小論文作成

【春霞と五重塔~東大寺の高台から興福寺五重塔を臨む~】
e0145635_19325322.jpg



養成講座の話です。


実はですねー、過去に「作文を書いて」なんて言ってましたが、
これまでの作文なんて、序の口。
小論文と比べれば、の話ですが。


小論文、いわばレポート。
学生時代に(特に6回生時代w)は、良くやってましたし、
人事の仕事をしていた時は、色んな催し事に参加したら
レポートを提出しなきゃいけなかったので、
それなりに経験もあるんですが。


今回の小論文は勝手が違います。
学生時代(特に6回生時代www)を思い出します。
そう、扱う事が専門的だったり学術的だったりします。
比較して特色を述べる、とか、です。


ちなみに、課題を全て提出しないと講座終了になりません。
講座終了にならなければ、来年試験が受けられません。
試験が受けられないと、産業カウンセラーになりたくてもなれません。


是が非でも出さんとあかんがなっ。


「文字数600字以内」と制限があるのですが、
600字以内、という制限が実に厄介でして。


久しぶりにワードを広げましたよ。
人事の時に報告資料作る時依頼です。ワード触ったの。
文字数をカウント出来るので使ったんすけどね。


で、文字数をカウントせずに「とりあえず書こう」と
思いのまま書いてみたら、軽く1000字を超えてました(笑)
ん~、半分以上に濃縮しろってか。


で、今度は削除を続けて簡潔にしたら
今度は500字を割ってしまう。
9割は埋めなきゃいけないので、
540字は最低書かなきゃいけない。
「帯に短し、襷に長し」とは、まさにこの事か!!!


本当に久しぶりに頭使いました。


で、何が一番厄介かと言いますと、
ワードで起した文章を、提出用の原稿用紙に
わざわざ転記せにゃならんのです(笑)。


まぁ、筆記するだけで良いので、
気分的には山を越えた感じです。


あと2ヶ月は小論文から開放されるのは喜ばしいですが、
あと2回小論文の提出が残ってます。
うぉー。




写真は、今月の頭に東大寺を訪れた時に撮った一枚。


二月堂からも興福寺五重塔が見えますが、
春日大社から東大寺に向かう途中の高台から見るこの風景は、
個人的に「奈良らしい」と思う風景です。


でも、何故か写真にしてしまうと
いまいち「奈良らしさ」が抜けてしまうのは何故だ?
[PR]
by keisukerudolf | 2010-05-07 19:51 | PENTAX K20D
<< 策士、策に溺れる 「ライバル」 >>