素直に、素直に。

【知足院門前】
e0145635_22135284.jpg



従兄弟が今年の年末についに結婚するらしい。
一昨日、妹からその話を聞き、
「めでたい」と感じると同時に、
「先を越された」という悔しさも感じました(笑)。


この従兄弟には「お見合い」デビューも先越されまして。
てか私はデビューすらしてへんがな。


従兄弟も当ブログのウォッチャーなんだとか。
この場を借りておめでとう。
是非とも嫁さんの友達紹介して下さい。


無論今、結婚出来る資金力なぞありゃしませんが、
そのスタートラインすら立ってない(彼女がいない)自分。
うーん、悔しいねぇ。
恋愛したくて仕方ない今日この頃。


と書きつつ、去年の今頃今のバイト先に
当時は社員として入社した事を思い出しています。


そういえば去年の今頃は天満で一人暮らししてたんですね。
社員で働く事に精神的にも肉体的にも限界を感じて
アルバイトに格下げしてもらってから、
家賃が捻出不能である事から、僅か3ヶ月で実家に戻りました。


まぁその経験が今の自分(産業カウンセラー講座受講含む)に繋がっているので、
全くもって結果オーライ。
そして去年の今頃の自分より、
自分の感情にはかなり素直になっている事にビックリ。
無理をする事に美徳を感じていた当時に比べると、
かなり無理である時にSOSを発信するという事を覚えただけでも
産業革命レベルの進歩を感じます。



写真は多分1ヶ月ぶりぐらいに訪れた東大寺知足院。


前回も書きましたが、このゴールデンウィーク、
東大寺大仏殿周辺は人だかりで、恐ろしい混雑だったのですが
ここ知足院は、一時間滞在していても、誰一人すれ違う事がありません。


奈良で一人のんびりしたかったので、
知足院の存在を知っていて、得しました。
かなり集中してカメラと向かい合ってた気がします。


奈良を味わう、これぞ私の休日の過ごし方の醍醐味な気がします。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-05-02 22:37 | PENTAX K20D
<< 「ライバル」 そして「私は何者だ?」 >>