カテゴリ:PENTAX K20D( 285 )

奈良と私

【奈良坂・神の杜】
e0145635_20585311.jpg



今日、久しぶりに難波から近鉄奈良線に乗って奈良まで。
近鉄奈良線に乗るのは全然久しぶりでも何でも無いのですが、
改めて難波から乗るのは久しぶりやな、と。


去年の今頃、今のバイト先が勤務先でして、
いつも休みが2週間ぶり、とかな日々でして。
あの頃は天満で一人暮らしで。


連休なんて記憶に無いんですが、
休みの日には決まって奈良まで来てたんですよね。
本当に、「わざわざ」って気がします。


当時カメラも勿論持って行ってたのですが、
ガチンコで写真やるほど精神的に余裕も無く、
シャッターも切らずに、奈良をフラフラ歩いて大阪に戻る事も。


行きの電車の中で富雄のトンネル越えると
「奈良に戻ってきた~!!!」ってテンション上がったのを
今でも鮮明に覚えてます。
仕事をしていて、相当奈良に飢えていたのだと思われます。


ふと今日思ったんです。


多分、私は奈良から離れちゃダメなんだろうな、と。


カメラをやり始めてからと言うもの、
人生で学ばなきゃならない事を、
「奈良を撮る」という事で数々気付かせてもらいました。
そんな奈良から私が離れる事に
今は少し違和感すら感じます。


私にとって、奈良でカメラやるのは趣味とかじゃなくって
多分、生きる事に相当しているんだろうな、と。


なので、別に奈良で写真を撮る仲間を必要としている訳では無く、
もっと言うなら、その写真をこのブログに載っける必要も全く無く(笑)、
このブログは単に私のメンタルな部分を載せる世界で、
写真はついでに載せてるだけ。


但し、メンタルな気付きが奈良での写真と
かなり紐付いているので、
多分やってるんじゃないかなーと思います。
実際、もっと「カメラ!」とか「写真!」っていうのは
別館でやっちゃってますしね。


ついでに言うと、私にとって奈良に行く事って
レストランに行く事と同じなんですよね。
味わう為に行く、嗜む為に行く。そんな感じ。


なので、一人でも全然平気ですし、
むしろ一人にさせてくれ、と言いますか。
早い話が「奈良オタク」なんです、私(笑)。
奈良の風景オタク。



何を奈良から教わっているのかは、
また時間があれば後日ちゃんと文字にしたいです。



今日の写真は東大寺から北に歩いて15分、
奈良坂と呼ばれる小高い丘の上にある
「奈良豆比古(ならつひこ)神社」の樹齢1000年のクスノキ。


奈良オタクで杜フェチの私にとって、
こんな風景はいつまでも味わいたい風景。
晴れの日も、そして雨の日も。
朝の時間帯でも夜の時間帯でも。


このクスノキには
「1000年前のこのクスノキは、今みたいに巨木でも無い。
 1000年経ったから今の姿がある」という事を
 教えてもらった気がします。


ある意味、日々是好日。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-05-22 21:17 | PENTAX K20D

食欲

【新緑なう】
e0145635_21402876.jpg



「決して正しくない」と思いながら、
朝しかちゃんと食事をしない生活を続けて2ヶ月。
(バイトの休憩時間にコーヒー飲んだりはしてたんですが)


そりゃ体重は相当落ちましたが、
その精神的反動が凄くって。


まぁこんな事、カミングアウトしなけりゃ絶対分からん事ですが、
この2週間ほど、反動で結構食べてまして。
特に夜食がひどい。


薬(安定剤と睡眠導入剤)を飲むと余計に
それまで抑圧していたのを解放させるので、
夜食に走る理由は分からなくも無い。
しかし、昨日にいたっては
コンビニに車に乗ってまで行くという行動に出てまして。


こんなの精神科のドクターじゃなくても
「こりゃ過食と拒食の連続やな」と言わんばかり。


家で夜に食事すると食べ過ぎるのを分かってて。
で、帰宅前に食事をすると金が続かなくなるのも分かってて。
しかしだからと言って「薬飲んだ後に車にコンビニ」はおかしい。
相当おかしい。


