心の起伏=通帳残高

【女人高野の五重塔】
e0145635_23505088.jpg



実に分かりやすい事なのですが、
うつ病の経験がある方は、凄く分かる事らしいです。
私もめっちゃ実感あります。
つまり給料日が近付いて、口座の残高がなくなってくると
凄く不安に襲われます。


先月までの教訓で、とりあえず就職するまでは
フィルムを封印する事は決めました。
これで月に1万円は確実に確保出来ます。
つまり、今迄フィルム代や現像代で1万円使ってた訳で(笑)


セルフカウンセリングをわざわざ奈良のタリーズまで行ってするかどうかについては、
引き続き考えなければならない事柄ではあります。
バイト先に行くのと方向が真逆なので、
バイトの日は一旦奈良市内まで出て、
そこから大阪に行きます。
交通費もバカになりませんし、30円引きになるとは言え
コーヒー代も決して安くは無いです。
でも、経験上タリーズに行かないとセルフカウンセリングしてません(笑)
別に奈良のタリーズじゃなくても良いんですが。
(バイト先のすぐ近くにもタリーズあるし)


でも、何とかして生活費を確保しておかないと、
また2月上旬に波が来る事は必至。
いい加減その辺は学習したいと思われます。




とある本を読んでいて理解したのですが、
うつ病の人って、負の連鎖が断ち切れないらしいんです。
何事も事柄が悪くなるように行動してしまっているそうです。


例えば、私の実例を出すと、
うつ症状で不眠が続く→仕事に支障が出る→根は真面目なので、仕事に支障が出る事に負い目を感じる
→取り返そうと必死になる→不眠は治らず体調が悪化する→本当に業務出来なくなる・・・


どこかでこの流れを断ち切ることが出来れば、
幾分か楽になれるって事も最近実感済みで。


不眠症状が出る→仕事に支障が出る→シフトを減らしてもらう(それまで我慢)
→しっかりリラックスする→でも週に3回は働ける→何とか生活出来る
こんな感じで。




自分の心のシグナルに忠実であれば、
何とかなりそうな気がしているこの頃。
とは言え残高が減り始めると、不安になりそう(笑)



私の「リラックス」が出来る場所の一つが、
女人高野、室生寺の五重塔。
人里離れた深い杜の中にある古刹は、
私をリラックスさせる要素全てを持っています。
但し、非常に遠いのでそんなに頻繁には行けないのがネック。
[PR]
by keisukerudolf | 2010-01-15 23:48 | PENTAX K20D
<< カウンセリングはプランニングに通ずる それは新しく、懐かしく >>