とある門跡の参道

【円照寺門跡の参道】
e0145635_21464235.jpg



円照寺は、別名「山村御殿」。
ルーツを辿れば修学院近くにあった門跡尼寺だそうです。
昭和天皇の妹がこの寺に入山したという事もあって、
この寺の中は拝観出来ません。


斑鳩の中宮寺、佐保の法華寺と並んで
大和三門跡の一つと数えられているそうです。


この場所を訪れたのは二度目なのですが、
一番最初に訪れた時に、
「絶対近々もう一回来たい!」と
強烈に印象に残った場所でした。
まぁ私の杜フェチぶり、強烈に発揮されてます。


昨日の竹林もそうなんですが、
木々の間からこぼれる日光が
何ともたまらなく好きなんですよね~


ふと思ったんですが、
最近、昨日の「竹林」みたく縦構図の写真が増えてるんです。
杜フェチってのもあるんですが、
どうも縦に長い被写体を好んで撮影している傾向があります。
今回は珍しく横構図です。


横構図は奥行きを表現するには持ってこいなんですが、
意外と難しいんですよね。
今回は左下に構図させた門ですが、
この持って行き方一つで写真の雰囲気が変わるんです。


門を中心に近付けていくと、
目線はまず最初に門に行きますから
「門と参道」という写真になります。


今回は「参道」をメインにしたかったので、
あえて門は脇役にしました。
参道両脇の鬱蒼とした杜の雰囲気を強調させる為です。
いわば「杜フェチの杜フェチによる杜フェチの為の写真」です(笑)
[PR]
by keisukerudolf | 2009-10-21 22:01 | PENTAX K20D
<< いざ、憧れの地へ ふるさと >>