泣いて、泣いて、泣いた、ナイター

【興福寺五重塔とお月様】
e0145635_13392168.jpg



実はこの季節の楽しみがフィギアスケート。
母親がフィギアスケートが好きな影響があって、
別に誰のファンってのも無く見始めたのが4年前。


昨日の全日本選手権は釘付けで見ておりました。
個人的に大好きなのは武田奈也選手なのですが、
中野選手と鈴木選手のオリンピックを掛けた争いが見事で。
でも完全に鈴木選手の方が貫禄ありましたね・・・
中野選手は色々なプレッシャーに潰されちゃったかな。


結果は出てしまうので、それはそれ。
オリンピックに出られなかった中野選手も非常に輝いておりました。


私個人の話をします。


来年、資格取得に向けて動き出します。
昨日両親と話し合いをして、産業カウンセラー資格を取りにいきます。


一時期CDA(キャリアカウンセラー資格)を取る事で気持ちは傾いていて、
実際資格取得講座のガイダンスまで聞きに行ったのですが、
自分の中で「何か違う」って気持ちがどうしてもぬぐいきれなくて。


キャリアカウンセラーか産業カウンセラーか。


一時期、キャリアカウンセラーとして気持ちが固まりかけたのですが、
「本当にキャリアカウンセラーで良いのか?」
「自分のプライド(キャリアセンターで働く事)だけに拘ってないか?」
「自分の本当のぶれてはいけない軸は何か?」
でこの一ヶ月、ずーっと悩み続けました。


軸としてあったのは、「うつになった自分が施せる術を活かす」事。


今まで自分がやりたい事は後回しにしてでも、
親が望む事を優先してきた自分が、
初めて自分のやりたい思いを打ち明けて。


伝わらなくて悔しくて親の前で泣いて。


「俺のように病気で会社を去らなきゃならない目に逢う人を見るのは真っ平ゴメンだ」
私の根底にあるこの気持ち、多分父親には伝わってないだろうな・・・


一時間泣いて泣きじゃくって、やっと理解してもらって
産業カウンセラー資格を申し込む事を決めました。


来年も尚生きます。
[PR]
by keisukerudolf | 2009-12-28 13:57 | PENTAX K20D
<< 新年早々 諦めて 己を認め 尚生きる >>