<   2009年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

泣いて、泣いて、泣いた、ナイター

【興福寺五重塔とお月様】
e0145635_13392168.jpg



実はこの季節の楽しみがフィギアスケート。
母親がフィギアスケートが好きな影響があって、
別に誰のファンってのも無く見始めたのが4年前。


昨日の全日本選手権は釘付けで見ておりました。
個人的に大好きなのは武田奈也選手なのですが、
中野選手と鈴木選手のオリンピックを掛けた争いが見事で。
でも完全に鈴木選手の方が貫禄ありましたね・・・
中野選手は色々なプレッシャーに潰されちゃったかな。


結果は出てしまうので、それはそれ。
オリンピックに出られなかった中野選手も非常に輝いておりました。


私個人の話をします。


来年、資格取得に向けて動き出します。
昨日両親と話し合いをして、産業カウンセラー資格を取りにいきます。


一時期CDA(キャリアカウンセラー資格)を取る事で気持ちは傾いていて、
実際資格取得講座のガイダンスまで聞きに行ったのですが、
自分の中で「何か違う」って気持ちがどうしてもぬぐいきれなくて。


キャリアカウンセラーか産業カウンセラーか。


一時期、キャリアカウンセラーとして気持ちが固まりかけたのですが、
「本当にキャリアカウンセラーで良いのか?」
「自分のプライド(キャリアセンターで働く事)だけに拘ってないか?」
「自分の本当のぶれてはいけない軸は何か?」
でこの一ヶ月、ずーっと悩み続けました。


軸としてあったのは、「うつになった自分が施せる術を活かす」事。


今まで自分がやりたい事は後回しにしてでも、
親が望む事を優先してきた自分が、
初めて自分のやりたい思いを打ち明けて。


伝わらなくて悔しくて親の前で泣いて。


「俺のように病気で会社を去らなきゃならない目に逢う人を見るのは真っ平ゴメンだ」
私の根底にあるこの気持ち、多分父親には伝わってないだろうな・・・


一時間泣いて泣きじゃくって、やっと理解してもらって
産業カウンセラー資格を申し込む事を決めました。


来年も尚生きます。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-12-28 13:57 | PENTAX K20D

諦めて 己を認め 尚生きる

【元興寺小塔跡の冬】
e0145635_21105258.jpg



もう今年も残すところ僅かになってきました。


去年10月にうつ病発症により前の会社を退職し、
今年の1月は傷病手当金を頼りにする生活からスタート。
結局今年の8月にうつ病が再発し、現在も闘病生活中。
つまるところ、今年一年はうつ病との闘いの一年だったように思われます。


傷病手当金時代(去年の10月~今年の3月)は
仕事をしていなくても月に手取り20万弱の収入があったのですが、
今は週4日のアルバイトで月に手取り10万円弱。
収入は見事に半減。


占い師に「相当厳しい一年になる」と予言された通り、
就職も収入も本当に「泣かず飛ばず」の表現がピッタリくる一年でした。
しかも今年の1月末に彼女と別れてますから、
恋愛もサッパリな一年でした。


しかし、今年の8月にうつ病を再発し、正社員として働く事を諦めながら、
自分と向かい合ってそれでも尚生きる事を選んだ事で、
精神的には強くなってきたかなと思えるようになって来ました。


何があっても、「なるようになる」。
そう思えるようになったのが今年一年の収穫。
きっと何者にも変えられない大きな収穫です。


色々諦めて、自分と向き合って、そして「でも生きるんだ」と思える事が、
本当の幸せなんだと思います。


クリスマスのバカやろー。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-12-26 23:04 | PENTAX K20D

古都の夕暮れ

【興福寺の夕暮れ】
e0145635_23471796.jpg



去年もそうだったのですが、
年も暮れになると日没の写真が撮りたくなります。


去年は二月堂からの夕暮れを良く撮っていた気がします。
二月堂は三脚使用不可の為、別場所を探していたら
荒池から興福寺五重塔を眺めるスポットを発見。
まぁ今年の春に散々桜と五重塔で狙ってたポジションなんですが。
再発見、とでも言いましょうか。


今時期の早朝、「かぎろい」を見る事が出来るそうですが、
夕方はこれはこれで綺麗な夕焼けです。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-12-22 23:45 | PENTAX K20D

営業部長兼カメラマンとして

【寛ぎのひと時】
e0145635_13125797.jpg



このお店の販促物を結構買っていたり、
バイト仲間などにこのお店を紹介したりしてるので、
マネージャーやフェローさんからは
「まるで営業部長ですね」と言われる状態。
折角なのでそれに乗っかります。


私がいつも寛いでいる場所がこんな感じ。
タバコ吸いなので、喫煙ルームがある喫茶店はありがたいんです。
このご時勢、喫煙ルームが無い喫茶店もありますしね。


今日も手帳が再生の文字で埋まっていきます。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-12-16 13:19 | PENTAX K20D

再生の場所

【硝子越しに眺める】
e0145635_2214071.jpg



「ブログに載っける程度なら大丈夫ですよ」


マネージャーに許可を頂き、通い詰めている喫茶店を。
「閉店後15分程度」という限られた時間で許可を貰いながら、
今回は「いつもお店で寛いでいる時の自分の目線」をテーマに
色々とシャッターを切ってみました。


私がこのお店に通う理由。


ここには書ききれない山ほどの理由がある中で、
確実に言える(且つ文章として書けるw)二つの理由。


このフェロー(アルバイト)さん達の接客スタイルが、
同じサービス業(っても私はコンビニですが)でバイトしている私にとって、
非常に良い刺激になっている事です。
本当に良い「おもてなし」で色んなお客様をお迎えしているその姿は、
サービス提供者の私も、かなりヒントを頂いています。


