久しぶりの春日遊歩道 若草山を登る

e0145635_18571134.jpg





【鹿と会話する夫婦】
PENTAX K100D
DISTAGON T*28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/180sec
F22
ISO感度400




ここ最近寒いのに連日のように
奈良までカメラを担いでは写真を撮ってました。
今日はその疲れを取るために一日オフ。
って俺はプロ写真家か。
純粋に一日中寝ておりました。


10月くらいはかなりのペースで
若草山に登ってたのですが、
ここ最近登ってなかったので
久しぶりに、とウォーキング。



e0145635_19242290.jpg









【枯葉舞う遊歩道】
PENTAX K100D
DISTAGON T*28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/6sec
F22
ISO感度400




春日遊歩道の中腹にあった大木。
折りしも強い北風に煽られて、
残っていた葉が舞う様に散っていた。


その様子を鮮明に写真に納めようと
三脚を立てて構図を考えていた瞬間、
風が沢を走ると同時に黄金のように
煌きながら大量の木の葉が散っていった。
その光景は諸行無常の極みにありながら、
実に神々しく、美しい景色であった。


私はファインダーは覗かずに、
その景色に呆然となりながら
ただひたすら三脚に据え付けた
カメラのシャッターを押して続けていた。
別に写真に撮れなくても良いと思った。




e0145635_19342474.jpg









【九十九折と沢】
PENTAX K100D
DISTAGON T*28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1/60sec
F2.0
ISO感度400



私が春日遊歩道の景色の中で
気に入っている場所である。
特に日が差している日には、
木々に優しく日が差し込み、
原生林と太陽が織り成す
光のカーテンのような光景が見られる。


光の加減を撮影する事は
かなりの勉強になる。
太古から続く原生林には
色々と教わる事が多い。




e0145635_19385720.jpg




【名残】
PENTAX K100D
DISTAGON T*28mmF2
焦点距離28mm
WB太陽光
1sec
F19
ISO感度400




この場所で写真を撮っている時に
とある婦人が話しかけてきた。


何でもここは、先週が紅葉のピークだったらしい。
婦人は先週にもここを訪れ
その盛りを満喫したとの事だった。
名残を惜しんで当日も歩いたが、
その面影が全く無いと嘆いていた。


私は盛りの姿を目にする事は出来なかったが、
地面に敷き詰められた赤い絨毯から
その盛りし姿を想像してみた。


「散ってくれてありがとう」


そうつぶやいてシャッターを切った。
[PR]
by keisukerudolf | 2008-12-14 19:42 | PENTAX100D
<< 空に向かって 大銀杏の木、寂し >>