり聞いたりしました。
「仲間が出来たんだな~」と感じましたね。


そこで面白い気付きがあったのですが、
その話はまた後日。




写真は先週撮った春日大社での一枚。
個人的に凄く気に入っている写真なのです。


で、何でここまで自分が気に入ってるのかなーと思ってたら
「緑基調でポイントに赤」っていう構図が
自分の好みだって事に気付きました。
色栄えも良いですしね。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-04-11 22:13 | PENTAX K20D

Viva 反省!

【春日原生林・滝坂の道】
e0145635_2123276.jpg



昨日鶯の滝の写真をアップしましたが、
この写真を撮る為に4時間春日原生林を歩き回っていました。
「春日原生林」と一口で言いますが、
平たく言うと4時間かけて山を登ってました。普通に登山です(笑)


おかげで、と言うべきかやっぱり、と言うべきか、
完全にその疲れが今日のバイトに出てしまって、
集中力は無いし、ミスを連発するし
おかげでバイト仲間から小言のメールが来る始末で
全てが裏目裏目に出る、そんな一日でした。


さすがにミスした事に関しては、素直にあかんと思いますが、
別段それ以上に凹む必要ないな、と感じております。
むしろ、疲れすぎるから鶯の滝・滝坂の道を訪れるのは
連休を取って、その初日にしようと思った訳です。


リフレッシュする事も大切ですし、
勿論ダイエットの為に運動するのも大切なのですが、
それが例えアルバイトだとしても、
仕事に悪影響を及ぼしてしまっては楽しくないのです。
そんな小言を言う方も、きっと楽しくない筈です。


滝坂の道や鶯の滝が「超」まほろばと言う事も分かりましたが、
それと引き換えに、相当な体力を消耗してしまう事も分かったので、
前向きにそれを捉えればOK! Viva 反省!!



で、今日の写真はその「滝坂の道」。
春日大社の南を迂回して柳生の里に通ずる道で、
別名「柳生街道」とも言われます。
約2時間、延々と続く上り坂ですが
すぐ脇に小川が流れ、せせらぎと共に歩む山道です。
杜フェチの私にはとても堪らない場所です。


絶対連休を取って、また行きたいと思っています。
今度こそちゃんと疲れを取るぞ~!


と今年もエイプリルフールに気の利いた嘘がつけない私です(笑)
[PR]
by keisukerudolf | 2010-04-01 21:14 | PENTAX K20D

奈良のお勧めスポットベスト3

【鶯の滝】
e0145635_23174924.jpg



いつもの喫茶店で「まほろばの旅人さん的奈良のお勧めってどこですか?」って聞かれまして。


改めて考えると、奈良のお勧めを整理して考えた事が無かったなぁ~
自分の感性に任せて、あと寺社仏閣の行事に合わせて写真撮ってたくらいで。


で、とにかく色んな角度で考えてみる。
評価ポイントは色々あると思うけれど、自分なりにまとめてみると
1.寺社仏閣の佇まいが著名、もしくは私なりに美しいと感じる
2.祀られている仏像などが著名、もしくは私の好み
3.寺社仏閣の周辺の風景が著名、もしくは私なりに「まほろば」を感じる


この3つの総合評価でお勧めを絞ってみると5つほど明確に出てきた。


・室生寺(奈良県宇陀市)
・秋篠寺(奈良県奈良市)
・浄瑠璃寺(京都府木津川市)
・東大寺戒壇堂(奈良県奈良市)
・石上神社(奈良県天理市)

※次点:白毫寺(奈良県奈良市)、大美和の杜(大神神社・奈良県桜井市)、嶋宮石舞台(奈良県明日香村)


この5箇所全て、私のブログの常連の場所です。
ちなみに最近良く出てくる春日原生林は
激しく私の好みに左右されているので外してます(笑)


室生寺は五重塔と石楠花の名刹。
それにここの十一面観音や十二神像、釈迦如来坐像など
非常に心洗われる仏様が沢山いらっしゃいます。
私の一番のお勧めの場所。
移動に時間が掛かろうが、拝観料をどれだけ取られようが
それだけの時間とお金を費やす価値のあるお寺だと思っています。


