<   2010年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

奈良のお勧めスポットベスト3

【鶯の滝】
e0145635_23174924.jpg



いつもの喫茶店で「まほろばの旅人さん的奈良のお勧めってどこですか?」って聞かれまして。


改めて考えると、奈良のお勧めを整理して考えた事が無かったなぁ~
自分の感性に任せて、あと寺社仏閣の行事に合わせて写真撮ってたくらいで。


で、とにかく色んな角度で考えてみる。
評価ポイントは色々あると思うけれど、自分なりにまとめてみると
1.寺社仏閣の佇まいが著名、もしくは私なりに美しいと感じる
2.祀られている仏像などが著名、もしくは私の好み
3.寺社仏閣の周辺の風景が著名、もしくは私なりに「まほろば」を感じる


この3つの総合評価でお勧めを絞ってみると5つほど明確に出てきた。


・室生寺(奈良県宇陀市)
・秋篠寺(奈良県奈良市)
・浄瑠璃寺(京都府木津川市)
・東大寺戒壇堂(奈良県奈良市)
・石上神社(奈良県天理市)

※次点:白毫寺(奈良県奈良市)、大美和の杜(大神神社・奈良県桜井市)、嶋宮石舞台(奈良県明日香村)


この5箇所全て、私のブログの常連の場所です。
ちなみに最近良く出てくる春日原生林は
激しく私の好みに左右されているので外してます(笑)


室生寺は五重塔と石楠花の名刹。
それにここの十一面観音や十二神像、釈迦如来坐像など
非常に心洗われる仏様が沢山いらっしゃいます。
私の一番のお勧めの場所。
移動に時間が掛かろうが、拝観料をどれだけ取られようが
それだけの時間とお金を費やす価値のあるお寺だと思っています。


秋篠寺は苔と紅葉の美しさに加えて、伎芸天の美しさがダントツ。
何より大和西大寺駅から歩いて行ける立地というアクセスの素晴らしさ。


浄瑠璃寺は奈良県では無いのですが、私の中では奈良エリアです。
三重塔の美しさは勿論、馬酔木や紅葉が非常に美しく、
堂内の九体釈迦如来像は圧巻の一言!
もう少しアクセスが良ければ文句なしで室生寺と同率首位くらいです。


元興寺が仏様がほぼ無いのにランクインしているのは
ならまちの中心地にあるアクセスの良さに加えて、
飛鳥瓦が残っている事、桔梗や蓮の美しさ、地蔵会の荘厳さが飛び抜けているからです。
特にここの桔梗は本当に見応えありますし、
その桔梗が見頃の時期に地蔵会があって拝観無料になるのが嬉しいのです。


東大寺戒壇堂は一番有名なのが四天王像。
特に広目天の厳かな表情は私の中でベストオブ仏様。
入り口周辺にある桜の木も非常に見事です。


唯一神社でエントリーされたのが、春日大社ではなく石上神社。
ここの池と杜は私の杜フェチの原点でもあります。
そして何より、言葉で表現しきれない「崇高な雰囲気」を持っている神社です。
足を運ぶだけで癒されるだけじゃなくって、
何か力を授かれるような、凄く不思議な空間です。
秋になると神社周辺に彼岸花が咲き乱れるその姿も印象的です。


これが自分なりのお勧めベスト5。
時間に余裕がある方は是非お参りする事をお勧めします。


ちなみに京都のベスト5は
・青蓮院門跡(東山)
・鹿王院(嵯峨)
・南禅寺水路閣(東山)
・貴船神社(鞍馬)
・祇王寺(嵐山)
です。



写真はマンネリ化を打破する為、密かに行こうと決めていた「鶯の滝」。
落差10メートルと小ぶりではありますが、
近鉄奈良駅から徒歩2時間で体験出来る秘境。
この水が佐保川へと続き、奈良盆地を流れていく訳です。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-03-31 23:54 | PENTAX K20D

