タグ:明日香村 ( 19 ) タグの人気記事

試されてたのか~!!!

【明日香名物~石物遺跡~「鬼のまな板」】
e0145635_21304493.jpg



今日は昼から統括が会議で外出。
時期店長も会議に出席という事で、同じく昼から外出。


残されたのは私を含めてアルバイト3人と新人の社員さん一人。


25日のコンビには忙しいのです。
今日も例外なく本当に忙しかったです。
何故なら25日は給料日の会社が多く、
その出たてホヤホヤのお金で公共料金を払いに来るからです。
もうレジは常に万札で埋もれてます(笑)


勿論給料が出たという事は財布に余裕があるので、
常連さんがいつもより多く色んなものを買っていきます。
お弁当がグレードアップしたり、
おにぎりが2個ぐらい増えてたり、
スイーツが増えてたり、
チキンや肉まんなどをついでに頼んだりと人により様々。


そんな今日に限って、開店作業をするアルバイトの子が
よりによって1時間遅刻。
開店作業をするのは彼女しかいなかったため、
なんと、1時間店が閉まっていた状態でした。


このブログの常連さんだとお分かりだと思いますが、
私のバイト先のコンビニはビルが閉まるとお店も閉まります。
朝7時に開店で夜11時に閉店です。
コンビニが閉店してるってのも珍しいと思うのですが。


で、そんなドタバタがあった日にお昼に店長クラスが不在。
私もそれなりに踏ん張ったのですが、色々と遣り残した事が山積みのまま引継ぎ。


帰る途中、ウォーキングをしながら
「今日は忙しかったなぁ~」と思ってたのですが、
ハッと気付いたのは「そうか、今日はトレーナーとして試されてたんだ!!」という事。


いや、別に何か責任を負うとかそういうレベルでは無くって、
普通に仕事をしていて、どこまで広い視野で物事を見られているかという
非常にシンプルで単純な事なんですけどね。


今迄だと「あぁ、出来てない自分ってあかんなー」と思うのですが、
色々振り返ってみると、
「そうか、次はこうやってやったらええやん」と思えた不思議。


バイトそのものは多分相当楽しんでいると思うのですが、
皆と一緒に同じ仕事をする為に、もっと楽しめる事があるのではないか・・・と。
勿論いつも来て頂いているお客様に喜んでもらえる為にも。


試されてますね。
多分今、これから社会人になる為のトレーニング期間なのだと思っています。
バイトとは言え、第三者からお金を頂いている身分。
「もっと良くなりたい」と思えるからこそ気付ける事。
うーん、これは大切だ!!!




写真は明日香の「鬼のまな板」。
伝説によると、この周辺に鬼が住んでいて、
夜な夜な通行人を捕まえては、このまな板で調理していたのだそうな。


実際のところは、古墳の中に埋めるはずの石室の「蓋」の部分だそうな。


むき出しのお墓の蓋を鬼のまな板に例える
昔の人たちの想像力に脱帽しきりです。


すぐ近くに「鬼の雪隠(せっちん=トイレ)」と呼ばれる石の遺跡がありますが、
これも石室の一部だそうです。
石室そのものを鬼のトイレに例えるのも凄い。
そもそも石室を見て「トイレ」っていう発想、
私には無いなぁ。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-03-25 21:46 | PENTAX K20D

青空描写の難しさ(諧調をより滑らかに) リベンジ済

【高円山山麓から神奈備・生駒山を臨む】
e0145635_2325474.jpg



空撮影が好きな私にとって、空の諧調表現は
かなり撮影を終わった後に気をもむ部分であります。


写真を見て頂いて分かるかも思うのですが、
空の青色の濃淡でラインが出てしまうのです。
この濃淡のラインがあまり好きになれません。
まぁデジタルだから致し方ないのかもしれませんが、
何とかしてどうにかならないものかと、
絞り値を変えたりしながら、スムーズに諧調表現出来るように
悪戦苦闘している最中なのです。

今のところ逆光でF5.6くらいなら、
諧調の区切れはスムーズだと言う事が分かってきました。


夕焼け撮りは好きなので、
少しでも拘っておきたいポイントの一つです。


※兄貴のアドバイスを下にRAWデータから直でいじってみました。
諧調の差は歴然。


e0145635_23282211.jpg



学びと失敗こそ、成功への近道ですね!!
[PR]
by keisukerudolf | 2010-03-21 23:29 | PENTAX K20D

兵共が・・・?

