奈良公園で好きな場所

私が何も計画を立てずにカメラと三脚を担いでいる時は、
基本的に奈良公園で写真を撮っています。
家から1時間も掛からないし、拝観料もいらないのに
景色は綺麗だし鹿は一杯居るし。


前職を休職~退職してから半年が過ぎますが、その半年のうちかなりの割合で
奈良公園内に出没している気がします。


その中でも私が被写体として好んで撮影しているポイントは絞られます。
・春日大社ささやきの小径(下禰宜の道)
・東大寺講堂跡~二月堂
・奈良公園浅茅ヶ原
・奈良公園浮見堂
・興福寺五重塔


この他にも
・ならまち格子の家
・ならまち元興寺塔跡
併せて7箇所、私が大体被写体として撮影している場所です。


ご存知の通り、単焦点レンズ撮影が大好きになってしまった私ですが
唯一50mm画角じゃないと納得した写真が撮れない場所があります。
それが奈良公園浮見堂です。



e0145635_2223153.jpg







【三笠山・荒池・浮見堂】
PENTAX K20D
M50mmF1.7
焦点距離50mm
1/20sec
F5.6
露出補正 -0.3
ISO感度100




浮見堂は、背景の三笠山と荒池とのバランスを求められます。
荒池に浮見堂と三笠山を上手に写し込めれば完成度が上がる気がします。
それが丁度50mmの画角になる訳です。


他に場所を変えて色んなレンズで撮るのですが、なかなか50mmの画角のように写る場所が無いのも事実ですが。


ここは私が数多く足を運んでいる場所のひとつです。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-03-21 22:26 | PENTAX K20D
<< 春眠暁を覚えず 春来るらし >>