素直に感じたままに

【釈迦初転法輪像】
e0145635_228626.jpg



カウンセラー講座の模擬カウンセリング実技をしてきました。


同じグループの中で、あまり接した事が無い人が
相手(患者・クライアント役)だったからかも知れませんが、
僕自身が凄い緊張してしまいまして。


カウンセリング実技でカウンセラー役をしている時。


自分が何を言って良いのか分からない、不安定な感じ。
自分じゃない誰かが無理やり喋ってるような不自由さ。
素直に自分の言葉を表現しきれないもどかしさ。
必死にカウンセリングしようとすればするほど、
あり地獄に陥ってしまうような違和感。


15分間、そんな感覚をず~っと感じてまして。


めっちゃ肩凝りました(笑)


同時に、今迄あんまり自分の感情を
感じたまま素直に口にして無かったなぁ、と。
何かオブラートに包もう、包もうとして、
自分で伝わらないようにしてしまってたのか!と。


実技としては完璧な「失敗例」でしたが、
失うどころか、得る事ありまくりですよ。


あぁ、自分はこんなに自分の意見を
素直に言う事を恐れる人だったのか、と。
そして素直に伝える事にこんなに不慣れなのか、と。


なので、その辺。
伝えていきます。


って、もうこのブログでは十分すぎるほど、
素直に自分の気持ち書いてますけどね(笑)


何故それを日常で出来ん。



写真は、奈良・喜光寺のお釈迦様の石像。
お釈迦様が悟った心境を、
初めてお弟子さん達に伝えた時のお姿だそうです。


よ~く見てみると、
御釈迦さん、うっすらと笑ってるんですよ。
優しく暖かく。
「どれ、どうやって伝えてみるかな?」みたいな。
余裕すら感じました。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-06-27 22:19 | PENTAX K20D
<< 「右の頬を打たれたら・・・」 拝観料500円の「意味」 >>