浅茅ヶ原、再び

私が「奈良公園の中で最も美しい場所」と思うのが、
これまでも取り上げてきた「浅茅ヶ原」だと思います。

常緑樹の描く曲線が醸し出す陰影や、それに混じる鹿達。
実に奈良らしい美しさを体現している場所だと思います。



e0145635_22495422.jpg




【日差しの中の鹿】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
WB太陽光
1/30sec
F4.0
露出補正 0.0
ISO感度100




今までこのような写真を何枚も撮りましたが、
ようやっとある程度納得の行く写真が撮れました。
どうやら標準レンズや広角レンズよりも、中望遠レンズの方が
こういう描写は得意なのかも知れません。



e0145635_22541495.jpg




【貫く川】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
WB太陽光
1/100sec
F3.5
露出補正 -0.7
ISO感度100




浅茅ヶ原を流れる川の源流は、すぐ東にある春日大社の奥にあります。
川の水は鹿にとって飲み水にもなり、沐浴が出来る場所でもあり
つねに鹿がたむろしている場所です。



e0145635_22565344.jpg




【そのベンチに残る想い出】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
WB太陽光
1/200sec
F3.5
露出補正 0.7
ISO感度100




私を始め、いろんな方がこのベンチで愛を語らった事でしょうね。
鹿はそんなロマンスが分かるのかどうか、
じっと見詰めておりました。



e0145635_2259776.jpg






【木漏れ日の浅茅ヶ原】
PENTAX K20D
FA77mmF1.8 limited
焦点距離77mm
WB太陽光
1/50sec
F3.5
露出補正 0.3
ISO感度100




天候問わず、私の好きな場所です。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-01-29 23:00 | PENTAX K20D
<< 西ノ京の古刹 この季節の裏に >>