【都の跡】
e0145635_22173530.jpg




超マイナーな場所です。
明日香で散歩を日課にしている方ぐらいじゃないと
即答出来ないと思います。
甘樫の丘の北に位置する「豊浦駐車場」北にある
『伝小墾田宮跡』です。
伝わるところによると、推古天皇が都を置いた場所なんだそうです。


昔の都も今は木が一本残っているのみ。
周りは田んぼに変わってしまい、
季節柄、畦には彼岸花が咲き始めています。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-09-13 22:20 | PENTAX K20D

明日香の夕焼け

【明日香の夕焼け・八釣】
e0145635_14542925.jpg



「万葉文化館ら辺から見る明日香の夕焼けは綺麗ですよ」
写真仲間の方から教えて頂いて、場所発見。


多分明日香が日本の中心だった頃も、
今みたいにビルは立ってないと思いますが、
さほど変わらない風景だったんでしょうね。


1000年後、ここの風景はどうなっているのでしょう。
移り変わるのが常であるこの世の中で、
この風景が残っていたら嬉しいなと思います。


今の私に出来る事と言えば、今の美しさを
精一杯写真に収めるくらいです。
それでもこの美しさを知る事が出来たのは、
本当に幸せだと思います。


無性に夕焼けが見たくなったので
明日香村まで行く私なのでした。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-09-11 15:00 | PENTAX K20D

秋、少しだけ

【秋、少しだけ】
e0145635_203404.jpg



昨日、アルバイトに行く為に最寄り駅の
構内を歩いていた時の事です。
色んなポスターが貼っている中で
「コスモス開花状況」のポスターを発見。


見る・聞く・感じる、色んな五感をフル活用して
移ろいを感じることが出来る事は、
本当に幸せな事だと思いますね。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-09-08 20:37 | PENTAX K20D

甥っ子の重み

【明日香はまほろばのふるさと~実り近し~】
e0145635_11351849.jpg



さっきまで、生後一ヶ月の甥っ子の子守をしておりました。
体重は5キロ近くなので、米俵を抱えているようなものです。

ぐずっているのですが常に泣いている訳では無く、
笑ったりあくびをしたり、驚いた表情をしたり、ホケーっとした顔したり。
実に表情が豊かです。
下手な筋トレより疲れるかも知れませんね。


話は代わって明日香村。
石舞台近くの田園風景。

明日香の秋と言えば稲淵棚田が有名ですが、
まだ稲淵には行った事がありません。
彼岸花のシーズンになると、金色の稲穂、緑の稲、と赤色の彼岸花が
実に色鮮やかに展開されます。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-09-05 11:40 | PENTAX K20D

この季節の裏に

ネタはいっぱいあるのですが、溜まる一方。ヤバイっす。



e0145635_2210615.jpg




【稲淵集落の棚田】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/60sec
F8.0
露出補正 0.3
ISO感度100




まだ明日香には春は来ていませんが、
春になればこの辺りはコスモス畑になります。
秋になれば彼岸花一色になります。


去年明日香に来ましたが、稲淵の棚田までは見てませんでした。
今年こそは是非行きたいものです。



e0145635_2213811.jpg




【宮跡】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/60sec
F8.0
露出補正 0.3
ISO感度100




その昔、天智天皇が即位する前にお宮を置いた場所だそうです。
明日香の石舞台の裏っ手にあります。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-01-28 22:16 | PENTAX K20D