本末転倒も甚だしい訳で。
まぁバイト代出た直後なんで、
なまじ現金持ってると余計いかんですな。


単なる食事だけの話じゃなく、
私の「満腹感」そもそもが問題な気がします。
心が満たされりゃ、茶碗一杯の飯で
十分満足って分かってるのにね。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-05-12 21:50 | PENTAX K20D

策士、策に溺れる

【日の挿す方へ】
e0145635_21415353.jpg



産業カウンセラー養成講座の実技3日目。
実技は10人1グループの集団で行われます。
この「こじんまり感」が好きです。


今日はロールプレイング技法で、話し手(クライアント)が
何らかの人物を演じる方法です。


尤もカウンセラーからすると、ライブ技法であろうがロールプレイング技法であろうが、
目の前の話し手から、予測も出来ない話が飛び出してくるので、
その辺は全く変わりません。


でも目の前の話し手(クライアント)が、
「演じている、目の前の本人とは違う人」なので、
最初に出てくる話題が結構漠然としてるなー、って感じました。


実際カウンセラー役を体験して、
話し手(クライアント)の言葉を掘り下げていくと、
案外話し手本人の体験に基づく話になったりするのは
面白いなぁ~と感じました。


さておき。


今日、つくづく気付かされたのですが、
日常会話とカウンセリングって別次元なんですね。
日常会話が「会話」なら、カウンセリングは「対話」。


話し手(クライアント)が語る感情表現を逐一丁寧に拾っては、
相手の感情で理解出来るように質問をしたり、確認をしたり。


こんなの日常会話でやってたら、
普通の世間話だけで日が暮れますな(笑)。


カウンセラー用語で「相手の心に寄り添う」って言うんですが、
とにかく私も寄り添ってみよう!と思って
カウンセラー役をやってみたのですが。


とにかく相手の感情表現と「本当は何を伝えたいのか?」を掴もうとして
色んな技法をやってみました。


正直に、耳にして「あ、これ自分では理解出来ない言葉だな」と思ったらすぐ
「それは○○と捉えているのですが、違ってます?」と確認してみたり、
沈黙されても、慌てる事無くそれをあえて味わったりした訳なんです。


7分間のロールプレイングを終えて、ダメ出しを頂いたのが、
私の話すペースが速すぎたり、
私の口癖「なるほどなるほど」が、「本当に理解してるの?」と伝わってしまい、
結果、話し手の方が違和感を感じたんだとか。
本末転倒やないかい、俺(笑)。
タイトル通り、策に溺れてしまいました。


でも、凄くありがたかったのが
「相手の感情に寄り添っていこうという姿勢は凄く感じられた」と
コメントを頂いた事でした。


あー、スタンス(基本的な事)そのものは
決して間違ってなかったんだなーって。
私が場数を踏んでないので、やり方を知らないだけで。


それに気付けた事だけでも、めっちゃ収穫です。
実技で実践してみると、気付ける事だらけです。


なので、他の人はどうか知らないのですが、
私はカウンセラー役が終わっても、
また次も私がカウンセラー役をやりたいって思うんです。
(基本カウンセラー役をやれるのは、実技一回につき一度)


一つ肝心な事。
私はカウンセラー役で、何一つ話し手にアドバイスはしてません。
とにかく聴く。それだけ。




写真は、春日山原生林の風景。
山の中に一歩足を踏み入れれば、どこでも目にする光景。


ですが、この写真見てて思うのは
「あー、私はこの雰囲気感を表現したいんだなー」ということ。


具体的に言うと、本当に表現したかったのは
メインに映っている(と思う)木の枝じゃなくって、
その背景にある「やや白トビしてるけど、かすかに分かる木々の存在」。


日を浴びて、描写し切れていないんですが、
この部分があるからこそ、メインの木の枝のシルエットが
効果的に浮かび上がってくるんだよねー、って思います。


影があるのは、間違いなくどこかに光があるから。
そんな哲学的な事を連想しながら
自分の写真を見てますが、何か?
[PR]
by keisukerudolf | 2010-05-09 22:12 | PENTAX K20D

