古都の春シリーズ その1「樹齢400年の枝垂桜」

写真を始めて1年ほど経ちますが、奈良の春に関しては本当に疎いです。
そもそも奈良の写真を撮り始めたのが、去年のGWからです。


しかし、紅葉シーズンに桜の場所をある程度目星を着ける事が出来たのと
色んな新聞や雑誌で奈良の桜特集など情報を手に入れる事が出来たので
桜の名所と言われる場所の知識は増えてきました。
後は撮るだけです。これが難しいんですが(笑)


今日からシリーズ化して古都奈良の色んな春をアップしたいと思います。
第一弾は樹齢400年の枝垂桜がある氷室神社です。


e0145635_21565893.jpg





【氷室神社枝垂桜】
PENTAX K20D
DA21mmF3.2AL limited
焦点距離21mm
1/400sec
F5.6
露出補正 0.0
ISO感度100

e0145635_21584445.jpg




【氷室神社枝垂桜2】
PENTAX K20D
FA43mmF1.9 limited
焦点距離43mm
1/320sec
F3.2
露出補正 0.3
ISO感度100

e0145635_21584911.jpg




【氷室神社枝垂桜3】
PENTAX K20D
FA35mmF2AL
焦点距離35mm
1/60sec
F11
露出補正 1.3
ISO感度100




氷室神社と言われても、私もいまいちピンと来ませんでした。
奈良国立博物館の真向かいにある小さな神社です。
神社のすぐ裏が東大寺です。





大きな史跡の間にポツンとある小さな神社ですが、
枝垂桜の迫力は恐らくどこにも負けないかも知れませんね。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-03-27 22:02 | PENTAX K20D
<< 古都の春シリーズ その2「白毫... 春来たるらし 明日香の里 >>