タグ:山辺の道 ( 16 ) タグの人気記事

守られている、引き継がれているもの

【笹百合・大神神社】
e0145635_204596.jpg



仏教用語にもある「盛者必衰」。
平家物語の冒頭に出てくるので、有名な言葉ですね。


日常は常に変化する無常な世の中では、
一見当たり前に見えるものですら、
時代と共に変わったり、なくなってしまったり。


「失う事は、得る事だ」と知っていても、
失う事へのショックは勿論の事、
得る事への不安だってある。
そもそも「守られている」という安全感が無いと、
変わる事が出来ないんですから。


だからこそ、余計に
「あぁ、ここなら安全だ」って思える
場所だったり、人だったり、
ものだったりするのですが、
そういうのを感じられれば、
安定もするし、変化も出来るのですね。


そして、必死に生きていればこそ
案外誰かがそれを見ていて、
助けの手を差し出してくれる時は
必ずあるんだなぁ、とちょい痛感。




写真は大神神社境内に咲く笹百合。


かつて大神神社がヤマト朝廷の中心だった頃、
それは相当古い時代の事ですが、
神社周辺はこの季節になれば、
写真のような笹百合が一面に咲き誇っていたそうです。


そして大神神社の摂社である、
奈良にある「率川(いさかわ)神社」に
笹百合で飾った酒樽が奉納されていたのです。
6月16日の三枝祭(率川神社)は、
大神神社と奈良の強いつながりを暗示しています。


ところが、環境の変化に伴い
笹百合は絶滅の危機に瀕します。
三枝祭に笹百合を供給する事すら
おぼつかなる状況にまで陥ったそうです。


状況を案じた大神神社の有志の方々が
15年前に笹百合の栽培・定植を進め、
今や「ささゆり園」と呼ばれる
笹百合を拝観出来る(しかも無料!)場所が出来ます。


今でも周りを柵で保護されていたり
相当な厳重警戒の元にあるのですが、
昔の姿を取り戻そうとしています。
守られ、引き継がれていこうとされている
日本の、奈良の姿がそこにあります。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-06-14 20:42 | PENTAX K20D

そして「私は何者だ?」

【陽だまりで転寝】
e0145635_21462277.jpg



改めて、このブログが色んな人に読まれている事実を再確認。


読まれてどうこう思う事は、全く無いのですが
ブログでこれだけ文章にしている、という事実と
相手と面と向かって自分の意見を述べるっていうのは
全く相反する事なんですよ、ということ。
裏を返すと、相手の顔を見ずに好き放題思っている事が書けてしまう
ブログっていうのは、表裏一体ですな。


最近、良く感じる事が、「自分は一体何者なんだろう?」という事。


あ、決して自己否定とかそんなんじゃ決して無くって。


どのようにされると嬉しくて、どのようにされると悲しくて
どのようにされると怒って、どうすると楽しいと感じるか。
俗にいう自分の「喜怒哀楽」のツボを色々と感じてみる。


今迄そんな事をした事が無かったので、
時々、過去の感情が一気に溢れ出す事もありますし、
その感情に一時的に振り回される時もあります。
先日の内容は、まさに一時的に振り回されていたそれ。


でも、自分の感情に素直であれるからこそ、
「あぁ、自分ってこうされると寂しいって感じるんだな」と
気付ける訳なんですよね~・・・。
そして、「事実(事柄)」じゃなくって「感情」じゃないと
理解出来ない事って多いんですよね。


私事ですが、私はうつ病になりました。


真面目すぎる性格が災いしたという見方も出来ますが、
最近は、それだけじゃないって事に気付きつつあります。
自分の感情に素直に従わず、それを表現して来なかった為に
自分の感情が捻れてしまっていたのもまた、原因の一つでした。


そして、これらは事実として、
それ以上でもなく、それ以下でもない。
ただ、その積み重ねで今があるというだけ。


私はそれに気付く事が出来た。
だから自分の感情に素直になろうと思った。


そうしていると、凄く自分自身に関心を持つようになるのが
これまた不思議なもので。
「一体俺はどんな感情を持った人間なんや?」と、
自分の反応を見るのが楽しみでもあります。


