「とっても寂しいんです」

【晩春の雨~北山辺の道~】
e0145635_2048494.jpg



自分と正直に向かい合えるようになったのが、
去年の8月末だと思います。
「自分の為に自分にカウンセリングをしよう」
と思ったのがきっかけです。


その時からず~っと心内に引っ掛かっていた事があります。
そして、それは自分のテーマのように感じている感情。


「寂しさ」


過去にも「私は自分の存在を認めて欲しいと泣いている子供」と表現しましたが
その言葉に嘘偽りは一切無いと思います。


行動を認められたり、結果を褒められても
まぁそれは嬉しいっちゃぁ嬉しいんですが、
それ以前に、相手に存在を認められているかが
「嬉しい」っていう感情を大きく左右していました。


実際向かい合って喋ってるけど、多分相手の中に自分が居ない、って感じる瞬間。
皆さんあります?
それとも私の単なる被害妄想なのかな?



写真は、北山辺の道にある円照寺参道。
ここに桜の木があると気付いてなかったのですが、
咲いて初めてここに桜が咲くんだって知りました。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-04-26 20:56 | PENTAX K20D
<< そして「私は何者だ?」 そこには「魂」が存在する >>