「謙虚であれ」というメッセージ

【鹿の居る風景】
e0145635_23103177.jpg



フィギアスケートの四大陸大会を見て。
「やっぱり浅田真央はプロだなぁ」と実感。
何気に最初はフリーのテーマ曲は最初違和感あったんですが、
今ではもう堂々と「浅田真央の曲」になってますね。
色々と言われていますが、SPで3位でもフリーで首位を奪い返すなんて
やっぱり浅田真央しか出来ない離れ業。
バンクーバーオリンピックが楽しみです。


昨日は夜11時半に床に就いたのですが、
朝6時まで全く眠れず、
その後少し寝たのですが、変な夢ばかり見ては起きの繰り返し。


うつの私にとって、睡眠はかなり重要。
睡眠の質が症状とかなり関係するからです。


セルフカウンセリングで原因を分析してみたのですが、
産業カウンセリング協会から受講申込用紙が送られてきたのが嬉しかったのも、
普段シフトが準夜勤なので早くに寝るのに慣れていないのも、
現実を受け止め切れていないことも、
全て当てはまると思いました。
この三つが重なり合って不眠という現象を招いたのでしょう。


でも、同時にこの不眠は時間が解決してくれるだろう、とも思いました。
バイトのシフトは2月から朝~夕方で希望を出していて、
統括マネージャーにも了承を頂いているので、
週に3回くらいのペースに減ると思いますが、確実に朝型生活に戻れます。
受け容れられない現実は、時間が経てば慣れて薄れてくるはずです。


なので、改めて自分に警告をしておきたいな、と思いました。


4月から毎週日曜日は産業カウンセラー講座の受講が始まります。
「夢に向かって着実に一歩を!」と思う事も出来るのですが、
あえてここで「この結果はゴールじゃないんだ」と言う事を胸に刻みたいです。


この不況下ですので、資格取得者は減るかどうか分からなかったのですが、
応募多数の場合は抽選で外れる事も想定範囲内に入れていました。
ですので、嬉しいというよりは「安心した」という感情の方が近いです。


でも、本当に試されるのはこれからの私なんだろうな、と。


昨日感じた通りだと、
私には、確かにカウンセラー講座に縁が出来た。
でも縁は必ずしも人を幸せにしないって事は、
ここ数日眼前に叩きつけられている現実が教えてくれている。


ひょっとしたら、この縁そのものが私を試し、
私はそれに苦痛を覚えるかもしれない、
忘れてならないのは、縁には様々なメッセージが隠れている事だ。


自分自身で自分の進路を決めたのは、
大学時代に公務員試験を受けようと思ったとき以来。
実に10年ぶりの再発起。
でも講座に対するモチベートは前回のそれと比べれば
明らかに今回の方が軸もぶれてないし、動機付けも確かだ。


だからこそ、自分で自分の未来を切り開いているような錯覚に陥るのだ。


喝!!!


己に何の力があると言うのだ!
期限を短く短縮されただけで、パフォーマンスの質が劣悪になる私に
自分の未来を切り開ける程の力があるわけがない!


去年、うつを再発してから、東大寺や興福寺、春日大社、唐招提寺と
「何とか来年、夢を見つけられるように、うつの状態が好転しますように」と
ずっとお祈りさせて頂いたご加護があってか、
神仏が私に夢を叶える為の道の入り口を用意してくれていたのだ。
本当に今はまだそれだけなのだ。


本当に試されるのは、勉強が辛くなった時だろう。
言い訳をして逃げないか。
誰かに依存していないか。
その辛さを受け容れる勇気と覚悟が無ければ夢は掴めないのだ。


謙虚に今回のご縁を有難く頂戴して、
己のうつの経験に傲慢にならず、
人と共に生きていく為のプロとして、
自分に起る事を含めて、「何かを学びなさい」という気持ちでいなければ、
折角の夢も、幻で終わるだろう。


スタートを前に、それを感じた。逃げるな、と。


写真は浅茅ヶ原の夕方の風景。
鹿の群れが草を食む姿は、奈良の夕方の姿そのものです。
非常に安定し、落ち着く「まほろば」なんだな、と。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-01-29 22:59 | PENTAX K20D
<< 先取り? 先撮り! 大和は国のまほろば その2 >>