私はまだそこに気付けて良かったと思っています。
なるべくして、うつ病になったんだと思えば、
毎回の通院だって全く苦になりません(金銭的な事を除けば)。


そして、裏を返すと、気付けるチャンスはいくらでもあるのに
それに気付かないふりをする事も出来て、
それはそれで結構勿体無いんだな、とも思っちゃうのです。


親に自分の感情を初めて表現してみて、
カウンセラー講座で学んだ事が非常に役に立ったと、
何故かヘンテコリンなところで得してます。
そして、相手の感情を共感して理解する事って、
「相手の存在を認識して理解しないと絶対出来へんな~」
と、これまたヘンテコリンなところで役に立ってます。


相手が起した事実を理解する事と、相手の感情を理解する事は
全く次元の違う話ですしね。




今日、また大神神社に行ってきました。
写真はその中のスナップ写真の一枚。
完璧にスナップ以外の何者でもない写真です(笑)


空気は冷たいのですが、暖かい日光を浴びて
日中、日向にいる時は凄く爽やかでした。
昼過ぎに大神神社の南にある「平等寺」を訪れると、
参拝者がどれだけ来ても、マイペースにグースカ寝てる猫発見。
撫でても触っても、とにかく気持ち良さそうに寝てます。
癒されました。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-04-29 22:15 | PENTAX K20D

導かれる?

【晩春・雨の三輪山】
e0145635_2204377.jpg



今日は産業カウンセラー講座3日目。
終日座学でした。


私自身も心療内科である意味カウンセリングを受けている身なので、
カウンセリングの勉強をする事は、
うつ病と向かい合っている自分と対峙する事でもあります。
「あの時ドクターが言っていたのは、こういう事だったのか」とか
「あの時自分があのように感じたのは、こういう理論に繋がるんだ」とか。
改めて再確認する事が、結構多いんですよ。


そして、私のうつ病と向かい合う時に欠かせなかった
趣味であるカメラと奈良の存在。


ドクターに「良い趣味やね」と言われ続けていて、
ドクターも奈良の自然が好きな方だったので、
自分が気に入った写真をドクターにプレゼントしてたのですが、
なーんと、臨床心理学において「芸術療法」ってのがあって、
趣味のカメラが、自然と芸術療法に繋がっていて
自分の回復に非常に役に立っていた事に今日気付きまして。


びっくりしたなー。
全然嫌とかそういう感情とかじゃなくって。


趣味のカメラに私自身が助けられた事って、凄く多いんですよ。


写真を撮りに行く事は、外出する事にもなりますし、
当然私は杜フェチなので、歩き回る=良い運動になります。
うつからの回復において、体力回復をする良いきっかけになりました。


私の「写真論」にも繋がるのですが、
やっぱり被写体(私の場合は奈良の風景)に感動しないと
どれだけ良いカメラを持っていても、
どれだけ優れた技術を持っていても、
良い写真って撮れないと思うんです。
何より、撮ってて楽しくないと思うんです。
これって、「考える」より「感じる」事に繋がりますし、
感情に素直に敏感である事にも繋がってきます。


同時に、私は自分の写真の大ファンだ、と公言して止まないのですが、
(時々ナルシストやなー、とも思いますが、それはそれ)
写真を撮る事で、自分に自信が持てるようになりました。
そして一枚の写真を撮る過程に置いて、
感動した風景(イメージ)に写真を近付けるという試行錯誤が
本当に楽しいと感じられるようになりました。
失敗する事が怖くなく、悪いものでもなく、
チャレンジする事の楽しさを覚えた、味をしめたと言いましょうか(笑)


私は自分自身、うつ病になるべくしてなった、と
今までずっと思っていました。
でも、今日は
「ひょっとしたら、私はカウンセラーになる為にうつ病になったんじゃないか?」
と思うくらい、座学の授業が驚きの連続でした。


カウンセラーになる為にうつ病になり、
うつから回復する為に、既にカメラと奈良の風景に出逢っていた。


実技グループに占いをされる方がいて、
その方が良く「導かれてるんやで」って言うんですが、
なるほど、分からんでも無いな、と実感した一日でした。


カウンセラーになろう!と思って買った本が、
臨床心理学では有名な河合隼雄先生の本で、
まさかその先生の理論をカウンセラーの座学で勉強する日が来るとは
全く思ってもいなかったので、余計そう思いました。


産業カウンセラーと臨床心理学とは少し違うのですが、
その説明は追々。



写真は、大神神社の末社、久延彦神社にある「大美和の杜」から眺めた
雨に煙る三輪山の風景。


大神神社は、鳥居から本殿への参道も美しいですし、
末社、狭井神社の境内の雰囲気もとても落ち着きますし、
大美和の杜がある末社、久延彦神社は展望が良く、
いつ、何度でも訪れたくなる場所です。
my神社にしようかなぁ、とも思ってたくらいなのですが、
何と、大神神社のお祭が私の誕生日でして(笑)


