椿の寺、白毫寺その1

最近、新聞で一番気になる欄は「奈良版」です。
地元の色んなニュースが知れて良いのですが、何より思わぬ情報を色々仕入れる事が出来ます。
その情報の一つが「奈良で有名な椿の寺」でした。


御所の船岩寺や天理の長岳寺なども載っていましたが
白毫寺の名前を見て「あ、ここ行った事無い!」と思ってカメラ担いで直行。


新薬師寺よりももっと奥にある奈良市内でも結構標高の高い場所にあります。
参道もちょっと上り坂ですが、その途中に「いかにも」な風景を発見。



e0145635_22562356.jpg




【参道の落ち椿】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/30sec
F11
露出補正 -0.5
ISO感度100




いかにも「椿で有名なお寺ですよ~」という雰囲気を醸し出しています。
そういうしゃれっ気があるお寺って好きです。

参道を登りきって拝観料を払う場所まで登りきると、今度は奈良盆地を一望出来ます。




e0145635_22582671.jpg




【奈良盆地一望】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/45sec
F11
露出補正 1.0
ISO感度100




右端の方に小さく見えているか見えていないかのレベルで
興福寺の五重塔が映ってます。
肉眼だと結構分かりやすく見えますが広角レンズだと仕方が無いです。
ちなみに肉眼レベルで奈良県庁までばっちり見えます。



e0145635_2314160.jpg







【椿】
PENTAX K20D
Distagon T* 28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/350sec
F2.0
露出補正 1.0
ISO感度100




境内の椿は明日にでもアップします。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-03-08 23:01 | PENTAX K20D
<< 椿の寺、白毫寺その2 吉野の山に呼ばれて その2 >>