<   2009年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

西ノ京の古刹

西ノ京には薬師寺と唐招提寺の二つの古刹があります。
去年、薬師寺に行ったのですが、唐招提寺は目の前を通り過ぎただけで。


縁合って、唐招提寺を訪れる事になりました。



e0145635_134527.jpg




【本堂の鴟尾】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/200sec
F3.5
露出補正 2.0
ISO感度100




e0145635_1371781.jpg




【戒壇】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/80sec
F3.5
露出補正 -0.3
ISO感度100




唐招提寺を訪れた感想だが、言葉にしづらい。
結構寺自体は広い。
庭の手入れもしっかりしているし、杉の木に苔生している庭は美しい。
しかし、京都の寺のような美しさは唐招提寺には無い。
どちらかと言えば、簡素で質素で味気ない、と言うのは言いすぎか。


しかし、見ごたえが無いかと言われればとんでもない事である。
本堂に祀られてある巨大仏像などを見れば分かる。
天平時代から残されてある仏像などの姿は、
見るものを圧倒することである。


唐招提寺が質素、と感じたのはこの寺が律宗の寺だからだろう。
つまり、このお寺はお坊さんを育てるお寺である。
檀家、というものが存在しない。
だから権力者の出資がなければ改修もままならないほどだったそうだ。
つまり質素にせざるを得なかったのだ。


薬師寺しかり唐招提寺しかり、奈良のお寺が復興しているのは
近年になってからだそうだ。
世界文化遺産に登録され、奈良では遷都1300年祭りが来年にある。
それでようやっと脚光を浴びつつある。


e0145635_13212655.jpg




【開祖鑑真が眠る】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/4sec
F4.5
露出補正 -0.7
ISO感度100




東シナ海の荒波に飲まれ、失明をしてでも渡海してきた鑑真和尚の墓である。
現代の世をどのように見ているのだろうか。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-01-30 13:22 | PENTAX K20D

浅茅ヶ原、再び

私が「奈良公園の中で最も美しい場所」と思うのが、
これまでも取り上げてきた「浅茅ヶ原」だと思います。

常緑樹の描く曲線が醸し出す陰影や、それに混じる鹿達。
実に奈良らしい美しさを体現している場所だと思います。



e0145635_22495422.jpg




【日差しの中の鹿】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
WB太陽光
1/30sec
F4.0
露出補正 0.0
ISO感度100




今までこのような写真を何枚も撮りましたが、
ようやっとある程度納得の行く写真が撮れました。
どうやら標準レンズや広角レンズよりも、中望遠レンズの方が
こういう描写は得意なのかも知れません。



e0145635_22541495.jpg




【貫く川】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
WB太陽光
1/100sec
F3.5
露出補正 -0.7
ISO感度100




浅茅ヶ原を流れる川の源流は、すぐ東にある春日大社の奥にあります。
川の水は鹿にとって飲み水にもなり、沐浴が出来る場所でもあり
つねに鹿がたむろしている場所です。



e0145635_22565344.jpg




【そのベンチに残る想い出】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
WB太陽光
1/200sec
F3.5
露出補正 0.7
ISO感度100




私を始め、いろんな方がこのベンチで愛を語らった事でしょうね。
鹿はそんなロマンスが分かるのかどうか、
じっと見詰めておりました。



e0145635_2259776.jpg






【木漏れ日の浅茅ヶ原】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
WB太陽光
1/50sec
F3.5
露出補正 0.3
ISO感度100




天候問わず、私の好きな場所です。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-01-29 23:00 | PENTAX K20D

この季節の裏に

ネタはいっぱいあるのですが、溜まる一方。ヤバイっす。



e0145635_2210615.jpg




【稲淵集落の棚田】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/60sec
F8.0
露出補正 0.3
ISO感度100




まだ明日香には春は来ていませんが、
春になればこの辺りはコスモス畑になります。
秋になれば彼岸花一色になります。


去年明日香に来ましたが、稲淵の棚田までは見てませんでした。
今年こそは是非行きたいものです。



e0145635_2213811.jpg




【宮跡】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/60sec
F8.0
露出補正 0.3
ISO感度100




その昔、天智天皇が即位する前にお宮を置いた場所だそうです。
明日香の石舞台の裏っ手にあります。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-01-28 22:16 | PENTAX K20D

厩戸皇子の生まれた寺と亀石

e0145635_10453451.jpg




【橘寺】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/160sec
F8.0
露出補正 0.3
ISO感度100