うわー、ここでも導かれてる?
[PR]
by keisukerudolf | 2010-04-18 22:29 | PENTAX K20D

古都の春シリーズ その20「春の思い出」

e0145635_21561634.jpg

【去る春に初夏来る巻向川】
PENTAX K20D
Carl Zeiss Planar T*1.4/50
焦点距離50mm
1/125sec
F11
露出補正 -0.7
ISO感度100




体調回復を祈願していた寺社仏閣に回復報告、
第二弾は大神神社~桧原神社(山辺の道)でした。

この界隈は「大和路らしい」風景がたんまり撮れる場所ですね。
大美和の杜から見る大和三山、箸墓古墳と二上山、
桧原神社から見る二上山など。

で、その帰りJR巻向駅まで歩いている途中、
菜の花と新緑のモミジが川沿いに広がっていたので、
思わずカメラを構えてパシャリ。

個人的にJR巻向駅周辺は被写体の宝庫だと思います。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-04-20 21:59 | PENTAX K20D

古都の春シリーズ その19「初夏の予感」

e0145635_21361516.jpg

【新緑映す池】
PENTAX K20D
Carl Zeiss Planar T*1.4/50
焦点距離50mm
1/5sec
F11
露出補正 -0.7
ISO感度100



ん? 見慣れないレンズの名前が書いてあるって?
気にしない、気にしない。


昨日から、ここ半年間で体調回復を祈願していた寺社仏閣に
回復報告をしに行っています。
第一弾は初詣にもいった石上神社でした。
昨日は天理教の教祖様の誕生日だったそうで、
天理駅周辺はダダ混み状態。
でも、石上神社はガラガラでした。それで良いんです。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-04-19 21:38 | PENTAX K20D

「神話の里を歩く」山辺の道6

先月末の1月31日に訪れた山辺の道シリーズも今日で最終回です。
最終回の今日は、景行天皇が都を置いたとされる「穴師」です。
JR巻向駅から歩いて30分くらいの場所を指します。



e0145635_17305981.jpg




【穴師から伝景行天皇陵を】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/250sec
F5.6
露出補正 0.7
ISO感度100

e0145635_17315635.jpg







【巻向日代宮跡】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/80sec
F5.6
露出補正 1.7
ISO感度100




景行天皇が都とした場所です。
今は普通の田園風景が広がっているだけです。
当時は天皇が代わると都を移していたそうです。


が、崇神天皇や垂仁天皇もこのすぐ近くに都を置き
卑弥呼の墓と言われる箸墓古墳がJR巻向駅のすぐ近くにあります。
大神神社~穴師にかけての一体は崇神・垂仁・景行天皇三代の帝都であり
初期ヤマト王朝の中心地であった事が伺えます。


e0145635_17374371.jpg




【相撲神社】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/80sec
F5.6
露出補正 0.0
ISO感度100




ここ相撲神社は、日本の国技の相撲が初めて行われた場所と言われています。
垂仁天皇時代、当麻の当麻蹶速(たいまのけはや)と出雲の野見宿禰(のみのすくね)が
天覧相撲を行った場所です。


e0145635_17422681.jpg




【穴師坐兵主神社】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/30sec
F5.6
露出補正 0.0
ISO感度100

e0145635_17433265.jpg




【本殿】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/13sec
F5.6
露出補正 -1.0
ISO感度100




「あなしにいますひょうず」神社と読むそうです。
穴師の集落の最も高い場所に位置する神社です。


鬱蒼とした杜の中にあり、非常に寒かったのを覚えてますし
なにか神々しいものを感じました。
恐らくですが、初期ヤマト王朝を守る守護神として
大神神社と並んでこの土地を守ってきたのでしょう。


ここから檜原神社を経由して巻向駅まで戻りました。
つまり、山辺の道コンプリート!!!