そしてもう一つ。
このお店で私が必ずしている事が「自分を見詰めなおす事」。
別に大した事をしている訳では無く、
当日(もしくは前日)あった事を、自分が思ったままに手帳に書いて、
それを書いては見直す、という作業です。
特に何かあった時の自分の心境描写をしています。
うつ病と向き合う手段の一つで、「認知療法」とも言われています。


そうする事で、今の自分はどういう感情なのか、
何かが起った時に自分はどういう感情でどういう反応をしたのか、
過去と比べてどう変わったかを自分で理解出来るようになってきました。


セッカチで慌てん坊だった自分が、マイペースで居られる事を
受け容れている事や、それを許している事を最近感じられるようになって。


少しずつですが、自分自身が再生している気がしています。
いや、再生ではなく、本来あるべき姿を見つけつつある、と
表現する方が正しいのかも知れません。
逆に言えば私の34年間は、本来あるべき姿から相当懸け離れていた訳です。


自分を見詰めなおして、自分を取り戻せる場所。
そういう場所があって良かったと常々思っています。
そしてそんな場所がこのお店で良かったと思う毎日。
フェローの皆さんに「いつもほんまにありがとう」と心で思いつつ、
話をする時は、相当はっちゃけてますが・・・
[PR]
by keisukerudolf | 2009-12-13 22:27 | PENTAX K20D

続・行く河の流れ

【京都・円山公園にて】
e0145635_22552876.jpg



49mm口径用NDフィルターの4と8を重ね合わせて、
日中に手持ちでスローシャッターにチャレンジ。
三脚を持っていったのに、台座を忘れるなんて・・・


おかげで手持ちで撮影が可能な限界までシャッタースピードを落として
撮りまくって数でカバー。


もっとシルキーな川の水面を表現したいのです。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-12-09 22:57 | PENTAX K20D

たまにはこんな写真だって撮る

【サザンカ】
e0145635_225413100.jpg



朝からの雨が止んで、気温は上がらず太陽だけが出て。
春日奥山遊歩道には一日中霧が立ち込めておりました。


今日と言うこのタイミングで、カメラを持ち歩かなかった事を、
若干残念に思いながら、
霧が出た春日奥山遊歩道の美しさを目の当たりにする事が出来て、
紅葉が終わって写真へのモチベーションが少し下がり気味だった私を
奮い立たせるには十分すぎる景色でした。


原生林に広がる凛とした空気感。


荒々しいながら、原生林の枝を掻い潜って届く
光の筋と、その光の筋を行き交う水蒸気の動き。
表現したい情報がそこには山ほどあり、
そのタイミングを凄く待ちたいと思いました。


そして次にお目にかかれたその光景を撮影する為に
例え貧しかろうと辛かろうと生きている事が、
「自分が自分である事」であり、
「自分らしい事」なんだろうな、とふと思い立ちました。


その「時」が来るまで、何があろうと待ち続けようと思います。


んな筋書きはどうでも良くって、
写真は我が家のサザンカ。


杜フェチの私ですが、自分の家の庭の木だって
撮ろうと思えば撮るんです(笑)
[PR]
by keisukerudolf | 2009-12-05 23:00 | PENTAX K20D

紅葉写真だけではない

【本来の春日原生林の姿】
e0145635_23234918.jpg



無論、こんなのは春日原生林のほんの一部分に過ぎない写真なんですが、
私が描写したい春日原生林ってこんな感じです。


ファインダー覗くたびに、
「撮れるもんなら撮ってみなさいよ」と言わんばかりに、
手付かずの大自然が広がってる訳ですから、
杜フェチの私からすれば、
どこをどう撮って良いのか分からないまま、
試行錯誤を重ねております。


もっと絡み合う枝が多くって、もっと奥行きがあって、
もっと色が多くて、もっと濃淡があって、
本来の姿を再現するのが本当に難しい場所であります。


春日の神様が住む杜な訳ですから、
そう容易く写真に納まって頂けるとも思ってません。


とは言え、なんとかして撮ってみたいなー。
More まほろば、More フォトライフ。
Love奈良。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-12-02 23:29 | PENTAX K20D

私は嫉妬深い人間だと思う

【奥山遊歩道】
e0145635_2356344.jpg



あ、タイトルにドン引きしないでね(笑)


まぁ結構ストレートに自己表現してるので、
嘘偽りは全く無いのですが、もう少しオブラートに包めば良かった(笑)。
それが出来ないのがわ・た・し♪


多分、小さい頃から色んな周りの子供と
比較されながら育ったからかどうか知りませんが、
私、結構嫉妬深いんです。
普通、嫉妬は第三者に向けられるのが普通なのですが、
矛先が自分自身に向く時もあります(笑)


半月の間、休みの日になったら必ずと言って良いほど
奥山遊歩道の五色のモミジを撮りに行ってたのですが、
それなりに撮れる写真に嫉妬します。
そして「ふん、次こそはもっとちゃんと撮ってやるんだから!」と
自分自身に敵意満載(笑)


半月粘って、ようやっと五色のモミジが見頃になって、
写真として「これは良いなぁ」と写真は、
五色のモミジとは違う場所の紅葉写真(笑)
五色のモミジも凄く綺麗だったんですけどね。
自分らしい写真って事で、この写真が好きなんです。


良く「hidekirudolfさんと誰々さんは性格一緒だ(似てる)から話が合うよ~」
って言わる事があります。
そういう時、得てして相手に嫉妬している自分が、
非常に大人気ないなぁ、と思ってみたり(笑)


多分、まだ自分自身の事を本当に好きになれてないんだろうな。
なるようになると思ってるんですが。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-12-01 00:03 | PENTAX K20D