小論文作成

【春霞と五重塔~東大寺の高台から興福寺五重塔を臨む~】
e0145635_19325322.jpg



養成講座の話です。


実はですねー、過去に「作文を書いて」なんて言ってましたが、
これまでの作文なんて、序の口。
小論文と比べれば、の話ですが。


小論文、いわばレポート。
学生時代に(特に6回生時代w)は、良くやってましたし、
人事の仕事をしていた時は、色んな催し事に参加したら
レポートを提出しなきゃいけなかったので、
それなりに経験もあるんですが。


今回の小論文は勝手が違います。
学生時代(特に6回生時代www)を思い出します。
そう、扱う事が専門的だったり学術的だったりします。
比較して特色を述べる、とか、です。


ちなみに、課題を全て提出しないと講座終了になりません。
講座終了にならなければ、来年試験が受けられません。
試験が受けられないと、産業カウンセラーになりたくてもなれません。


是が非でも出さんとあかんがなっ。


「文字数600字以内」と制限があるのですが、
600字以内、という制限が実に厄介でして。


久しぶりにワードを広げましたよ。
人事の時に報告資料作る時依頼です。ワード触ったの。
文字数をカウント出来るので使ったんすけどね。


で、文字数をカウントせずに「とりあえず書こう」と
思いのまま書いてみたら、軽く1000字を超えてました(笑)
ん~、半分以上に濃縮しろってか。


で、今度は削除を続けて簡潔にしたら
今度は500字を割ってしまう。
9割は埋めなきゃいけないので、
540字は最低書かなきゃいけない。
「帯に短し、襷に長し」とは、まさにこの事か!!!


本当に久しぶりに頭使いました。


で、何が一番厄介かと言いますと、
ワードで起した文章を、提出用の原稿用紙に
わざわざ転記せにゃならんのです(笑)。


まぁ、筆記するだけで良いので、
気分的には山を越えた感じです。


あと2ヶ月は小論文から開放されるのは喜ばしいですが、
あと2回小論文の提出が残ってます。
うぉー。




写真は、今月の頭に東大寺を訪れた時に撮った一枚。


二月堂からも興福寺五重塔が見えますが、
春日大社から東大寺に向かう途中の高台から見るこの風景は、
個人的に「奈良らしい」と思う風景です。


でも、何故か写真にしてしまうと
いまいち「奈良らしさ」が抜けてしまうのは何故だ?
[PR]
by keisukerudolf | 2010-05-07 19:51 | PENTAX K20D

「ライバル」

【The arch of the Japanese maple~新緑の「洞のモミジ」~】
e0145635_2352428.jpg



私が今のバイト先に通いだして1年になりますが、
メンバーも相当変わりました。
ほぼ様変わりしたと言っても過言では無いくらい。


私が足繁く通う喫茶店。ここもここ一年でバイトが相当入れ替わった。
今年の3月まで働いていた女の子。
彼女の心地良い接客スタイルを見て、同じサービス業で働いていた(当時)私は、
彼女にライバル心を燃やしたものでした。勿論、良い意味で、ね。


好敵手と書いて、ライバル。


後日、二人でお茶する機会があって、
お互いの「接客とは何か」論を交わした記憶があります。
いやぁ、本当に刺激になって楽しかったなぁ。


今日、その喫茶店に行くと、後姿がその「ライバル」の女の子にそっくりな子がおりまして。
ライバルの彼女は今年3月に大学を卒業し、今は関東で働いている為、
「今会えるはずは無いのになぁ」と思ったら、やっぱり別人でした。
でも、ライバルの彼女を思い出すには十分なほどのそっくり感でした。


最近、何となく「ライバルがおらんなぁ」と思っていたのですが、
ライバルが目の前にいる事が重要なんじゃなく、
自分の中でライバルが「存在」している事が大切なんだなーと痛感。


だからと言って我武者羅に自分のテンションを上げる事が正しくない事は、
過去の経験で身に沁みて理解しているつもりです。
自分のペースを変えるんじゃない、
あくまで「ライバルの存在を再確認する」という事。
自分を高める為に。




写真は、今日訪れた春日山原始林。
秋にはモミジの名所と知られる「洞のもみじ」と呼ばれる場所。


しかし、今日は暑かったですな。
奈良市内はきっと30度を越えてたんじゃなかろうかと思います。
うっすら汗ばむくらいでしたし。


でも、この鬱蒼とした杜は非常に涼しかったです。
そして何より写真を撮ってて、
「つくづく俺は、ここの風景が好きなんやなぁ」と思える場所。
奈良で写真を撮り始めて、この原始林に何度足を運んだ事か。


