やるなら、ここまでやらなきゃ。

【竹林の風景~北山辺の道~】
e0145635_22381484.jpg



今日は肩の力を抜いて、脱力系の話題で。


私は奈良県民なのですが、バイト先は大阪。
バイト先に行く時に必ずお世話になるのが、大阪市営地下鉄。


で、JRとか私鉄とかの車内で、自社のポスターとか良く見ますよね。
大阪市営地下鉄にも自社ポスターがあるのですが、
良い意味で馬鹿馬鹿しすぎて非常に面白い。
私個人的に、毎回新しいポスターが楽しみだったりする。
調べてみたら、それ専用のサイトまであった。
どこまで私のツボを心得ているのだ、大阪市交通局。


早い話、昔の日活映画チックなポスター。
てかそのままをオマージュしています。


オマージュするにも、まずタイトルのセンスが良い。
そして、実に芸が細かいのだが、出演者の名前のこじつけ方が
見ていて噴出すくらいこじつけ過ぎてて、逆に良い。


出演者だけじゃなく、脚本とか演出の人名までこじつけているのが
本当に細かすぎて、そのこだわり方に好感が持てる。
本当にこのポスターの作者と語らい合いたいくらい良い。


実際このタイトルで2時間半も映画化出来たら、
そりゃ凄いわ、とふと感じなくも無い(笑)。
30秒程度のCMならいざ知らず。
でも、ポスターを見ただけで映画化されている光景を想像するだけで
それはそれで結構面白い。
まぁ私だけだと思うが(笑)


しかし、小中学生がこのポスター見ても
多分理解できん(元ネタ含め)と思うのは私だけか?
私は理解出来るし、大好きなセンスなのだが。




写真は、北山辺の道の竹林。


竹林と言えば圧倒的に京都は嵯峨嵐山、と言うイメージですが、
どっこい、知名度もマイナーすぎる場所に、
私がイメージしていたまさにその通りの竹林発見。
私のイメージする竹林って、こういう風景なんですよね。
道がある竹林も大好きですが、
そうじゃない竹林(道外れの竹林、という事も出来ますが)もまた
実に絵になる風景なんですな。


そして、そんな風景を一時間でも二時間でも
独り占め出来そうな場所というエッセンスこそ
私が今、北山辺の道にのめり込んでいる理由の一つかも知れない。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-04-23 22:55 | PENTAX K20D
<< そこには「魂」が存在する 大雨の日だからこそ >>