翌日熱出して寝込みました(笑)
それが2月1日、2日の事です。
無理が祟ったんですかね。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-02-15 17:47 | PENTAX K20D

「神話の里を歩く」山辺の道5

余談ですが、今月24日~25日一泊二日で飛騨高山&奥飛騨に行って参ります。
勿論目的は白川郷ライトアップです。
三脚持参は必須だろうと思われるのですが、それ以前に雪が積もってるか楽しみです。



さて本題に戻りましょう。


長岳寺から南に歩くと、すぐのところに二つの大きな古墳が現れます。
北から順に「伝崇神天皇陵」、「伝景行天皇陵」です。



e0145635_20551029.jpg




【伝崇神天皇陵北側1】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/125sec
F5.6
露出補正 0.3
ISO感度100

e0145635_20561824.jpg




【伝崇神天皇陵北側2】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/50sec
F5.6
露出補正 -0.3
ISO感度100

e0145635_20572590.jpg




【伝崇神天皇陵南側】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/400sec
F5.6
露出補正 1.3
ISO感度100




崇神天皇とは、古事記や日本書紀に書かれる10代目の天皇です。
尚現在の考古学では、ある程度の存在の可能性が確認される最初の天皇だそうです。
神武天皇から決史八代に掛けては、あまりに神話的であったり
考古学的裏づけが無かったりしたのですが、
崇神天皇時代から、ある程度古事記や日本書紀と他の書物の整合性が取れだしてるそうです。
一説には、崇神天皇=神武天皇(最初の天皇)と同一する場合もあるようです。


天理市南部~桜井市、いわゆる三輪山周辺に掛けて
初期ヤマト王朝があったとされていて、
その王朝の大王だったのが崇神天皇です。

日本書紀では120歳、古事記では168歳とありえないくらいの長生きなのです。
(まぁ色々な大王をくっつけた可能性があります)



e0145635_217278.jpg




【伝景行天皇陵と葛城方面】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/200sec
F5.6
露出補正 2.0
ISO感度100




景行天皇は先ほどでた崇神天皇の孫にあたります。
お父さんは垂仁天皇です。
伝垂仁天皇陵は近鉄尼ヶ辻駅の目の前にあるので
私にとっては垂仁天皇の方が知名度が高いのですが、
歴史的には景行天皇の方が有名です。


何で有名なのかと言えば、その歴史の多くに
「日本武尊(やまとたけるのみこ)」が登場するからです。


古代史を知らない人でも、耳にした事のあるであろう「日本武尊」。
景行天皇の子供であり、仲哀天皇の父とされながら
「天皇になれずに死んだ悲劇の英雄」といわれます。


考古学上では、日本武尊は複数の大王や実力者の英雄譚を
つないで作られた人物と言われています。
桃太郎伝説の生みの親であったり、草薙の剣の伝説を作ったり
女装して熊襲の大王を討伐したり、
ヒーローになれるはずが、伊吹山の神様と戦った際に病気になり
大和に向かう途中、亀山で敢無く病死して、
その後白鳥になって西へ飛んでいったりと
まぁ、話題は豊富な方です。


そんな時代の大王が景行天皇だったと言われています。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-02-14 21:20 | PENTAX K20D

「神話の里を歩く」山辺の道4

天理市にある関西花の寺の一つ、長岳寺(ちょうがくじ)。

かつては48も坊(建物)があったと言われるこのお寺も、
今では旧地蔵院と本堂を残すのみ。

しかし、残された二つが実に美しい!!!
長岳寺は拝観料300円が必要なのですが、
実に見応えのあるお寺でした。



e0145635_21343769.jpg







【旧地蔵院庭園1】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/40sec
F5.6
露出補正 -0.3
ISO感度100

e0145635_21353688.jpg




【旧地蔵院2】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/30sec
F5.6
露出補正 0.3
ISO感度100

e0145635_21362277.jpg







【旧地蔵院3】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/25sec
F5.6
露出補正 0.3
ISO感度100

e0145635_2137539.jpg







【旧地蔵院4】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/30sec
F5.6
露出補正 -0.3
ISO感度100




受付からすぐのところに旧地蔵院、そこから奥に進むと
鐘楼門があり、そこをくぐると本堂です。



e0145635_21392777.jpg







【鐘楼門】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/50sec
F5.6
露出補正 -0.3
ISO感度100

e0145635_21401495.jpg




【放生池】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/50sec
F5.6
露出補正 0.0
ISO感度100

e0145635_2143073.jpg




【放生池と鐘楼門】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/100sec
F5.6
露出補正 0.3
ISO感度100

e0145635_21435785.jpg




【放生池と本堂と鐘楼門】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/160sec
F5.6
露出補正 -1.0
ISO感度100

e0145635_21445641.jpg







【池端のお地蔵さん】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/50sec
F5.6
露出補正 0.7
ISO感度100




言葉がいらないくらいの美しさです。
良い景色は本当に良いものですね。
ブログでコメント書かなくても良いですもん(笑)