そして、今回新緑のシーズンにこの場所を改めて訪れて、
春日原始林の良さを再確認しました。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-05-05 23:05 | PENTAX K20D

素直に、素直に。

【知足院門前】
e0145635_22135284.jpg



従兄弟が今年の年末についに結婚するらしい。
一昨日、妹からその話を聞き、
「めでたい」と感じると同時に、
「先を越された」という悔しさも感じました(笑)。


この従兄弟には「お見合い」デビューも先越されまして。
てか私はデビューすらしてへんがな。


従兄弟も当ブログのウォッチャーなんだとか。
この場を借りておめでとう。
是非とも嫁さんの友達紹介して下さい。


無論今、結婚出来る資金力なぞありゃしませんが、
そのスタートラインすら立ってない(彼女がいない)自分。
うーん、悔しいねぇ。
恋愛したくて仕方ない今日この頃。


と書きつつ、去年の今頃今のバイト先に
当時は社員として入社した事を思い出しています。


そういえば去年の今頃は天満で一人暮らししてたんですね。
社員で働く事に精神的にも肉体的にも限界を感じて
アルバイトに格下げしてもらってから、
家賃が捻出不能である事から、僅か3ヶ月で実家に戻りました。


まぁその経験が今の自分(産業カウンセラー講座受講含む)に繋がっているので、
全くもって結果オーライ。
そして去年の今頃の自分より、
自分の感情にはかなり素直になっている事にビックリ。
無理をする事に美徳を感じていた当時に比べると、
かなり無理である時にSOSを発信するという事を覚えただけでも
産業革命レベルの進歩を感じます。



写真は多分1ヶ月ぶりぐらいに訪れた東大寺知足院。


前回も書きましたが、このゴールデンウィーク、
東大寺大仏殿周辺は人だかりで、恐ろしい混雑だったのですが
ここ知足院は、一時間滞在していても、誰一人すれ違う事がありません。


奈良で一人のんびりしたかったので、
知足院の存在を知っていて、得しました。
かなり集中してカメラと向かい合ってた気がします。


奈良を味わう、これぞ私の休日の過ごし方の醍醐味な気がします。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-05-02 22:37 | PENTAX K20D

そして「私は何者だ?」

【陽だまりで転寝】
e0145635_21462277.jpg



改めて、このブログが色んな人に読まれている事実を再確認。


読まれてどうこう思う事は、全く無いのですが
ブログでこれだけ文章にしている、という事実と
相手と面と向かって自分の意見を述べるっていうのは
全く相反する事なんですよ、ということ。
裏を返すと、相手の顔を見ずに好き放題思っている事が書けてしまう
ブログっていうのは、表裏一体ですな。


最近、良く感じる事が、「自分は一体何者なんだろう?」という事。


あ、決して自己否定とかそんなんじゃ決して無くって。


どのようにされると嬉しくて、どのようにされると悲しくて
どのようにされると怒って、どうすると楽しいと感じるか。
俗にいう自分の「喜怒哀楽」のツボを色々と感じてみる。


今迄そんな事をした事が無かったので、
時々、過去の感情が一気に溢れ出す事もありますし、
その感情に一時的に振り回される時もあります。
先日の内容は、まさに一時的に振り回されていたそれ。


でも、自分の感情に素直であれるからこそ、
「あぁ、自分ってこうされると寂しいって感じるんだな」と
気付ける訳なんですよね~・・・。
そして、「事実(事柄)」じゃなくって「感情」じゃないと
理解出来ない事って多いんですよね。


私事ですが、私はうつ病になりました。


真面目すぎる性格が災いしたという見方も出来ますが、
最近は、それだけじゃないって事に気付きつつあります。
自分の感情に素直に従わず、それを表現して来なかった為に
自分の感情が捻れてしまっていたのもまた、原因の一つでした。


