たまにはこんな写真だって撮る

【サザンカ】
e0145635_225413100.jpg



朝からの雨が止んで、気温は上がらず太陽だけが出て。
春日奥山遊歩道には一日中霧が立ち込めておりました。


今日と言うこのタイミングで、カメラを持ち歩かなかった事を、
若干残念に思いながら、
霧が出た春日奥山遊歩道の美しさを目の当たりにする事が出来て、
紅葉が終わって写真へのモチベーションが少し下がり気味だった私を
奮い立たせるには十分すぎる景色でした。


原生林に広がる凛とした空気感。


荒々しいながら、原生林の枝を掻い潜って届く
光の筋と、その光の筋を行き交う水蒸気の動き。
表現したい情報がそこには山ほどあり、
そのタイミングを凄く待ちたいと思いました。


そして次にお目にかかれたその光景を撮影する為に
例え貧しかろうと辛かろうと生きている事が、
「自分が自分である事」であり、
「自分らしい事」なんだろうな、とふと思い立ちました。


その「時」が来るまで、何があろうと待ち続けようと思います。


んな筋書きはどうでも良くって、
写真は我が家のサザンカ。


杜フェチの私ですが、自分の家の庭の木だって
撮ろうと思えば撮るんです(笑)
[PR]
by keisukerudolf | 2009-12-05 23:00 | PENTAX K20D
<< 続・行く河の流れ 紅葉写真だけではない >>