そういえば、ここの総門に面白い看板が。



e0145635_21462246.jpg







【カーナビだって】
PENTAX K20D
FA35mmF2
焦点距離35mm
WB太陽光
1/80sec
F8.0
露出補正 0.3
ISO感度100





間違えるんです。
機械も万能では無いですからね。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-02-13 21:47 | PENTAX K20D

「神話の里を歩く」山辺の道3

夜都伎神社。やつぎじんじゃ、と読むそうです。
表札(?)には夜登岐神社と書いてますが、文献によってまちまちです。



e0145635_22493629.jpg







【夜登岐神社、と】
PENTAX K20D
FA35mm F2
焦点距離35mm
WB太陽光
1/20sec
F5.6
露出補正 -0/7
ISO感度100




ここは春日大社と非常に縁の深い神社だそうで、
春日大社の使い古されたものなどを譲り受けていたそうです。
弟分みたいなもんですね。



e0145635_22512353.jpg




【境内】
PENTAX K20D
FA35mm F2
焦点距離35mm
WB太陽光
1/40sec
F5.6
露出補正 -1.0
ISO感度100

e0145635_2252917.jpg




【狛犬】
PENTAX K20D
FA35mm F2
焦点距離35mm
WB太陽光
1/25sec
F5.6
露出補正 -1.7
ISO感度100




さて、夜都伎神社から長岳寺までは、またも道を歩きます。



e0145635_2254489.jpg




【よくある風景】
PENTAX K20D
FA35mm F2
焦点距離35mm
WB太陽光
1/400sec
F22
露出補正 -0.3
ISO感度100




山辺の道界隈ではビニルハウスが結構多く見られます。
近郊農業が盛ん、という事なのでしょうかね。



e0145635_22552571.jpg




【露天売り】
PENTAX K20D
FA35mm F2
焦点距離35mm
WB太陽光
1/250sec
F8.0
露出補正 -0.3
ISO感度100




これも良く見られる光景。
1月末でしたが、既にハッサクを売ってました。
売り切れてますが、吊るし柿はめっちゃ美味しいです。
とある方が「柿で作った羊羹みたいな味」と表現してましたが、
実に言い得て妙な表現だと思いました。



e0145635_22574556.jpg




【竹之内環濠集落】
PENTAX K20D
FA35mm F2
焦点距離35mm
WB太陽光
1/400sec
F8.0
露出補正 0.3
ISO感度100




奈良県には他にも今井町などありますし、日本レベルで見ると堺の自治都市なんかが有名。
天理の竹之内にも規模は小さいですが存在します。



e0145635_22594929.jpg







【柿本人麻呂歌碑】
PENTAX K20D
FA35mm F2
焦点距離35mm
WB太陽光
1/320sec
F8.0
露出補正 0.0
ISO感度100

e0145635_2305291.jpg




【とその周辺】
PENTAX K20D
FA35mm F2
焦点距離35mm
WB太陽光
1/160sec
F8.0
露出補正 0.7
ISO感度100




なんてことは無いのですが、良くある風景ということで。



e0145635_2314842.jpg




【子猫ツインズ】
PENTAX K20D
FA35mm F2
焦点距離35mm
WB太陽光
1/50sec
F8.0
露出補正 0.0
ISO感度100




しっかし、汚い猫だな・・・
[PR]
by keisukerudolf | 2009-02-12 23:02 | PENTAX K20D

「神話の里を歩く」山辺の道2

石上神社・から夜都技(よとぎ)神社の間は
内山永久寺跡がある程度で、
後はアップダウンのあるのんびりした道が続きます。



e0145635_213070.jpg




【内山永久寺跡】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/125sec
F5.6
露出補正 0.0
ISO感度100




寺の跡なので、この池くらいしか残っていません。
伽藍のあったと言われている場所は現在は畑になっています。
写真を撮ろうと思ったのですが、本当に普通の畑だったので
ちょっとシャッターが切れませんでした。



e0145635_2162842.jpg




【梅?林】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/125sec
F5.6
露出補正 0.0
ISO感度100

e0145635_2173717.jpg







【杜の木漏れ日1】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/13sec
F5.6
露出補正 -1.0
ISO感度100

e0145635_2183780.jpg







【杜の木漏れ日2】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/20sec
F5.6
露出補正 -1.0
ISO感度100




緑マニアの私にはたまらない場所です。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-02-11 21:10 | PENTAX K20D