私は一体何者だ

【飛火野と青垣高原】
e0145635_1141358.jpg



バイト先でトレーナー試験に合格して以来、
何かと「さすがトレーナー」と言われる事が増えました。
褒められる事も多いのですが、
「トレーナーやのに何やってんねん」と言われる事があります。


時給も20円ばかりあがったので、文句は言えないですし
お金を頂いている以上は、しっかり仕事をしなきゃいけないのは
重々承知しているのですが、
「トレーナーやのに」と言われ始めている事に
非常に違和感を感じています。


特に社員の方に「お前トレーナーなんやから」と言われると、
仕事中である事を忘れて、カチンと来る時があります。


今のバイト先で、私がトレーナーじゃなかったら
一体何者なのだろう?
いっそのこと、バイト代を時給20円引いてもらっても良いので、
トレーナー職を外して欲しいと切に思う事がある。


同時に私も「社員なんだから」とは言わないようにしています。
「良い大人なんだから」とは言いますが。


「私だから出来る事」、は数あれど
「私がトレーナーだから出来る」事は全く無い。
所詮、役柄が何であろうが、土台の私に変わりは無いからだ。


その仕事で上を目指していくのならまだしも、
私は元社員だが、社員を続けられなくてバイトに格下げになった人間だ。
チャンスを与えて頂いているのは嬉しいけれど、
時々納得が行かない。


写真は春日大社飛火野園地から青垣高原を撮った一枚。
きっとこの風景は古い昔からさほど変わっていないはずだ。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-02-04 11:44 | PENTAX K20D
<< ドクターがいうところの「認知療法」 先取り? 先撮り! >>