その姿は、まさに私

【春日の杜(上禰宜の道)】
e0145635_1940948.jpg



バイト先に私と同い年の新人が入ってきました。


新人さんなんで、業務が未熟なのは致し方無いとして、
色んな事をやりっ放したり、適当だったり
人のアドバイスを全然聞いてなかったり、
まぁ手のかかる方です。


今日は連絡無しで遅刻してきた上で、ヘラヘラとしていたので
「自分、人としてそれはないで」と私が言った一言を
彼がどう捕らえたかは彼のみぞ知るですが、
私がそんな一言を放っている事に新店長がビビッてました(笑)
まぁ、普段お茶らけてる私がこんな事を言うと思ってなかったのでしょう。


私は遅刻は半年に一回くらいしかしませんが(私も人間ですしね)、
その時はちゃんと連絡します。
その辺はバイトとか社員とか関係なく
やっぱり人としてちゃんとせんとな、と思うのです。


とは言うものの。


一年前、社員としてこの店に来た時は、
仕事っぷりも適当だったし、
多分人からのアドバイスも聞いていなかった。
新人の彼の姿はそのまんま一年前の私そのもののような気がしました。


そこからどれくらい自分が人として成長出来たのかは分かりませんが、
客観的にそう思えた分、ちょっとはまぁ成長したのかな、と。


まだまだ自分自身バイトでの仕事内容は反省しきりなのですが、
こんな自分でも頼られる先輩になってしまったんだなぁ、と。
もう一年が経つんだなぁと。


あと10日ほどでまた一つ歳を重ねます。
「男は35歳から!」と豪語して止まない私が
ついにその「35歳」になります。
これからは楽しく歳を重ねたいですな。



写真は、何の変哲も無い春日原生林の風景。
位置的に言えば、春日大社のすぐ南の上禰宜(かみねぎ)の道。
パワースポットと呼ばれる春日大社内の金龍神社付近です。


しかし、私もこういう写真というか、こういう構図と言うか
ワンパターンではあるんですが、「森の中の小道」って、
凄く大好きなんですね。
間違いなくこの手の写真を撮っている時の自分は
テンション上がりまくってます。
誰が感動するでもなく、自分が感動しきりなのです。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-03-30 19:55 | PENTAX K20D

やれば出来るやんか

【氷室神社の枝垂桜】
e0145635_23182392.jpg



元テニスプレーヤーの松岡修造さん。
あの人の精神論は、聞いていて心地良い。
ってか楽しい。


ダイエットを始めて2ヶ月しか経って無いのですが、
数字で見れば10Kg以上の減量に成功。
やれば出来るやん、と自分で思うのも仕方が無い。


ここ三日ほどイベントが続いて、食事の量が増えると
勿論体重だって比例して増えるのは、
足し算が分かれば理解出来る話です。
まぁ、それはそれでOKやなと思っているのですが。
後で運動すれば良い!


とは言え、ここ三日で自分の元来の食欲にビックリ。
本当にめっちゃ食べます。
普通の人の倍食べます。
この食欲にしてあの体重だったんだな、と改めて痛感。


人一倍食べてしまうので、人一倍食欲をコントロールしないと
体重がコントロール出来ないという事にやっと理解出来ました。
そして実際やってみて、やれば出来る事も理解出来ました。



ひょっとしたら、今迄自分で「出来ない」って思ってた事は、
自分でそう思い込んでいただけで、
ひょっとやってみたら出来る事もあるのではないのかな?
と、ちょっと思ってみたり。
勿論、一時間以上宙に浮いているとか
物理的に無理な事は絶対無理だと思いますが(笑)
そう考えるとワクワクするような、しないような。




写真は奈良国立博物館の向かいにある氷室神社。
ここの枝垂桜は去年も私は撮影しています。


今年は何故かタイミングが合わず、
今回は夕方という桜を撮るのにとても難しい状況でしたが、
この美しさを前にすれば、順光だ被写体ブレだとか細かいテクニックはどうでも良くなって、
目の前にある美しさを表現したくなるのです。
勿論、その美しさの表現が楽である方が良いに越した事は無いのですが。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-03-29 23:34 | PENTAX K20D

悔しいけど、それは仕方ない

【元興寺小塔跡】
e0145635_2232310.jpg



今日、ふと無印良品に立ち寄って、ズボンの試着をしてみた。
ウェスト67センチのズボンが、少しきついけど十分穿けた。
シャツはMサイズでドンピシャサイズ。
去年買ったズボンやシャツもブカブカだ。