秋篠寺は苔と紅葉の美しさに加えて、伎芸天の美しさがダントツ。
何より大和西大寺駅から歩いて行ける立地というアクセスの素晴らしさ。


浄瑠璃寺は奈良県では無いのですが、私の中では奈良エリアです。
三重塔の美しさは勿論、馬酔木や紅葉が非常に美しく、
堂内の九体釈迦如来像は圧巻の一言!
もう少しアクセスが良ければ文句なしで室生寺と同率首位くらいです。


元興寺が仏様がほぼ無いのにランクインしているのは
ならまちの中心地にあるアクセスの良さに加えて、
飛鳥瓦が残っている事、桔梗や蓮の美しさ、地蔵会の荘厳さが飛び抜けているからです。
特にここの桔梗は本当に見応えありますし、
その桔梗が見頃の時期に地蔵会があって拝観無料になるのが嬉しいのです。


東大寺戒壇堂は一番有名なのが四天王像。
特に広目天の厳かな表情は私の中でベストオブ仏様。
入り口周辺にある桜の木も非常に見事です。


唯一神社でエントリーされたのが、春日大社ではなく石上神社。
ここの池と杜は私の杜フェチの原点でもあります。
そして何より、言葉で表現しきれない「崇高な雰囲気」を持っている神社です。
足を運ぶだけで癒されるだけじゃなくって、
何か力を授かれるような、凄く不思議な空間です。
秋になると神社周辺に彼岸花が咲き乱れるその姿も印象的です。


これが自分なりのお勧めベスト5。
時間に余裕がある方は是非お参りする事をお勧めします。


ちなみに京都のベスト5は
・青蓮院門跡(東山)
・鹿王院(嵯峨)
・南禅寺水路閣(東山)
・貴船神社(鞍馬)
・祇王寺(嵐山)
です。



写真はマンネリ化を打破する為、密かに行こうと決めていた「鶯の滝」。
落差10メートルと小ぶりではありますが、
近鉄奈良駅から徒歩2時間で体験出来る秘境。
この水が佐保川へと続き、奈良盆地を流れていく訳です。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-03-31 23:54 | PENTAX K20D

その姿は、まさに私

【春日の杜(上禰宜の道)】
e0145635_1940948.jpg



バイト先に私と同い年の新人が入ってきました。


新人さんなんで、業務が未熟なのは致し方無いとして、
色んな事をやりっ放したり、適当だったり
人のアドバイスを全然聞いてなかったり、
まぁ手のかかる方です。


今日は連絡無しで遅刻してきた上で、ヘラヘラとしていたので
「自分、人としてそれはないで」と私が言った一言を
彼がどう捕らえたかは彼のみぞ知るですが、
私がそんな一言を放っている事に新店長がビビッてました(笑)
まぁ、普段お茶らけてる私がこんな事を言うと思ってなかったのでしょう。


私は遅刻は半年に一回くらいしかしませんが(私も人間ですしね)、
その時はちゃんと連絡します。
その辺はバイトとか社員とか関係なく
やっぱり人としてちゃんとせんとな、と思うのです。


とは言うものの。


一年前、社員としてこの店に来た時は、
仕事っぷりも適当だったし、
多分人からのアドバイスも聞いていなかった。
新人の彼の姿はそのまんま一年前の私そのもののような気がしました。


そこからどれくらい自分が人として成長出来たのかは分かりませんが、
客観的にそう思えた分、ちょっとはまぁ成長したのかな、と。


まだまだ自分自身バイトでの仕事内容は反省しきりなのですが、
こんな自分でも頼られる先輩になってしまったんだなぁ、と。
もう一年が経つんだなぁと。


あと10日ほどでまた一つ歳を重ねます。
「男は35歳から!」と豪語して止まない私が
ついにその「35歳」になります。
これからは楽しく歳を重ねたいですな。



写真は、何の変哲も無い春日原生林の風景。
位置的に言えば、春日大社のすぐ南の上禰宜(かみねぎ)の道。
パワースポットと呼ばれる春日大社内の金龍神社付近です。


しかし、私もこういう写真というか、こういう構図と言うか
ワンパターンではあるんですが、「森の中の小道」って、
凄く大好きなんですね。
間違いなくこの手の写真を撮っている時の自分は
テンション上がりまくってます。
誰が感動するでもなく、自分が感動しきりなのです。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-03-30 19:55 | PENTAX K20D

