「まほろばの旅人」取扱説明書

【中庭から・ならまち格子の家】
e0145635_172645.jpg



まほろばの旅人の正しい操作の為、ブログを拝見される前に必ずこの取扱説明書をお読み下さい。


★本体について
・本体の分解・改造はしないで下さい。ってする奴おらんか。
・気持ちの落下により、ブログでどうしようもない事を書き綴る事もありますが、
 絶対「そりゃあんたが間違ってる」って言わないで下さい。
・基本三大栄養素を摂取する事で生き延びています。
 但し糖尿の気があるので、甘いものはあまり与えないで下さい。


★本書の構成
・接する前に
まほろばの旅人の特徴
PENTAXK20Dを鞄に詰めて、奈良の風景単体だけでなく、
諸々の要素を23.4×15.6mmのイメージサークルの中に凝縮します。
建物そのものだけでなく、建物の奥に広がる奈良にしかない風景を撮ります。


それでいt34年間鬱積しているコンプレックスが
そのままシャッターを押すときがあります。
恋焦がれていた女性と、結果縁が無かったときなどは、
過去のコンプレックス、惨めさが写真に壮絶に現れます。


セルフカウンセリングと称して、自分の素直な気持ちをカウンセリングしてますが、
自分を知る事の辛さ・惨めさ・苦しさに押しつぶされそうになります。


基本「認められたくて泣きじゃくる赤子」そのものです。
こんな存在を受け容れた方には依存する傾向もあります。
依存しながら「これでええんか?」と自問自答することが多々あります。


往々にして、34年間女性との深い関わりをさけて来た故に、
どう接したら良いのか分からないのに、
女性を好きになってしまう事から、色々と落とし穴に引っかかるような、
そんな生き物です。

心は今の世の中で適応出来るほど確立されてません。
自分に自信がありません。


そんな私が唯一自分らしくなれるのは、奈良の写真を撮っている瞬間です。
ベストな場所じゃないところから、ベストエフォートで絵を作っていくのが私です。
カメラだと上手く行くのに、実生活に全く活きない能力の一つです。


分かりやすく言えば、「現世に生を受けた侍」とでも言うべきでしょうか。

数々の矛盾を抱えながら、それでもそれを受け入れ、
現在私を突き落とす原因が女性との付き合いベタにある事が分かってきたので、
ついに核心にメスを入れている状態です。


そんなところで。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-01-26 01:31 | PENTAX K20D
<< カメラから学べ 心の乱気流 >>