悔いを残したくないから、振り返る我が道

【東大寺の夕暮れ~大仏殿~】
e0145635_030441.jpg



どうしても声を掛けたかった人に、
何だか色んな気兼ねして遠慮したら、
ずっと声を掛けられず仕舞い。
そんな事ありませんか?


そんな思い出ばかりの私です。
案外素直に思い切って声を掛けたら
何の事無く喋られるんですけどね。


職場でもプライベートでも、
その一言を言えなかった事で後悔する事多し。
「そりゃあかんやろ」だったり、
「今の、良いと思うよ」だったり、
「なんでそう思うの?」だったり、
「それ、どういう意味?」だったり、
「明後日空いてる?」だったり。


でも、言えなかった事に気付いて、
「うん、やっぱりああいう時はちゃんと言わなきゃいかんな」と気付けて、
その後にちゃんと言うようになれれば、
多分ステップアップなんだろうな。


その一言を飲み込んでしまった事を凹むより、
「よし、次こそはちゃんと言うぞ!」と思う方が
絶対前に進めると思うのです。


ケースバイケースですが、
失敗という結果を悔やむよりかは、
失敗という結果を歓迎したいと思います。


前の職場で「失敗して凹んでる場合とちゃうで」と
上司に言われた言葉。
当時は「いや、そりゃ失敗したら誰でも凹みますよ」と言っていたのですが、
今では「凹んでる場合ちゃうわ」と、凄く納得できます。


そして、言いたい事があるのなら、
ちゃんと言わないとダメですね。


写真は、修二会が始まる前に奇跡的に撮れたスナップ写真。
東大寺裏参道から大仏殿を振り返ると、
日没直前の太陽が綺麗に宙に浮いていて。


春霞漂う古都奈良の夕暮れ。
そんな文言が浮かんでくる一瞬でした。


しかしPENTAXが中判デジタル一眼レフを開発。
Mamiyaとかハッセルブラッドとか中判メインのメーカーが既に出しているのですが、
「中判と言えばPENTAX(と勝手に私が呼んでるだけですが)」が、
このご時勢、本気で商品化した事について、
私は賞賛を送りたいと思います。
しかも総額100万超えないのなら、
下手なフルサイズ35mm揃えるよりリーズナブルやん?と思ってしまうのは、
単に私が安直なだけだろうか?


ネイチャー写真好き(先日の春日原生林とか、もろそれですね)の私からして、
諧調性の豊かさや解像度の確かさは、
そりゃ喉から手が出るほど欲しいんすよ。
勿論今すぐに100万出せって言われても、
無い袖は振れ無いのですが。


中古で50万切ったら購入検討するか(笑)
勿論645Dメインで、サブはK-7チタンVer.で!
その時点でK20Dは有望な後進に譲る!
(シャッターユニット壊れてたらゴメンw)
[PR]
by keisukerudolf | 2010-03-14 00:47 | PENTAX K20D
<< そういえばホワイトデーでした 大松明の日 >>