そして、これらは事実として、
それ以上でもなく、それ以下でもない。
ただ、その積み重ねで今があるというだけ。


私はそれに気付く事が出来た。
だから自分の感情に素直になろうと思った。


そうしていると、凄く自分自身に関心を持つようになるのが
これまた不思議なもので。
「一体俺はどんな感情を持った人間なんや?」と、
自分の反応を見るのが楽しみでもあります。


私はまだそこに気付けて良かったと思っています。
なるべくして、うつ病になったんだと思えば、
毎回の通院だって全く苦になりません(金銭的な事を除けば)。


そして、裏を返すと、気付けるチャンスはいくらでもあるのに
それに気付かないふりをする事も出来て、
それはそれで結構勿体無いんだな、とも思っちゃうのです。


親に自分の感情を初めて表現してみて、
カウンセラー講座で学んだ事が非常に役に立ったと、
何故かヘンテコリンなところで得してます。
そして、相手の感情を共感して理解する事って、
「相手の存在を認識して理解しないと絶対出来へんな~」
と、これまたヘンテコリンなところで役に立ってます。


相手が起した事実を理解する事と、相手の感情を理解する事は
全く次元の違う話ですしね。




今日、また大神神社に行ってきました。
写真はその中のスナップ写真の一枚。
完璧にスナップ以外の何者でもない写真です(笑)


空気は冷たいのですが、暖かい日光を浴びて
日中、日向にいる時は凄く爽やかでした。
昼過ぎに大神神社の南にある「平等寺」を訪れると、
参拝者がどれだけ来ても、マイペースにグースカ寝てる猫発見。
撫でても触っても、とにかく気持ち良さそうに寝てます。
癒されました。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-04-29 22:15 | PENTAX K20D

「とっても寂しいんです」

【晩春の雨~北山辺の道~】
e0145635_2048494.jpg



自分と正直に向かい合えるようになったのが、
去年の8月末だと思います。
「自分の為に自分にカウンセリングをしよう」
と思ったのがきっかけです。


その時からず~っと心内に引っ掛かっていた事があります。
そして、それは自分のテーマのように感じている感情。


「寂しさ」


過去にも「私は自分の存在を認めて欲しいと泣いている子供」と表現しましたが
その言葉に嘘偽りは一切無いと思います。


行動を認められたり、結果を褒められても
まぁそれは嬉しいっちゃぁ嬉しいんですが、
それ以前に、相手に存在を認められているかが
「嬉しい」っていう感情を大きく左右していました。


実際向かい合って喋ってるけど、多分相手の中に自分が居ない、って感じる瞬間。
皆さんあります?
それとも私の単なる被害妄想なのかな?



写真は、北山辺の道にある円照寺参道。
ここに桜の木があると気付いてなかったのですが、
咲いて初めてここに桜が咲くんだって知りました。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-04-26 20:56 | PENTAX K20D

そこには「魂」が存在する

e0145635_2330536.jpg



事前に断っておきますが、
このブログにはオカルトなスピリチュアルな事を触れるつもりは毛頭ございません。


産業カウンセラー養成講座の実技2日目。


グループ全員の前でカウンセラー役(聞き手)とクライアント役(話し手)が、
カウンセリングを実践する、という一日でした。


話すのが苦手な私は、一発目の発表でさっさと話す事を済ませました。
この辺は、いかにも私らしいやり方。
で、昼休憩直後に私が今度はカウンセラー(聞き手)として登場。


「カウンセラー養成講座」ですので、
まさにどうやってカウンセリングをするのか?を実践する場なので、
いくら覚悟が出来ているとは言え、緊張します。


特に周知の目に晒される(と書くと語弊あるかな? 皆に見やすい場所に座るんですが)と、
本来カウンセラーとしてしなきゃいけない事が、
スポーンと頭から抜けてしまうんですねー。


実際にやり終わった後、レビューを受けるのですが
決定的なダメ出しを受けた訳では無く、
「もっとこの話に違う反応で切り込めたのでは?」というもの。


でもねー。


私自身は、「大切な事に気付かされたなー」と後から痛感したんです。


カウンセラーって、話す方のストーリーそのものの事柄に反応するんじゃなく、
話をされる方の感情(どう感じたか?)に反応して、
それを一緒に掘り下げる手段を取るんですよ。