一年前の私は、一般的に見て「太っていた」と思う。
身長173センチにして、体重90キロ弱。
明らかに太っていた。


でも、その過去は変えられない。
そして痩せたからといって、欲しいものが手に入るかは別の話。
肝心要の本人が変わっていなければ、元の木阿弥。
悔しいけれど、仕方が無い。


34年間、自分の食欲に依存し過ぎていたのだから、
それをここ2ヶ月弱のダイエットくらいで劇的に人生が変わるとは思えない。


でも、辛くてもこれを続けよう!と思ったのだから、絶対に止めたくない。
ダイエットはあくまで「手段」で、本当の目的は
自分自身が代わらなきゃいけないから。


でも、「めっちゃ痩せましたね」って一言は凄く嬉しい。


写真はならまちにある元興寺の小塔跡。
入り口に庚申さんがぶら下がっているのが、
いかにもならまちって感じです。
庚申さんは京都の「八坂の塔」近くにもありますけどね。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-03-26 22:43 | PENTAX K20D

試されてたのか~!!!

【明日香名物~石物遺跡~「鬼のまな板」】
e0145635_21304493.jpg



今日は昼から統括が会議で外出。
時期店長も会議に出席という事で、同じく昼から外出。


残されたのは私を含めてアルバイト3人と新人の社員さん一人。


25日のコンビには忙しいのです。
今日も例外なく本当に忙しかったです。
何故なら25日は給料日の会社が多く、
その出たてホヤホヤのお金で公共料金を払いに来るからです。
もうレジは常に万札で埋もれてます(笑)


勿論給料が出たという事は財布に余裕があるので、
常連さんがいつもより多く色んなものを買っていきます。
お弁当がグレードアップしたり、
おにぎりが2個ぐらい増えてたり、
スイーツが増えてたり、
チキンや肉まんなどをついでに頼んだりと人により様々。


そんな今日に限って、開店作業をするアルバイトの子が
よりによって1時間遅刻。
開店作業をするのは彼女しかいなかったため、
なんと、1時間店が閉まっていた状態でした。


このブログの常連さんだとお分かりだと思いますが、
私のバイト先のコンビニはビルが閉まるとお店も閉まります。
朝7時に開店で夜11時に閉店です。
コンビニが閉店してるってのも珍しいと思うのですが。


で、そんなドタバタがあった日にお昼に店長クラスが不在。
私もそれなりに踏ん張ったのですが、色々と遣り残した事が山積みのまま引継ぎ。


帰る途中、ウォーキングをしながら
「今日は忙しかったなぁ~」と思ってたのですが、
ハッと気付いたのは「そうか、今日はトレーナーとして試されてたんだ!!」という事。


いや、別に何か責任を負うとかそういうレベルでは無くって、
普通に仕事をしていて、どこまで広い視野で物事を見られているかという
非常にシンプルで単純な事なんですけどね。


今迄だと「あぁ、出来てない自分ってあかんなー」と思うのですが、
色々振り返ってみると、
「そうか、次はこうやってやったらええやん」と思えた不思議。


バイトそのものは多分相当楽しんでいると思うのですが、
皆と一緒に同じ仕事をする為に、もっと楽しめる事があるのではないか・・・と。
勿論いつも来て頂いているお客様に喜んでもらえる為にも。


試されてますね。
多分今、これから社会人になる為のトレーニング期間なのだと思っています。
バイトとは言え、第三者からお金を頂いている身分。
「もっと良くなりたい」と思えるからこそ気付ける事。
うーん、これは大切だ!!!




写真は明日香の「鬼のまな板」。
伝説によると、この周辺に鬼が住んでいて、
夜な夜な通行人を捕まえては、このまな板で調理していたのだそうな。


実際のところは、古墳の中に埋めるはずの石室の「蓋」の部分だそうな。


むき出しのお墓の蓋を鬼のまな板に例える
昔の人たちの想像力に脱帽しきりです。


すぐ近くに「鬼の雪隠(せっちん=トイレ)」と呼ばれる石の遺跡がありますが、
これも石室の一部だそうです。
石室そのものを鬼のトイレに例えるのも凄い。
そもそも石室を見て「トイレ」っていう発想、
私には無いなぁ。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-03-25 21:46 | PENTAX K20D

