縁と時節があれば、また逢おう

【誘いの灯りと影~東大寺大仏殿と鏡池~】
e0145635_19214344.jpg



一度自分の気持ちを整理する為に、
よく足を運んでいた喫茶店から足を遠ざけていたのだが、
それはそれで現実を受け容れる事から逃げているような気がして
また最近足を運ぶようになった。


そんな中、私に非常に良い影響を与えてくれたバイトの女の子が
今日で「卒業」だったとの事だった。


元々今年で大学を卒業すると言っていたし、
就職も決まっていた事を知っていたので
いつか来る日、と認識していたからか、
そんなに寂しいという気持ちではない。
タイトル通り、縁と時節が合えばまた逢えるはずだ。


相当な良い影響を受けたので、別れ際にお礼を言った。
彼女には「絶対また会いましょうね!」と言われたが、
何となく逢ったら逢ったで「あら、今日も居たの?」的な会話をしてそうな気もする。
その時はお互い客同士で。


きっと次に逢うであろう時は、私は産業カウンセラーの
講座を受けている真っ最中であろう。
もしくは既に資格を取得しているかも知れない。


資格を取得するからどう、という話では無く、
今の自分よりもっと強くなっていたい、
そう自分に強く願うのだ。
私が一番辛い時期に、セルフカウンセリングを必ずしていた場所なので、
縁があった方々には、本当に感謝したい。


これからこの店で幾度と無く繰り返すであろう出会いと別れ。
全てに意味があり、必然であるのだ。


写真は東大寺大仏殿と鏡池。
鏡池はその名の通り、鏡のように大仏殿を写し込む池だ。
その名前を再現し表現する為に、
私は露出を決めるのに苦労した。
そして未だに結論は出ていない。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-02-15 19:38 | PENTAX K20D
<< 強さはきっと この「うつ」くしい世界 >>