実際やってみると、話のそのものに反応してしまうんです(笑)。
核心には触れず。
何故なら、その方が楽なんです。
普段の会話と同じ状態ですからね。
この辺が、カウンセラーと一般の相談の違いでもあるんですが。


で、何に気付いたかっていうと、端的に言うとタイトルそのものなのですが。
もっと噛み砕いていうと、相手に向かいあうって事は、
相手の方の魂と触れ合う事なのだな、と。
つまり、生きている人の感情と向かい合う事って
思っている以上に普段は避けているんだなぁ~って思うんです。


ともすれば、その人のとった行動だけしか見ない。
遅刻を例に挙げるなら、遅刻した事実しか見ずに、
定刻に間に合わないという状況が何故発生したのか?を見ようとしない。


ひょっとしたら、朝起きたら脈拍が異常で起きられなかったのかも知れない。
単なる寝坊なのかも知れないけど、
何か原因があって夜寝付けなかったのかも知れない。
無意識のうちに「間に合わなくて良いや」と感じたかも知れない。


一つの行動って色んな「理由」が存在するんですね。
まして人が生きているから、色んな感情がある訳で。


カウンセラーとして、目の前にある魂に向かい合うって
難しいんですが、これって出来たら凄いだろうなぁ~と感じまして。


それを思うのは、私が実際に話しを聞かれている立場を
「うつ病患者」として経験しているからこそ、
余計にそう思うんですよね。
そして本音を語りたがらない私の本音を引き出したドクターは
きっと私の魂と向かい合って、その姿を私が感じられたから
徐々にドクターに本音が言えるようになったんだろうなぁ、と。


魂があるからこそ、言霊も存在するんでしょうしね。


要約すると、
「カウンセラーはクライアントの魂の叫びを感じ取る」
これに尽きるんじゃないかな、と
今日の実技で学びました、と言う事。
振り回されるんじゃなく、ね。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-04-25 23:53 | PENTAX K20D

やるなら、ここまでやらなきゃ。

【竹林の風景~北山辺の道~】
e0145635_22381484.jpg



今日は肩の力を抜いて、脱力系の話題で。


私は奈良県民なのですが、バイト先は大阪。
バイト先に行く時に必ずお世話になるのが、大阪市営地下鉄。


で、JRとか私鉄とかの車内で、自社のポスターとか良く見ますよね。
大阪市営地下鉄にも自社ポスターがあるのですが、
良い意味で馬鹿馬鹿しすぎて非常に面白い。
私個人的に、毎回新しいポスターが楽しみだったりする。
調べてみたら、それ専用のサイトまであった。
どこまで私のツボを心得ているのだ、大阪市交通局。


早い話、昔の日活映画チックなポスター。
てかそのままをオマージュしています。


オマージュするにも、まずタイトルのセンスが良い。
そして、実に芸が細かいのだが、出演者の名前のこじつけ方が
見ていて噴出すくらいこじつけ過ぎてて、逆に良い。


出演者だけじゃなく、脚本とか演出の人名までこじつけているのが
本当に細かすぎて、そのこだわり方に好感が持てる。
本当にこのポスターの作者と語らい合いたいくらい良い。


実際このタイトルで2時間半も映画化出来たら、
そりゃ凄いわ、とふと感じなくも無い(笑)。
30秒程度のCMならいざ知らず。
でも、ポスターを見ただけで映画化されている光景を想像するだけで
それはそれで結構面白い。
まぁ私だけだと思うが(笑)


しかし、小中学生がこのポスター見ても
多分理解できん(元ネタ含め)と思うのは私だけか?
私は理解出来るし、大好きなセンスなのだが。




写真は、北山辺の道の竹林。


竹林と言えば圧倒的に京都は嵯峨嵐山、と言うイメージですが、
どっこい、知名度もマイナーすぎる場所に、
私がイメージしていたまさにその通りの竹林発見。
私のイメージする竹林って、こういう風景なんですよね。
道がある竹林も大好きですが、
そうじゃない竹林(道外れの竹林、という事も出来ますが)もまた
実に絵になる風景なんですな。


そして、そんな風景を一時間でも二時間でも
独り占め出来そうな場所というエッセンスこそ
私が今、北山辺の道にのめり込んでいる理由の一つかも知れない。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-04-23 22:55 | PENTAX K20D