The night

【マジックアワー in 高畑町】
e0145635_21105946.jpg



そういえば、半年前はこの夜の時間帯に、
アルバイトで働いていたんだなぁ。


生活のリズムを元に戻したくて、統括にお願いをして
朝勤務に変えてもらったのが今年から。
去年までは、普通にこの時間は働いていました。
9時過ぎだったら、最後の納品の前に
一台レジを閉めたり、最後の洗い物をしたり、
パックジュースの品出しをしたり、賞味期限切れの商品引いたり。


朝勤務になって、朝起きるのは辛いながら
普通の社会人のように通勤して、
夕方定時で上がった後に帰り道でウォーキング。


さすがに半年前からは想像も付かないくらいの変わり様。
トレーナーという肩書きは増えたものの
自分自身に何も背負ってるものが無い感じです。
そう、精神的にかなり楽になってきている実感。


そして帰りの50分弱のウォーキング。
そのウォーキングのうち8割が登り。
15分くらい続くゆるい坂道だったり、最後に50段近くの階段を上ったり。


階段を登りきった後の爽快感がたまらなくて。
特に階段に差し掛かる前はV字谷を一気に下った後、
少し登りがあってからの階段なので、
疲れはピークなのですが、
「とにかく登りきれ!」って感じで
重くなっていく足を必死に振り上げて登るのが楽しいのです。


お分かりだと思いますが、
私の実家は田舎です(笑)


写真は春日大社のすぐ南にある高畑町。
そこには奈良の夜景が綺麗に見える場所があります。
(一番のお勧めスポットはここでは無いのですが)
この日は三脚を使わず撮ったのですが、
いつどんな状態の夕焼け時に来ても、
雰囲気のある風景がここにあります。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-03-24 21:23 | PENTAX K20D

青空描写の難しさ(諧調をより滑らかに) リベンジ済

【高円山山麓から神奈備・生駒山を臨む】
e0145635_2325474.jpg



空撮影が好きな私にとって、空の諧調表現は
かなり撮影を終わった後に気をもむ部分であります。


写真を見て頂いて分かるかも思うのですが、
空の青色の濃淡でラインが出てしまうのです。
この濃淡のラインがあまり好きになれません。
まぁデジタルだから致し方ないのかもしれませんが、
何とかしてどうにかならないものかと、
絞り値を変えたりしながら、スムーズに諧調表現出来るように
悪戦苦闘している最中なのです。

今のところ逆光でF5.6くらいなら、
諧調の区切れはスムーズだと言う事が分かってきました。


夕焼け撮りは好きなので、
少しでも拘っておきたいポイントの一つです。


※兄貴のアドバイスを下にRAWデータから直でいじってみました。
諧調の差は歴然。


e0145635_23282211.jpg



学びと失敗こそ、成功への近道ですね!!
[PR]
by keisukerudolf | 2010-03-21 23:29 | PENTAX K20D

誰よりも楽しんでる

【松明の炎】
e0145635_22182754.jpg



昨日、一昨日と二日連続で日帰り旅行をしておりました。
別に遠出をする訳でもなく、奈良の明日香と京都を旅してたのです。
理由は、バイト先の仲の良いやつが来月一杯で実家の関東に帰るので、
折角なので関西を案内しよう、という事だったのです。


しかし、案内している私本人が一番楽しんでいたかも知れません(笑)


気合入れて3DAY周遊チケットを購入したり、
お寿司食べたり、豆乳プリン食べたり、
一保堂でお茶したり、食べ放題したり。
食べてばっかだな(笑)
おかげでここ二日だけで2Kg太りました。
そして今日一日で1.8Kg落ちてました(笑)


今日、心療内科の定期診断があったので行ってきました。
ドクターに「感情はどれだけ抑えようとしても出てくる。その感情を大切にしなさい」と。


楽しいなら、楽しい。
悔しいなら、悔しい。
悲しいなら、悲しい。


その湧き上がった感情は決して嘘では無く、
それは本心で感じたもの。
それを無視する事無く、大切にして
その感情と上手に付き合いなさい、という事らしいです。


だとしたら、自分の感情に非常に素直な最近の私は、
多分良い状態に向かいつつあるんだなぁと、思っています。


写真は別館で先行配信していた(笑)お水取りの写真。
ひょっとしたら今年のお水取りの写真で
一番私が気に入ってる一枚かも知れません。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-03-19 22:28 | PENTAX K20D

