何故だ、何故守れんのだ。

【霧の春日原生林】
e0145635_0372214.jpg



日ハムの中田の守備でもなく、宇宙戦艦ヤマトの台詞でもなく、
奈良のイベント事(特に歴史あるイベント)に参加していて、
常々思う事をまんまタイトルに。


何故「フラッシュをたかないで下さい」と何度もアナウンスをされて、
わざわざ立て看板までしてあるのにも関わらず、
フラッシュをたくばか者がおるのだ。


私のカメラは趣味のレベルなので、こんな事を言うのもおこがましいが、
バカフラッシュのせいで、プロの写真家の方々にまで迷惑掛けるんだし、
ぶっちゃけ興ざめなのが分からないのか。
そこまで言われた事を守れない事をしてでも修二会を撮りたいなら、
せめてフラッシュのたけない(内蔵されて無い)カメラを買い給え。
実際にあるのだから。


私なりに彼らの心境を考えてみた。
一つは完全に悪の心。
「俺一人ぐらいやってもバレへんし、ええやろ」的な。
他が許しても俺が許さん!


一つは機械オンチの方。
「えっと、フラッシュたかないようにするのにどうやるの?
 分からないから撮ったら勝手に光っちゃった」的な。
とりあえず、今晩は聖武天皇や良弁上人に土下座して謝って、
明日マニュアルを徹底的に理解してから来るように。
もしくはフラッシュのところ潰すぐらいしときなはれ。


一つは、これは正直全く無いと思うが、
「自分がフラッシュをたく事で、他の人の手振れが少しは楽になるかな?」的な。
ある種自己犠牲的な。
てめぇのフラッシュにシンクロしたおかげで、
良い絵だったはずが、興ざめになったんじゃい!!!(怒)
勿論手振れは全くと言っていいほどしなかったけど、
手振れの有無を問わず、被写体の明るさとか雰囲気とかでも
写真のバリューが決まるのですよ。


それは・・・それだけは・・・


世相が許しても、わしがゆるさん!!
[PR]
by keisukerudolf | 2010-03-12 00:51 | PENTAX K20D
<< 大松明の日 私を変える必要は無い >>