The night

【マジックアワー in 高畑町】
e0145635_21105946.jpg



そういえば、半年前はこの夜の時間帯に、
アルバイトで働いていたんだなぁ。


生活のリズムを元に戻したくて、統括にお願いをして
朝勤務に変えてもらったのが今年から。
去年までは、普通にこの時間は働いていました。
9時過ぎだったら、最後の納品の前に
一台レジを閉めたり、最後の洗い物をしたり、
パックジュースの品出しをしたり、賞味期限切れの商品引いたり。


朝勤務になって、朝起きるのは辛いながら
普通の社会人のように通勤して、
夕方定時で上がった後に帰り道でウォーキング。


さすがに半年前からは想像も付かないくらいの変わり様。
トレーナーという肩書きは増えたものの
自分自身に何も背負ってるものが無い感じです。
そう、精神的にかなり楽になってきている実感。


そして帰りの50分弱のウォーキング。
そのウォーキングのうち8割が登り。
15分くらい続くゆるい坂道だったり、最後に50段近くの階段を上ったり。


階段を登りきった後の爽快感がたまらなくて。
特に階段に差し掛かる前はV字谷を一気に下った後、
少し登りがあってからの階段なので、
疲れはピークなのですが、
「とにかく登りきれ!」って感じで
重くなっていく足を必死に振り上げて登るのが楽しいのです。


お分かりだと思いますが、
私の実家は田舎です(笑)


写真は春日大社のすぐ南にある高畑町。
そこには奈良の夜景が綺麗に見える場所があります。
(一番のお勧めスポットはここでは無いのですが)
この日は三脚を使わず撮ったのですが、
いつどんな状態の夕焼け時に来ても、
雰囲気のある風景がここにあります。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-03-24 21:23 | PENTAX K20D

何故だ、何故守れんのだ。

【霧の春日原生林】
e0145635_0372214.jpg



日ハムの中田の守備でもなく、宇宙戦艦ヤマトの台詞でもなく、
奈良のイベント事(特に歴史あるイベント)に参加していて、
常々思う事をまんまタイトルに。


何故「フラッシュをたかないで下さい」と何度もアナウンスをされて、
わざわざ立て看板までしてあるのにも関わらず、
フラッシュをたくばか者がおるのだ。


私のカメラは趣味のレベルなので、こんな事を言うのもおこがましいが、
バカフラッシュのせいで、プロの写真家の方々にまで迷惑掛けるんだし、
ぶっちゃけ興ざめなのが分からないのか。
そこまで言われた事を守れない事をしてでも修二会を撮りたいなら、
せめてフラッシュのたけない(内蔵されて無い)カメラを買い給え。
実際にあるのだから。


私なりに彼らの心境を考えてみた。
一つは完全に悪の心。
「俺一人ぐらいやってもバレへんし、ええやろ」的な。
他が許しても俺が許さん!


一つは機械オンチの方。
「えっと、フラッシュたかないようにするのにどうやるの?
 分からないから撮ったら勝手に光っちゃった」的な。
とりあえず、今晩は聖武天皇や良弁上人に土下座して謝って、
明日マニュアルを徹底的に理解してから来るように。
もしくはフラッシュのところ潰すぐらいしときなはれ。


一つは、これは正直全く無いと思うが、
「自分がフラッシュをたく事で、他の人の手振れが少しは楽になるかな?」的な。
ある種自己犠牲的な。
てめぇのフラッシュにシンクロしたおかげで、
良い絵だったはずが、興ざめになったんじゃい!!!(怒)
勿論手振れは全くと言っていいほどしなかったけど、
手振れの有無を問わず、被写体の明るさとか雰囲気とかでも
写真のバリューが決まるのですよ。


それは・・・それだけは・・・


世相が許しても、わしがゆるさん!!
[PR]
by keisukerudolf | 2010-03-12 00:51 | PENTAX K20D