不思議な平穏

【松明を担ぐ童子】
e0145635_22342087.jpg



久しぶりに一ヶ月前のセルフカウンセリングノートを読み返して、
その当時の自分の心の激しい揺れを見てました。


今になってしまえば、冷静に「何言ってんだ」と突っ込めるものもあれば、
「なるほど、この時にこう思えたから、今があるんだな」と
妙に納得する文章もあり。


特に何に共感するかと言うと
「失敗する事から逃げようとするな」っていう部分です。


バイト先のコンビニ。
「コンビニエンスストア」だけあって、利用する方の便利を追求しているもの。
食べ物も飲み物も文具用品や日用品、切手に宅急便の取り扱いや
チケット発券、公共料金振込みなどなど・・・
単にレジでお客様と接していても、
提供しているサービスの幅って半端無い。


昔は失敗する事や、知らないって言う事が怖くって、
普通の買い物のお客様以外は怖くって仕方なかったんですよ。
宅急便とかややこしいの持って来るなよ~って
心の中で思ってたりしてたのも事実です。


でも、自分が本当に変わりたい!って思えるようになってから
普通の買い物じゃないお客様が来るのが
そんなに怖く感じなくなりました。
正直初めて取り扱うサービスとかお客様の方が良く知ってたりして
(サービス提供者として恥ずべき事なのですが)
恥かきながら、でも色んな事をさせてもらってます。


そしてバイトが終わった後にセルフカウンセリングをしているのですが、
なんかこう、平凡な言葉で言うと「充実してるなぁ」って感じたりします。


昔だったら「何でこんなミスなんかしたんだろう?」とか
自分の行動を分析したりしたのでしょうが、
今の自分はそんな事をしなくなって、
むしろ「今日はミスしてこんな事が知れた」とか、
いたって普通な感覚なのです。
ミスが多ければ多いほど、何だか嬉しかったり。


なので、セルフカウンセリングも非常に平穏な文字が並んでます。
自分の本心(「もう一人の自分」と呼んでいた時期もあり)と格闘していた時期は、
本当に「格闘」に相応しく、何故? どうして? どうやったら良い?の連続で、
非常に攻撃的な文字が続いていたのですが。


不思議な平穏が続いているのが不思議です。



写真は修二会プレイバック。
松明を担いでいる童子さんの後姿です。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-03-16 22:54 | PENTAX K20D

そういえばホワイトデーでした

【奈良盆地の夜景】
e0145635_21223071.jpg



昨日はホワイトデーでしたね。
バレンタインよりもいまいち盛り上がりに欠ける気がするのですが、
こういう行事モノって案外良い「きっかけ」になる気がしてます。


母の日とか父の日とか海の日とかこどもの日とか、
年内色んな行事ってありますが、
行事があるから思い出せるってのもありますね。
反対にそれがないと思い出せないというのも寂しいですが。


良いんです。
要はきっかけなんですよ。
暦の中に「ヒント」が隠されているんですね。


久しぶりに私の恋バナ。



学生時代(特に大学時代)は本当に良く振られました(笑)


良いんです。
振られるだけ。
それまでは振られる事が怖くって、告白すらせずに
「きっと告白してもアカンし」と自分を変に言い聞かせて。


今思うと勿体無い。


そりゃ逢って速攻告白ってのはそうそう無いと思いますし、
告白するって事は、それまでの好きになる過程があるからですよね。
良いと思いますよ。それで。


過程で全力を出し尽くしてたら、
どんな結果が出ても案外怖くないんだな、と。


別に昨日誰かに告白して振られたとかそういうのは全く無いのですが(笑)、
今日、必死にバイトしてて、自分のすべき事を精一杯やって、
勿論日課のウォーキングもやって(祝・一ヶ月継続)、
この過程で誰かと出会って好きになって、
結果振られても、全然辛くないなと感じたのです。
フリーターではありますが、そんな私は幸せです。


写真はお水取りの最終日、
松明が全て終わった後に開放された二月堂から
奈良盆地の夜景を撮ってみたものです。


そういえば最近夜景見て無いな、と思いました。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-03-15 21:34 | PENTAX K20D