当尾の里を歩く その7 標準レンズで見る浄瑠璃寺

私のブログでは、写真のデータを載せるようにしています。

理由として、私が後から見直した時に
・どんなレンズを使っていたのか
・どんな状態(絞りやシャッタースピードなど)で撮影したか
 が分かるようにする為です。

で、その数値の中に「焦点距離」が書いてあると思います。
これは昔ズームレンズを使っていた時に、
どの焦点距離で撮影したかを残す為に書いていたのが名残です。
単焦点レンズを使うようになると、レンズの焦点距離=撮影焦点距離ですので
あまり書いても意味は無いんですけどね。


e0145635_19412016.jpg







【三重塔】
PENTAX K20D
FA43mmF1.9 limited
焦点距離43mm
WB太陽光
1/30sec
F11
露出補正 0.0
ISO感度100




昨日、同じ構図で撮影した三重塔の写真をアップしました。
何が違うのかというと画角が違います。

コンパクトデジタルカメラでも最近ズーム機能が付いていますよね。
早い話が昨日の写真よりズームアップしている訳です。

コンパクトデジタルカメラならズームボタンを押していけば拡大出来ますね。
一眼レフのズームレンズでも、ズーム域を上げる事で拡大します。
私の場合は、広~く写真を撮る時は広角用レンズで、
広角で撮った時よりもズームアップさせたい時は、
標準レンズや中望遠レンズで撮影します。

はっきり言って面倒ですよ(笑)
その度にわざわざレンズを交換しなきゃいけないので、足も手も止まります。
まぁ描写の表現力が良いからとも言えますが、
私が単焦点レンズを使っているのは、ほぼ自己満足です(笑)



e0145635_194629100.jpg







【あしびの店のコーヒー】
PENTAX K20D
FA43mmF1.9 limited
焦点距離43mm
WB太陽光
1/15sec
F1.9
露出補正 0.0
ISO感度100

e0145635_19472650.jpg




【元旦桜】
PENTAX K20D
FA43mmF1.9 limited
焦点距離43mm
WB太陽光
1/800sec
F1.9
露出補正 1.0
ISO感度100

e0145635_19481930.jpg




【収穫前の大根】
PENTAX K20D
FA43mmF1.9 limited
焦点距離43mm
WB太陽光
1/320sec
F1.9
露出補正 1.0
ISO感度100

e0145635_1949535.jpg







【バス停近くに咲く菜の花】
PENTAX K20D
FA43mmF1.9 limited
焦点距離43mm
WB太陽光
1/400sec
F1.9
露出補正 0.3
ISO感度100




人間の目で「あ、この風景良いな」と思った瞬間を写真に残すと
標準レンズで撮れる画角になるそうです。
一眼レフのレンズで言うと35mm~50mm前後のレンズがこれに相当します。

私も特にFA43mmは愛用レンズです。
この一枚!という時は結構使っていますね。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-02-19 19:51 | PENTAX K20D
<< 当尾の里を歩く その8 中望遠... 当尾の里を歩く その6 広角レ... >>