ねねの道を濡らす雨

e0145635_21154186.jpg



東山花灯路初日、京都は雨のち曇り。

大阪では夕方に上がった雨も、京都ではまだ残っていました。

光のもやに連なり彩る傘たち。

そして彼方に輝く法観寺(八坂の塔)。

この輝きも、東山花灯路の代名詞である。



カメラ: PENTAX K100D
レンズ: smc PENTAX-FA35mm F2
シャッター速度: 1/4sec
絞り: F2.0
撮影モード: (シーン)夜景
ホワイトバランス: オート
ISO感度: 800





e0145635_21194735.jpg



ねねの道にある御茶屋で一番有名な和菓子屋、洛匠。

その中には入りませんでしたが、格子越しに中庭が見えます。



e0145635_21214414.jpg



一昨年、ここの写真を撮りましたが、ものの見事にブレておりました。

今年はバッチリ。

写真の出来は云々にしても、とにかくぶれないで良かった。
[PR]
by keisukerudolf | 2008-03-19 21:25 | PENTAX100D
<< 浮かび上がるという事 京は暮れぬる、闇夜は映えぬ >>