厩戸皇子の生まれた寺と亀石

e0145635_10453451.jpg




【橘寺】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/160sec
F8.0
露出補正 0.3
ISO感度100




先日も少し記事にしましたが、
現在の教科書でも「聖徳太子」とは教えないそうです。
実在がはっきりしていないからだ、といわれています。
聖徳太子のモデル(?)になっている一人が厩戸皇子。



e0145635_10501154.jpg




【橘寺境内】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/250sec
F8.0
露出補正 0.3
ISO感度100




皇子が可愛がっていた「黒駒」という名前の馬の銅像があります。
この日は平日という事もあり、参拝者は私含めて2名。
実に静かでした。



e0145635_10521455.jpg




【二面石】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/40sec
F8.0
露出補正 0.0
ISO感度100




人間の二面性を表現している、といわれている石です。
明日香地方は奥深い石が一杯ありますね。
厩戸皇子の生まれたお寺に二面石があるのが
実に奥深くていいと思います。



e0145635_10541535.jpg




【桜の頃を思う】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/125sec
F8.0
露出補正 0.0
ISO感度100




桜咲く頃、私はどうなっているのか今は分かりません。
病気から開放されて働いているのか、
それともまだ病気と闘っているのか。
そんな事を忘れさせてくれる大きな桜の木でした。



e0145635_10563668.jpg




【亀石ドアップ】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/50sec
F8.0
露出補正 0.3
ISO感度100




先日當麻寺に行ったので、亀石さんに報告してきました。
相手は石なので、表情は変わりませんが、
その歴史に少し触れる事が出来たからでしょうか、
亀石の表情も少し和らいで見えました。

そして、亀石に鼻らしいものがある事に気付きました・・・



e0145635_10585450.jpg







【左斜め撮り】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/40sec
F8.0
露出補正 0.3
ISO感度100




「ほんまに亀なんかな?」と思わせる一枚です。
何となく、人間にも見えます。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-01-27 11:00 | PENTAX K20D

明日香を彩る花達

e0145635_20413266.jpg







【飛鳥寺の寒椿】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
WB太陽光
1/30sec
F8.0
露出補正 -0.7
ISO感度100




サザンカは非常に良くお目にかかるのですが、
寒椿はあまりお目にかかれません。
これからなのでしょうね。



e0145635_20442586.jpg




【咲き誇る蝋梅】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
WB太陽光
1/160sec
F8.0
露出補正 0.0
ISO感度100




蝋梅はあちこちで満開を迎えつつあります。
そろそろ梅も蕾がほころんできています。




e0145635_20455342.jpg




【歴史を花と眺める】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
WB太陽光
1/125sec
F8.0
露出補正 0.0
ISO感度100




川原寺から橘寺を眺めます。
かつてこの地に都があった時は、どんな様子だったのでしょうか。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-01-25 20:46 | PENTAX K20D

明日香への旅、再び

e0145635_22274081.jpg




【今は無き伽藍】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/250sec
F5.6
露出補正 0.7
ISO感度100




その名は大化山山田寺。
蘇我氏一族でありながら、蘇我宗家とは対立していた
蘇我石川麻呂が発願した寺である。
また、謀反の疑いを掛けられた石川麻呂が自害した寺でもある。
今は寺跡として残り、広大な伽藍跡を残すのみである。



e0145635_22384584.jpg




【飛鳥寺】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/125sec
F5.6
露出補正 0.0
ISO感度100




こちらは、蘇我宗家の氏寺の飛鳥寺である。



e0145635_22405913.jpg







【蘇我入鹿首塚と甘樫丘】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/200sec
F5.6
露出補正 0.0
ISO感度100




盛者必衰とはいつの時代のキーワードでもあるが、
これほどまでに盛衰をみた一族もそう多くはあるまい。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-01-24 22:41 | PENTAX K20D