神様に逢える道?

退職してから時間が出来てからと言うもの、
奈良公園にはかなり足繁く通っております。

奈良公園と一口に言いましても、
相当広いんです。

興福寺も東大寺も春日大社も
奈良国立博物館も全部奈良公園なんです。



その中でも余り足が伸びなかったのが
春日大社、特に禰宜(ねぎ)の道。

毎度の説明になりますが、
春日大社の南に高畑町
(たかばたけ・ちょう)があります。
志賀直哉邸跡があるとこです。

その高畑町は古くは
春日大社の神主が多く住む町だったそうで。
三つほど神主が通る道があります。
その道を禰宜(ねぎ)の道と言います。

このブログでも、「ささやきの小径」の
写真を載せていますが、
正確に言うとささやきの小径は
「下の禰宜道」と言うそうです。



e0145635_2018298.jpg





【道標】
PENTAX K20D
FA43mmF1.9 limited
焦点距離43mm
WB太陽光
1/15sec
F8.0
露出補正 -0.7
ISO感度125




今日は朝早くから墓参りに行って来たので、
昼からじっくり時間があって。
それならば、と腰を据えて歩いてきました。
山道のように見えますが、距離は知れてますし、
あんまり上り下りもありません。



e0145635_20231431.jpg





【中の禰宜道】
PENTAX K20D
FA43mmF1.9 limited
焦点距離43mm
WB太陽光
1/4sec
F8.0
露出補正 -0.7
ISO感度160




下の禰宜道はどちらかというと左右にぐにゃぐにゃ。
中の禰宜道はどちらかというとアップダウンがあります。
上の禰宜道は上下左右に入り組んでます。

何せ古くは神主が歩いていた道です。
春日原生林もすぐ近くです。
凄く神々しい雰囲気ですし、
非常に落ち着く場所です。

ひょっと振り返ると、神様に出会えるような
そんな場所です。
[PR]
by keisukerudolf | 2008-12-27 20:26 | PENTAX K20D
<< 今日も神社へ 正月支度 >>