そして「私は何者だ?」

【陽だまりで転寝】
e0145635_21462277.jpg



改めて、このブログが色んな人に読まれている事実を再確認。


読まれてどうこう思う事は、全く無いのですが
ブログでこれだけ文章にしている、という事実と
相手と面と向かって自分の意見を述べるっていうのは
全く相反する事なんですよ、ということ。
裏を返すと、相手の顔を見ずに好き放題思っている事が書けてしまう
ブログっていうのは、表裏一体ですな。


最近、良く感じる事が、「自分は一体何者なんだろう?」という事。


あ、決して自己否定とかそんなんじゃ決して無くって。


どのようにされると嬉しくて、どのようにされると悲しくて
どのようにされると怒って、どうすると楽しいと感じるか。
俗にいう自分の「喜怒哀楽」のツボを色々と感じてみる。


今迄そんな事をした事が無かったので、
時々、過去の感情が一気に溢れ出す事もありますし、
その感情に一時的に振り回される時もあります。
先日の内容は、まさに一時的に振り回されていたそれ。


でも、自分の感情に素直であれるからこそ、
「あぁ、自分ってこうされると寂しいって感じるんだな」と
気付ける訳なんですよね~・・・。
そして、「事実(事柄)」じゃなくって「感情」じゃないと
理解出来ない事って多いんですよね。


私事ですが、私はうつ病になりました。


真面目すぎる性格が災いしたという見方も出来ますが、
最近は、それだけじゃないって事に気付きつつあります。
自分の感情に素直に従わず、それを表現して来なかった為に
自分の感情が捻れてしまっていたのもまた、原因の一つでした。


そして、これらは事実として、
それ以上でもなく、それ以下でもない。
ただ、その積み重ねで今があるというだけ。


私はそれに気付く事が出来た。
だから自分の感情に素直になろうと思った。


そうしていると、凄く自分自身に関心を持つようになるのが
これまた不思議なもので。
「一体俺はどんな感情を持った人間なんや?」と、
自分の反応を見るのが楽しみでもあります。


私はまだそこに気付けて良かったと思っています。
なるべくして、うつ病になったんだと思えば、
毎回の通院だって全く苦になりません(金銭的な事を除けば)。


そして、裏を返すと、気付けるチャンスはいくらでもあるのに
それに気付かないふりをする事も出来て、
それはそれで結構勿体無いんだな、とも思っちゃうのです。


親に自分の感情を初めて表現してみて、
カウンセラー講座で学んだ事が非常に役に立ったと、
何故かヘンテコリンなところで得してます。
そして、相手の感情を共感して理解する事って、
「相手の存在を認識して理解しないと絶対出来へんな~」
と、これまたヘンテコリンなところで役に立ってます。


相手が起した事実を理解する事と、相手の感情を理解する事は
全く次元の違う話ですしね。




今日、また大神神社に行ってきました。
写真はその中のスナップ写真の一枚。
完璧にスナップ以外の何者でもない写真です(笑)


空気は冷たいのですが、暖かい日光を浴びて
日中、日向にいる時は凄く爽やかでした。
昼過ぎに大神神社の南にある「平等寺」を訪れると、
参拝者がどれだけ来ても、マイペースにグースカ寝てる猫発見。
撫でても触っても、とにかく気持ち良さそうに寝てます。
癒されました。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-04-29 22:15 | PENTAX K20D
<< 素直に、素直に。 「とっても寂しいんです」 >>