先日も少し記事にしましたが、
現在の教科書でも「聖徳太子」とは教えないそうです。
実在がはっきりしていないからだ、といわれています。
聖徳太子のモデル(?)になっている一人が厩戸皇子。



e0145635_10501154.jpg




【橘寺境内】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/250sec
F8.0
露出補正 0.3
ISO感度100




皇子が可愛がっていた「黒駒」という名前の馬の銅像があります。
この日は平日という事もあり、参拝者は私含めて2名。
実に静かでした。



e0145635_10521455.jpg




【二面石】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/40sec
F8.0
露出補正 0.0
ISO感度100




人間の二面性を表現している、といわれている石です。
明日香地方は奥深い石が一杯ありますね。
厩戸皇子の生まれたお寺に二面石があるのが
実に奥深くていいと思います。



e0145635_10541535.jpg




【桜の頃を思う】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/125sec
F8.0
露出補正 0.0
ISO感度100




桜咲く頃、私はどうなっているのか今は分かりません。
病気から開放されて働いているのか、
それともまだ病気と闘っているのか。
そんな事を忘れさせてくれる大きな桜の木でした。



e0145635_10563668.jpg




【亀石ドアップ】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/50sec
F8.0
露出補正 0.3
ISO感度100




先日當麻寺に行ったので、亀石さんに報告してきました。
相手は石なので、表情は変わりませんが、
その歴史に少し触れる事が出来たからでしょうか、
亀石の表情も少し和らいで見えました。

そして、亀石に鼻らしいものがある事に気付きました・・・



e0145635_10585450.jpg







【左斜め撮り】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/40sec
F8.0
露出補正 0.3
ISO感度100




「ほんまに亀なんかな?」と思わせる一枚です。
何となく、人間にも見えます。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-01-27 11:00 | PENTAX K20D

明日香を彩る花達

e0145635_20413266.jpg







【飛鳥寺の寒椿】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
WB太陽光
1/30sec
F8.0
露出補正 -0.7
ISO感度100




サザンカは非常に良くお目にかかるのですが、
寒椿はあまりお目にかかれません。
これからなのでしょうね。



e0145635_20442586.jpg




【咲き誇る蝋梅】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
WB太陽光
1/160sec
F8.0
露出補正 0.0
ISO感度100




蝋梅はあちこちで満開を迎えつつあります。
そろそろ梅も蕾がほころんできています。




e0145635_20455342.jpg




【歴史を花と眺める】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
WB太陽光
1/125sec
F8.0
露出補正 0.0
ISO感度100




川原寺から橘寺を眺めます。
かつてこの地に都があった時は、どんな様子だったのでしょうか。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-01-25 20:46 | PENTAX K20D

明日香への旅、再び

e0145635_22274081.jpg




【今は無き伽藍】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/250sec
F5.6
露出補正 0.7
ISO感度100




その名は大化山山田寺。
蘇我氏一族でありながら、蘇我宗家とは対立していた
蘇我石川麻呂が発願した寺である。
また、謀反の疑いを掛けられた石川麻呂が自害した寺でもある。
今は寺跡として残り、広大な伽藍跡を残すのみである。



e0145635_22384584.jpg




【飛鳥寺】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/125sec
F5.6
露出補正 0.0
ISO感度100




こちらは、蘇我宗家の氏寺の飛鳥寺である。



e0145635_22405913.jpg







【蘇我入鹿首塚と甘樫丘】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/200sec
F5.6
露出補正 0.0
ISO感度100




盛者必衰とはいつの時代のキーワードでもあるが、
これほどまでに盛衰をみた一族もそう多くはあるまい。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-01-24 22:41 | PENTAX K20D

考え方が変わってきたのか

e0145635_22524155.jpg







【戒壇堂の雨】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
WB太陽光
1/320sec
F2.5
露出補正 -0.3
ISO感度100




これまで、気圧の低下の影響もあるのか
雨が降るとうつが悪化する傾向にあったので、
雨の降る日は家でおとなしくしていたのですが。


何となく雨の日の東大寺を撮りたくなって近鉄奈良駅へ。


一旦近鉄奈良駅まで行ったのは良いものの、
結構雨が降りしきっているので、VIVREのタリーズで一休み。



e0145635_2301798.jpg







【講堂跡雨煙る】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
WB太陽光
1/8sec
F5.6
露出補正 0.7
ISO感度100




休憩したおかげで、心に余裕が出来たのか、それとも腹が括れたのか。
霧雨降りしきる中、東大寺へ行く事に。


自分がイメージしていた写真にかなり近付けたと思う。



e0145635_2323227.jpg







【水しぶき】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
WB太陽光
1/125sec
F1.8
露出補正 1.7
ISO感度100




雨の奈良は静かで雨音しか聞こえなかった。
驚く事に、晴れている時よりも情緒的に撮れている。


雨が降るからこそ美しくなるのかも知れない。
「雨だな~、嫌だな~」だったのが「雨だ、外に出るか」と
気持ちが変わりそうである。


ドクターにその辺の話をしたら
「それも一つの回復への暗示かもね」と仰った。


物事は考えようなのだろう。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-01-23 23:05 | PENTAX K20D

葛城、花の里

当麻寺はボタンの寺ですが、他の花も色々とありました。



e0145635_20515678.jpg




【サザンカ】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/200sec
F8.0
露出補正 0.3
ISO感度100




冬の花の代表格ですね。



e0145635_20534041.jpg




【モクレンの蕾】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/320sec
F8.0
露出補正 2.0
ISO感度100




梅の季節と同時期ぐらいに鮮やかな花を咲かせます。



e0145635_20553254.jpg




【枝垂桜】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/200sec
F8.0
露出補正 1.3
ISO感度100




やはり、寺には桜が合います。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-01-22 20:56 | PENTAX K20D

葛城、ボタンの里

当麻寺はボタンの寺です。



e0145635_2040448.jpg







【ボタン】
PENTAX K20D
FA43mmF1.9 limited
焦点距離43mm
WB太陽光
1/60sec
F8.0
露出補正 0.0
ISO感度100




e0145635_20415461.jpg




【ボタン2】
PENTAX K20D
FA43mmF1.9 limited
焦点距離43mm
WB太陽光
1/80sec
F8.0
露出補正 1.0
ISO感度100




e0145635_20432246.jpg




【ボタン3】
PENTAX K20D
FA43mmF1.9 limited
焦点距離43mm
WB太陽光
1/200sec
F8.0
露出補正 1.3
ISO感度100




K100Dを使っていた頃は、FA43mmの使い勝手を引き出せずにいましたが、
やはり、PENTAXが誇るFA limitedレンズだけの事はあります。
ツボに嵌ると、とてつもない表現をしてくれます。

寄れないのは気にしない。

ついでに、ボタンではないですが、蝋梅の写真を。



e0145635_20481064.jpg




【蝋梅と青空】
PENTAX K20D
FA43mmF1.9 limited
焦点距離43mm
WB太陽光
1/320sec
F8.0
露出補正 0.7
ISO感度100




万能レンズでは無いのですが、
鞄の中にヘビーローテーションです。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-01-22 20:46 | PENTAX K20D

葛城の名刹

当麻寺。


知っているようで、全然知らなかった寺だった。
長谷寺や大野寺、室生寺がある大宇陀エリアも足が伸びない地域だが
当麻寺がある葛城エリアもまた、足の伸びない地域だった。


何せねぇ~


電車を2回乗り換えですよ~
奥多摩に行った時は3~4回乗り換えましたけど。
温泉に行くのと寺に行くのとは訳が違います。多分。


で、ここ一ヶ月でレンズが2本増えまして。
広角レンズのDA21mmF3,2 AL limited、中望遠のFA77mmF1.8 limited。

広角はDistagon28mmF2があるのですが、
オートフォーカスが利かないので、中心点以外でピントを合わせるのに苦労し
それなら純正の広角レンズ行っとけ!と言う訳で。
FA77mmはその表現力に惚れて惚れて惚れ抜いていて
ようやっと手に入れた逸品です。
いずれアップします。



e0145635_2214155.jpg







【当麻寺山門】
PENTAX K20D
DA21mm F3.2 AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/200sec
F8.0
露出補正 2.0
ISO感度100




当麻寺は「境内」「中之坊」「西南院」「奥院」の4つに分ける事が出来ます。
分ける事が出来るというのは、4箇所拝観料が必要という事です(笑)
境内は本堂の中を覗かなければ無料です。
大徳寺とか妙心寺とかそんな感じです。




e0145635_226247.jpg




【東西の塔】
PENTAX K20D
DA21mm F3.2 AL limited
焦点距離21mm
WB太陽光
1/800sec
F8.0
露出補正 2.0
ISO感度100




古いお寺は昔から失火、つまり火事がつき物で
大抵本堂だけ残ってたりして、塔が残っているというのは数少ないそうです。
あの東大寺にも東西の塔があったといいます(今はありません)。
東西の塔を拝める有名な奈良のお寺と言えば、
他には薬師寺くらいでしょうか・・・?


当麻寺は花のお寺でも有名です。
特に「当麻のボタン」と言われるくらいボタンの花が有名です。
明日は花特集でいきます。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-01-20 22:10 | PENTAX K20D